Top / NHK歯科技工問題特集




000023066.jpg


9/15(水)18:10〜19:00の首都圏ネットワーク内の特集(10分程度)で
http://www.nhk.or.jp/shutoken/program/b-det0003.html
歯科技工問題の特集が放送されます。ぜひご覧下さい



ご覧になられて、ご感想等、お願いいたします。

  • NHKが、どのように構成してオンエアーするか、半分期待、半分不安です。今日の放送を待っていましたが、残念です。でも中止ではないようなので待ちます。 -- 2010-09-08 (水) 16:54:54
  • 私も、放送心待ちしていました。中止でなくてよかったです。   -- sio? 2010-09-08 (水) 20:50:48
  • なにか、技工士さんがこんなに苦労する状態を改善する道筋が少しでも示されたら良いのですが。 -- 2010-09-08 (水) 21:15:47
  • NHKが取り上げてくれたということ自体すごいことだと思います。全国放送なら尚良かったのですが、これがきっかけになり全国に広がることを期待します。 -- 2010-09-08 (水) 21:22:19
  • 私は地方に住んでいるので視聴することができません。著作権を侵害しない程度でこのサイトに内容を教えていただければうれしいです。宜しくお願いいたします。 -- 2010-09-08 (水) 22:14:36
  • 残念ですが、仕方ないですね。 -- 2010-09-09 (木) 16:56:03
  • ざん念、来週楽しみにしています。 -- 2010-09-09 (木) 18:28:26
  • 放送枠ってどれくらいなの? -- 2010-09-09 (木) 19:43:09
  • 特集で10分です。 -- おおつか? 2010-09-09 (木) 22:56:39
  • え?、そんなに短いのですか、、、、、、、、。 -- 2010-09-10 (金) 10:46:18
  • 時間よりも内容ですね、問題は。 -- 2010-09-10 (金) 11:49:03
  • う〜ん、結局いつ放送??大丈夫?? -- 2010-09-11 (土) 16:35:01
  • 「首都圏ネットワーク」上のURL見たら、来週の予定には入っていないようです。いつになるのでしょうか。 -- 2010-09-12 (日) 21:06:40
  • NHK -- 2010-09-13 (月) 11:14:36
  • 直接聞いてみようかな? -- 2010-09-13 (月) 11:15:45
  • 10分、、、奥深い,技工士問題,偏見にならなければいいけど? kitai -- 2010-09-14 (火) 10:26:18
  • 結論まではいいです。ただ、正しい情報を発信してもらいたいものです。取材した方の力量が問われます。 -- 2010-09-14 (火) 13:11:00
  • どう?放送されてる? -- 2010-09-15 (水) 18:37:14
  • 3時間以上のながい取材でしたが、蓋をあけてみたら正直「こんな感じ!?」と拍子抜けしています。ただ、NHKから連絡が今あって続編を考えているので、今回は導入ということで編集しています -- おおつか? 2010-09-15 (水) 19:16:36
  • とのことです。とくにこれからどうすべきかを出来れば続けて取材して行きたいとのことです。 -- おおつか? 2010-09-15 (水) 19:17:43
  • 技工士と歯科医師の利益が相反しないようなシステム、そして質を担保できる診療報酬の検討が必要ではないかと言ってあります -- おおつか? 2010-09-15 (水) 19:26:21
  • 内容にウソがあります -- 2010-09-15 (水) 21:41:05
  • ★クラウン(インレー?)のマージンを「歯の根元」まで届かす必要は必ずしもありません。また、歯肉縁下にマージンを設定しておいても、クラウンセット後歯肉が下がり、そこが2次カリエスになることは良くあることです。 -- 2010-09-15 (水) 21:43:21
  • ★セメントが厚ければカリエスになるわけでもありません。セメントが分厚いバケツ冠が長期間に亘りカリエスにならずに保たれている症例はいくらでもあります。 -- 2010-09-15 (水) 21:45:21
  • ★カリエスが発生する原因の一番大きなものは食生活です。クラウンのマージン部の適合度ではありません。 -- 2010-09-15 (水) 21:46:43
  • ★2000円のクラウンと2800円のクラウンの質に違いはあるのでしょうか。 -- 2010-09-15 (水) 21:47:49
