平成21年度医療費の動向■歯科医療費2兆5,473億円

前年度比200億円、0.7%減 構成割合は7.2%に減少

平成21年度医療費の動向

平成21年度の医療費の動向(概算医療費)が8/16、

厚労省より公表され、歯科医療費は前年度比200億円減

(▲0.7%、休日等補正後▲0.6%)の2兆5,473億円で、

構成割合は前年度の7.5%から7.2%に下がった。

医科が入院で4,300億円増(3.1%、同3.2%)の14兆324億円、

入院外で3,500億円増(2.8%、同2.9%)の12兆7,291億円、

調剤が4,300億円(7.9%、同8.1%)の

5兆8,695億円と其々増加する中、歯科医療費だけが減少。

歯科の受診延日数は4億1,000万日で、

前年度より200万日、0.5%減少した。

1日当たり医療費は6,200円で横ばい。

平成21年度の医療費は35兆2,501億円で、

前年度より1兆1,900億円増加。

70歳以上で15兆5,000億円と全体の44.0%を占めた。

70歳未満は18兆1,000億円で51.2%、公費は1兆7,000億円で4.8%。

75歳以上だと12兆円で34.2%であった。医療費の増

加傾向は続いており、7年連続で過去最大を更新している。

1人当たり医療費は276,000円で前年度より10,000円増加。

70歳以上は776,000円で19,000円増え、

その内75歳以上は882,000円で19,000円増えた。

70歳未満は168,000円で4,000円増加した。

概算医療費は、社会保険診療報酬支払基金及び

国民健康保険団体連合会における審査分の医療費で、

国民医療費の約98%を占める。

■歯科診療所68,303施設、前月比58施設増

医療施設動態調査―平成22年5月末概数

医療施設動態調査の平成22年5月末概数が8/5、

厚労省より発表され、歯科診療所は前月から

58施設増の68,303施設、病床数は増減無しの122床であった。

また、歯科診療所の主な開設者別施設数は、

個人が21施設増の57,048施設で、

医療法人が35施設増の10,625施設であった。

Created with ... Evernote.com