Top / 6. 根菅治療


根管治療 !

根管治療とは、虫歯などで炎症を起こした歯の神経を取ったり、歯根の中が感染物質によって汚れてしまった歯の歯根の中を、綺麗に清掃したり消毒をしたりする治療のことを言います。

たとえば、立派な建物を建てたとき、土台となる基礎の部分がきちんとできていなければ、その建物がどんなに綺麗でも、建物そのものはなんとも無くても、土台が悪くなれば住むことは出来なくなってしまいます。
根管治療は歯の治療の基礎に当たります。

患者さんにはわかりにくい部分の治療ですが、根管治療が不十分であれば、将来、根の先が化膿したり痛みが出たりしてしまいます。そうなれば、せっかく入れた人エ歯をはずさなくてはならなくなったり、場合によっては抜かないといけなくなってしまいます。
そうなってしまわないように、時間をかけてきちんと治療をしておくことが大切です。

具体的にはリーマー、ファイルと呼ばれる細い針のような器具を使用し、根管内の細菌などの汚れを取ったり、汚染した歯根の中の壁を削り取るようにしていきます。(アニメーション参照)
その後、歯根内に細菌感染がなくなったことを確認してから、根菅充填材(現在はガタパーチャと呼ばれる、無害のゴムが一番多く使われています)で根菅のなかを緊密に埋めてしまいます。(アニメーション参照)

あとの写真にあるように、根管の形態は非常に複雑で、根管治療はとてもデリケートな治療です。
世界的権威の歯科医でも100%の治療を行うのは実は非常に困難なのです。

根管治療の流れ
根管治療.gif


治療Xray1.jpg根管(神経の通り道)が細菌に感染して、根の先の骨が溶けて、病巣が出来ています。(黒い部分)大きな病巣ですが、症状はありません。根管の中に器具を入れて、根の長さを測定しています。
治療Xray2.jpg根管の汚れをきれいにした後、薬を詰めた状態です。根の治療は、治療を受ける側にとっては、わかりにくい部分ですが、治療の基礎となる大切な治療です。とても繊細な治療であります。
治療Xray3.jpg根の治療から10年後のレントゲン写真です。根の先にあった病巣が、なくなっています。
根管の形態.jpg根の断面図です。歯髄はこんなに複雑な形態をしています!!(黒い部分が歯髄です。)これをきれいにするのは至難の業です。







患者さんのための歯科治療・用語解説
   ↑目次のページへ



NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: file根管治療.gif 1327件 [詳細] file治療Xray3.jpg 1041件 [詳細] file根管の形態.jpg 1142件 [詳細] file治療Xray1.jpg 1058件 [詳細] file治療Xray2.jpg 364件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-01-20 (火) 22:05:21 (3081d)