  • ★歯科技工士(就業歯科技工士)の数はそれほどは減ってはいません。 -- 2010-09-15 (水) 21:48:42
  • ★7:3についての理解が足りません。 -- 2010-09-15 (水) 21:50:15
  • ★国が価格を決めることと、料金が直接業者に支払われることとは、別の問題だと思います。 -- 2010-09-15 (水) 21:52:11
  • 放映内容が既にYouTubeにアップされていました。幅広く意見を募るため番組をご覧になれなかった方々にhttp://www.youtube.com/watch?v=cRqEBYYDGUsを紹介されたらいかがでしょうか? -- 2010-09-15 (水) 22:26:58
  • 「技工士の数はそれほど減っていません。7:3についての理解が足りません。国が価格を決めることと、料金が直接業者に支払われることとは、別の問題だと思います。」おっしゃるとおりです。取材時にNHKに何度も説明しましたが、こういう報道でしたので、NHKに指摘しています。今回の放映の最大の問題点です。NHKは続編でそこの誤解を解きたいと言っています。 -- おおつか? 2010-09-15 (水) 22:51:40
  • 歯医者がよく番組に出ているが、結局ちゃんとした理解を得れることになっていなくやぶへびになっている。 -- 2010-09-16 (木) 07:41:02
  • こんなことが続くと本当に保険はずしに拍車がかかり大変なことになりはしないか気がかりです -- 2010-09-16 (木) 07:42:28
  • なぜ、「保険はずし」に繋がるのでしょうか?おっしゃられることが -- 2010-09-16 (木) 08:19:48
  • 理解できません。 -- 2010-09-16 (木) 08:19:59
  • 「こんなことが続くと」「大変なことになり」→現状を変えたくない不安の民 -- 2010-09-16 (木) 08:38:04
  • 「★」は、小異至上主義で重箱の隅愛好家、友だちと運動は作れない。 -- 2010-09-16 (木) 10:24:50
  • なんと感想を述べればよいのでしょう・・・。消化不良です。あの時間枠では、あれくらいで仕方がないのかもしれません。私が認識している事実と異なる意見も出されていました。「★」のご指摘は、その通りだと思います。ただ、制度は非常に複雑で、また、これまでの経緯を踏まえたものでもあり、あまり理論的なことを前面に出しても、一般の方には理解されないのも事実でしょう。もう少し掘り下げた続編を期待するしかありませんね。NHKさんには、一度企画を真っ白にした状態から取材を進めていただきたく思います。 -- チュー? 2010-09-16 (木) 12:15:47
  • 歯科医院の経営の悪化から安い技工料金へ流れると言うより、 -- 2010-09-16 (木) 13:25:16
  • 市場経済で成り立っている技工経済では当然安い技工料金へ流れることは当然です。 -- 2010-09-16 (木) 13:26:20
  • 7対3に法的規制ができないのは高額な歯科医師会の潤沢な資金による政治献金が所以ではないでしょうか。患者さんに技工料金を明示して頂きたい。 -- 2010-09-16 (木) 13:47:51
  • 「7対3に法的規制ができないのは」政治的なものではありません。国民皆保険について正しい理解をすればわかりますよ。 -- 2010-09-16 (木) 21:35:55
  • •7対3に法的規制ができないのは→できましたら、「歯科技工士問題の改善を目指して 」をお読みになってください。 -- チュー? 2010-09-16 (木) 21:48:58
  • ・・・で、歯科医師、歯科技工士の反応はどうだったのでしょうか?ココ以外には全く反応ないみたいです。 -- 2010-09-17 (金) 12:04:31
  • 訂正 2010-09-16 (木) 10:24:50 「と」を「も」へ -- 2010-09-17 (金) 15:40:41
  • 技工士の現実が出ていたと思いますが技工士学校に放送をみて体験入学を辞退するものが出ました。本当に学校側はあの放送を喜んでいる人はいないと思います。難しいですね。 -- kane? 2010-09-17 (金) 17:21:00
  • 学校側と就業歯科技工士側、利害は一致しませんから。夢をみて入学して、夢がつぶれていく。学生さんが被害にあってはいけませんし。冷静によく考えましょう。 -- 2010-09-17 (金) 18:53:36
  • 消化不良番組ですね。鋭さない。続編希望。 -- 2010-09-26 (日) 16:14:36





