Top / 【混合収入】



みんなの歯科ネットワークメールマガジン15号 発行 2007/12/05

【混合収入】

   少し視点を変えて混合診療を述べます。
その視点は、勤務医の「混合収入」です。

 今は、激減したと考えますが、勤務医の先生には、患者さんからの「内緒のお礼」 がございました。まあ、安心料と言うことで、受け取っていただけないと「手術をし ても助からない」という事と誤解されかねないので、受け取って医療の発展に役立て るというのが筋なんですが、いつの間にか先生の白衣のポケットから先生のお財布に 入っていたという事もあり、本当ならば奥様がそれもよこせとお怒りになる訳なので すが、存じ上げている奥様は、そんな野暮な方ではなく、「主人の小遣いを給料から 渡した事ございませんので、給料はすべて私のものでございます」とおっしゃられて います。

 まあ、前置きは、さておき例えの給料が開業医の保険収入なら、「内緒のお礼」が自 費と言えましょう。そら、「内緒のお礼」の部分が、多ければ、勤務医の先生の人生も 豊かなものになりましょうし、奥様も御主人の給与をすべて御自分の才覚で運用でき ましょうが、それでは社会秩序も保たれにくいでしょう。我々が要求しているのは、 所謂不透明なお礼部分をなくし、医師が新たな技術の収得と研修をできるだけの給与 を支給すべしと言っているのと例えで言えばそうなるのです。あくまでも例えですの で、誤解無きよう願います。

 某歯科医


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2008-03-22 (土) 21:45:03 (3771d)