Top / 7.外傷

7.外傷 !


口とその周囲の外傷について

  • 歯や顎に強い力が加わると、歯が折れたり、脱落したり、場合によっては骨が折れたりすることがあります。
  • また唇や歯肉、舌、小帯(唇の裏のスジ)が切れることもあります。


  • 口腔内の粘膜の損傷
    • 口唇、歯肉の裂傷、挫傷です。
      傷がひどいときは、消毒の後、縫合します。

  • 外傷による歯牙の破折、損傷
    • 歯冠破折(しかんはせつ)

      歯の外傷で最も多いのが歯冠破折です。
      歯冠(歯の口の中に見える部分)が欠けたり折れたりします。
      欠けた範囲が小さい場合は折れた破片を接着したり、コンポジットレジン(プラスティックの詰め物)で形態を修復します。
      破折片がある場合には、歯科医院に持参するようにしましょう。
      1/3以上折れた場合は歯髄(歯の神経)が露出する場合が多く歯髄を保護した上で修復しますが、受傷から処置までに時間がたった場合や、歯髄の状態によっては歯髄を除去することもあります。
      受傷後は、歯髄が死んだり、根が吸収を起こしたりするときがあるので、長期にわたり観察する必要があります。

    • 歯根破折(しこんはせつ)

      歯茎よりも下、深い部分で折れた場合です。
      割れ方にもよりますが、一般的には治療が難しく、抜歯になる可能性が高くなります。

    • 歯牙脱臼、陥没、脱落

      歯が歯槽骨(歯が植わってる骨)より抜け出したり、めり込んだりします。
      完全に抜け落ちた場合は、抜けた歯を乾燥させないように牛乳または口の中に入れた状態で速やかに歯科を受診してください。
      状況により再植が可能です。
      再植は、受傷してからの時間が短いほど成功率が高くなります
      位置異常を起こしている場合は元の位置に戻し、固定を行います。
      いずれにせよ、歯の脱臼、陥没、脱落が起きたときには、出来るだけ早く歯科医院に連絡後、受診しましょう

    • 乳歯の外傷

      乳歯の場合も永久歯と基本的には同様な治療を行いますが、状況により後から生えてくる永久歯への影響を考え抜歯する場合も多くなります。

外傷歯の予後

  • 軽度の外傷の場合は多くの場合良好に経過しますが、場合により数ヶ月から数年後に歯の変色を生じる場合があります。
    この場合は歯髄が壊死している可能性が高く、経過により歯髄の処置が必要になります。
  • また歯根の吸収や成長停止が起こる場合もあります。この場合には、数年後に抜歯に至ることがあります。
  • 何れにしても経過観察が重要ですので、主治医とよく相談の上、長期間の管理を受けてください。



  • 顎骨骨折

    • 顎に強い衝撃が加わった場合顎の骨が折れる場合があります。
      ラグビーなどの激しいスポーツや、交通事故の時に起こりやすいようです。
      たいていの場合咬みあわせが変化し、以前のように咬めなくなります。
      すぐに口腔外科を受診してください。
      ラグビーのような、激しいコンタクトスポーツを行うときは、マウスガードといって、顎の骨折の予防歯牙の破折の予防脳震盪の予防をする装置があります。
      このようなスポーツを行っている人は、歯科医院で相談を受けると良いでしょう。



  • 歯肉裂傷

    歯肉裂傷.jpg机の角に口をぶつけてしまい、歯肉が切れてしまいました。裂傷がひどい場合には縫合を行います。


  • 歯牙打撲

    歯牙打撲.jpg歯牙の打撲です。経過観察のみを行いますが、歯に動揺が見られる場合には歯の固定を行うこともあります。後で歯髄が死んでしまう場合があります。長期にわたり、経過観察を行う必要があります。


  • 歯冠破折(破折片が無い場合)

    歯冠破折01.jpg歯をぶつけて、歯の半分くらいが折れてしまいました。
    歯冠破折02.jpg破折した歯のかけらがない場合には、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂で歯の形を作ります。


  • 歯冠破折(破折片がある場合)

    歯冠破折03.jpg歯冠破折04.jpg歯冠破折05.jpg
    歯冠破折06.jpg歯冠破折07.jpg

    • 大きく折れてしまいましたが、破折片がある場合には、歯に接着できます。

  • 歯牙脱臼
    歯冠破折08.jpg歯冠破折11.jpg歯冠破折09.jpg歯冠破折10.jpg


  • 歯の破折と同時に歯の脱臼を起こしています。
    こういう場合は時間との勝負です。出来るだけ早く歯科医院を受診しましょう。

  • 顎骨骨折
    骨折パントモ.jpg患側.jpg健側.jpg

    • 転んで顎を打ち、口が開きにくくなりました。顎の関節が骨折しています。
      口腔外科を受診する必要があります。





患者さんのための歯科治療・用語解説
   ↑目次のページへ



NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: file歯肉裂傷.jpg 2258件 [詳細] file歯冠破折11.jpg 1167件 [詳細] file歯冠破折10.jpg 1051件 [詳細] file歯冠破折09.jpg 1118件 [詳細] file歯冠破折08.jpg 1200件 [詳細] file歯冠破折07.jpg 980件 [詳細] file歯冠破折06.jpg 985件 [詳細] file歯冠破折05.jpg 1074件 [詳細] file歯冠破折04.jpg 1024件 [詳細] file歯冠破折03.jpg 1062件 [詳細] file歯冠破折02.jpg 1180件 [詳細] file歯冠破折01.jpg 1112件 [詳細] file歯牙打撲.jpg 1327件 [詳細] file骨折パントモ.jpg 1115件 [詳細] file健側.jpg 996件 [詳細] file患側.jpg 1034件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-01-20 (火) 22:00:25 (3192d)