「今日の歯科ニュース」
http://insite.typepad.jp/shigakuinfo/2010/09/161151.html
より


NHK首都圏の特集「歯科技工士の現状」

NHK首都圏の特集「歯科技工士の現状」が9月15日、放映された。
入れ歯に質の悪いものがあると指摘されている。
その実態とその背景を取材した内容である。
関東の歯科医院を訪れた患者の写真が写し出された。
歯の被せ物(クラウン)が歯の根元まで届いていなかった症例。
そのため透き間に歯垢が溜まり、再び虫歯になり歯の被せ物が3か月で取れてしま った。
歯の被せ物の裏側の透き間を埋めるために接着材のセメントを分厚く入れている。
大量にセメントを使用することで、合っていない被せ物を入れていた。
歯科医療の問題を考えるNPO法人みんなの歯科ネットワークの歯科医師の大塚勇二さんの証言。
杜撰な歯科治療の結果、患者が気づかぬうちに歯の健康が脅かされている。
「非常に小さな透き間ですから、患者さんが目で見てわからない。細菌は透き間よりもっと小さいので入り込みます」
なぜ、このような質の悪い被せ物ができるのか?
背景には歯科医院の経営難がある。
今、歯科医院は過当競争に陥っている。
東京23区以内には歯科医院は8200余り、その数はコンビの2倍近くにもなる。
「経営が苦しくて、質よりも数を優先してしまうという歯科医院が出てきても不思議ではないと思う」と大塚さんは述べる。
入れ歯は、歯科医院から注文を受けた歯科技工所で作られている。
製作をしているのは、国家資格をもった歯科技工士たちである。
歯科医療には保険と自費があるが、ほとんどの場合は保険で行われている。
製作料は歯科医師が一括して請求することになっている。
昭和63年には、厚生大臣の告示で入れ歯などの製作料の70%が歯科技工士、残りの30%が歯科医師のものであると決められた。
しかし、実際には歯科技工士は下請けの立場から、50%程度の報酬しか受け取れない。
歯の被せ物であるが、70%なら3100円であるが、この歯科技工所2000円で納めている。
これでは45%であり、歯科医院の方が取り分は多くなる。
赤字経営であるが、一つひとつの手間を省くことはできない。
質を落とさないように必死に努力をしている。
単価が安くとも売上げを確保するために、より多くの注文をこなさなければならない。
労働時間は1日13時間以上。
夜は10時を過ぎることがほとんどだ。
こうした長時間労働に耐えられず、多くの若い歯科技工士が職場を去った。
「今は、ギリギリでやっているが、量が増えれば増えるほど、人間が作るものなので、レベルが落ちている。これはしょうがないかな。ただ質は落とさないように努力はしている」
テレビ取材では、歯科医療従事者の誇りを失わず頑張っている歯科技工所の声を反映した。
こうした現状から20代の歯科技工士の離職率は75%を超えている。
歯科技工士を辞めた歯科技工士の男性は勤めていた歯科技工所で、1日16時間以上働いていた。
そして、質より量を優先させられたと述べていた。
「明日、患者さんが来るので、間に合わせてもらいたい、と言われば、どうしても無理してやらなければならない。労働時間が長くなく、給料がそれなりにもらえて、生活できるのなら、また、歯科技工をやりたい」
元歯科技工士は述べていた。
それが離職した歯科技工士たちの本音である。
都内のある歯科技工所では、歯科技工物の質を確保するために値上げをした新たな料金表を作った。
2000円でこれまで請け負っていたものを2300円に料金を設定した。
だが、この新しい料金ではまだ1軒も仕事が取れていない。
このままでは近い将来、歯科技工士がいなくなる状況まで陥る。
値段競争にさらされている歯科技工物の製作問題。
製作技工の70%は歯科技工士のものである、という指針をしめした厚生労働省。
なぜ、歯科技工士の取り分が明確に定められないのか?
取材を申し入れた。
厚生労働省の文書による回答。
患者一人ひとりに合う歯科技工物を作る行為は、歯科医師と歯科技工士の仕事が密接する一連の行為であるため、一体化して評価する、と回答している。
しかし、歯科技工士の取り分が市場原理で決まる実態にはふれていない。
「保険歯科医療の質を確保するためにも、価格を定めるべきだ」と東京医科歯科大学大学院の川渕孝一教授は指摘している。「お医者では人工股関節ペースメーカーなど、高額なものがあるが、全部お値段が」決まっているわけだ。医者もそれを作った業者さんに一定の金額を払っている。 歯科技工士物について、むしろ値段を決めるたらどうか」
歯科医院の経営難から、低価格競争に陥って歯技工物の製作。
本来、医療の一部であるはずの歯科医療の質が確保されなければ、国民の健康は確保されない。

今回のテレビは、そのことを訴えていた。








◎特集「歯科技工士の現状」



歯科保険の抵点数のしわ寄せは歯科技工士にも及び、

低収入、長時間労働で離職者が後を立ちません。

このままでは技工物の質を保つことは難しくなり、

歯科治療を保険では安全に受けられなくなる日がくるかもしれません。

何が問題でどう解決していくべきなのかを放映予定です。


※みんなの歯科ネットワークが取材協力をしています。

是非ご覧になってください。
(ただし、全国放送ではありません。)



gikou.jpg





添付ファイル: filegikou.jpg 841件 [詳細] file000023066.jpg 973件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2010-09-26 (日) 16:14:36 (2463d)