Top / 1. ブリッジ

1.ブリッジ

ブリッジ !


ブリッジ:歯を失った場合に近接する歯を支えにして口腔機能を補う装置。

通常、歯を失ってしまうと、その欠損部を自然に回復することはできません。
歯を失ったときは固定性のブリッジや可撤性の義歯・入れ歯と呼ばれる物を用いて欠損部を回復します。
入れ歯が取り外し式なのに対してブリッジは固定式です。
ブリッジは通常 少数の歯が欠損しているときに適用されます。
前歯部分は保険でも白い歯(硬質なプラスチック)を入れることができます。
欠損している部位によっては保険適用できない場合もあります。


Br_set.gif

ブリッジの長所

  • 自分の歯という感覚・外見で使えます。しっかりと また、咬み心地も自然に噛むことができます。
  • 口の中の違和感が入れ歯と比べて少ない。
  • 入れ歯と比較すると取り外して管理しなくていい。
  • 入れ歯のように、歯を揺らす「クラスプ」(入れ歯のバネ)のような作用が無いので、土台の歯に対して、歯を抜くような力がかかりにくい利点があります。
  • 入れ歯のように、歯の無い部分の歯肉に直接にブリッジから噛む力がかからず、その部分の歯肉の下の骨が吸収しにくい。
          

ブリッジの欠点

  • 失った歯を補うために近接する歯の健康な部分も削る必要がでる場合があります。場合によっては健全な神経まで取らなければいけない場合もあります。
  • 一度装着したらあとで何らかのトラブルが生じたときには除去するのが大変になります。
  • ブリッジの土台となる歯には、強い力がかかるため、まれに土台となる歯の根が破折してしまうことがあります。
  • 残っている歯が少ない場合には、ブリッジだけでは対応できず、床つきの義歯(部分床義歯)が必要になります。
  • ブリッジの土台にしている歯と歯のない部分の間が掃除しにくいため、土台となる歯にむし歯が出来たり、歯周病が発生したりします。
    下の写真は仮止めしていたブリッジをはずして、歯垢を赤く染めてみたものです。
    歯と歯の間や、根(歯)ない部分(ポンティクあるいはダミーといいます。)に歯垢がついているのがわかります。
    ここは歯間ブラシやフロスを使用して清掃する必要があります。

    :ブリッジ赤染め.jpg




ブリッジの製作過程

  • 土台となる歯に治療の必要性がある場合にはその治療をまず行います。
  • ブリッジの土台にふさわしい形になるように歯を削ります。
    (あるいは、特に歯を削る必要性がなかったり、土台の歯同士が平行ではない場合には、インレーブリッジと称して、歯を土台の形にかぶせるように削るのではなく、歯の一部分だけを詰めるような形にして削る場合もあります。この場合も健康保険適用です。)
  • 土台の歯同士の平行関係を測定して、問題がなければ補綴物(ブリッジ)の診断を行い、歯型を採得します。
  • ブリッジを製作するほうだけの歯型を採るだけでなく、上下的に反対側の歯列の歯型も採得します。(相手の咬み合わせがわからないと作りようがありません。)
  • 咬合採得……上下の歯列の咬み合わせ関係を口を自然に閉じた状態で記録します。
  • 型どりしてから ブリッジが完成するまでは、削った歯を保護したり、歯が微妙に動いてしまうのを防ぐために、暫間的なブリッジ(仮歯)を装着します。
  • 型から製作した石膏模型上で、技工士さんがブリッジを製作します。これは非常に精密な作業であり、完成までに数日から数週間ほど要します。
  • 完成したブリッジは、仮着といって、撤去が容易なセメントで仮止めして口腔内で使用していただき、ブリッジの咬み合わせや他の具合を確認します。(この過程は省く場合もあります。)
  • 数日後、仮着の状態で問題がなければ、永久的に装着するためのセメントで装着します。







患者さんのための歯科治療・用語解説
   ↑目次のページへ



NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: fileブリッジ赤染め.jpg 1216件 [詳細] fileBr_set.gif 1482件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-01-20 (火) 22:03:31 (3251d)