Top / 【 歯科医師は過剰か?】


みんなの歯科ネットワークメールマガジン14号 発行 2007/11/16

【 歯科医師は過剰か?】

 果たして歯科医師数は、過剰と言えるでしょうか。歯科医療崩壊の主たる原因は、政府による医療制度改悪・医療費抑制であり、それ以外の要因は二次的なものです。以前にも増して、国民の皆様に対する歯科医療の必要性は、高齢化社会を迎え、飛躍的に増加しているにも関わらず、何故医療費全体に占める歯科医療費の割合は減少の一途をたどり、一歯科医院あたりの来院患者数も減少続けているのでしょうか。

その主たる原因は、医療制度改悪に伴い一部負担金が増し、その影響は医科にくらべ歯科は大きく、所得格差の増大などを原因とする社会保険未加入者の口腔環境は劣悪です。

高齢化社会において、全身と口腔の関係が大きく取り上げられているにも関わらず、病院歯科における歯科医師等の配置等も遅れ、不十分です。まだまだ、歯科医師が果たすべき課題は、山積みと言わざるを得ません。

(某歯科医)


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2008-03-22 (土) 21:45:32 (3866d)