Top / ちょっと言わせて!待合室の声



☆ちょっと言わせて!待合室の声☆


意見.jpgkakuseiki.gif


みんなの歯科ネットワークでは様々な年齢層の患者さんの(歯科)医療に関する自由意見を集めました。これは医療者が「患者さんのニーズはこうだ」という決め付けを捨て、どのような(歯科)医療が求められているのかを知る必要があると考えたからです。


【調査方法・期間】

1、消費者団体や市民団体の集まりで配布し、収集した。
2、歯科医院の待合室にハガキのアンケート用紙を設置し
  記入後、みんなの歯科ネットワーク東京事務局宛てに送付してもらった。

  ※調査期間 2009.5.20〜6.30(途中経過)…アンケートは無期限で継続中


【調査内容】

 「ちょっと言わせて!待合室の声〜あなたが医療に望むこと、言いたいこと」大募集!


「ちょっと言わせて!患者の声」とはみなさんが日頃感じている医療への疑問や不安、 または望むことなどを書いてもらい、
それをみんなの歯科ネットワークが国民の意見としてサイトに掲載したり、政治家に陳情したり、
行政への働きかけの際に参考とするものです。

 ● 日常あなたが感じてることで良いのです。
 ● 難しいことでなくて良いのです。
 ● 一行だけでもいいのです。

ぜひあなたの意見を聞かせて下さい。
できれば歯科についてがありがたいのですが、医療全般についてでも構いません。
この国の医療制度を改善するためにはあなた「声」が必要なのです!


※みんなの歯科ネットワークは本格化している医療危機に対して、
医療者と患者さんが共に改善に向けて活動する必要があると考え、設立されたNPO法人です。
現在「医療者も患者さんも幸せになれる医療制度を」というスローガンの下、
テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などで歯科医療の危機的状況を訴え続けています。


 性別  男 ・ 女       年齢     才

 ※あなたが(歯科)医療に望むこと、疑問に思うこと、言いたいことなど、ご自由にお書き下さい。


【回答結果】

弊NPOが去る5〜6月に実施した意見調査

「ちょっと言わせて!待合室の声」

では、さまざまな方面より貴重なご意見・ご回答をいただくことができました。


回答いただいたご意見の中には日々疑問に思っていることから、
こちらの予想以上に切実なもの、また非常にユニークなものもあり、

 ● 全ての治療に保険がきくようになれば良いと思います。
 ● 料金のシステムがわかりずらい。
 ● 全般に言えることであるが、保険点数をもっと明確にしてほしい。
 ● 技工物を中国や海外に出したりするのはどうかと思います。
 ● 患者情報ネットワークを作って欲しい。
 ● 検診を保険でできる様にしてほしい。
 ● 歯科が多すぎると思う。どうして次々開業出来るのか不思議。
 ● 言葉は通じるが話が通じない人たちが多い。と感じる。

など、忌憚のない「声」が数多く寄せられ、
「設問のない自由意見を求めることに対しては反応は薄いのではないか」という、
ある意味こちらの先入観を払拭させるような結果となりました。

選択肢や事前のレクチャーなど全くない状態でのアンケートです。
誘導も落としどころもありません、本物の生の声です。

ぜひご覧下さい。


【回答集@暫定版】
file回答結果.pdf


【まとめ】

アンケートにご協力頂きました方々には深く感謝致します。

このアンケートは無期限で継続中ですが、途中結果からでも見えてきたものがあります。
私たち歯科医療提供者が、歯科医療はこうあるべきだと考えていることと、
患者さんたちが、こうあって欲しいとおもっていることが、必ずしも一致しないというものです。

やはり患者さんから見れば、保険のきく範囲を広げて欲しいし、歯科の自費診療に対する不信感もある。
これだけ歯科医院が溢れているのに、待たされることもあるし、治療の回数が掛かり過ぎるという印象があるようです。
わが国の歯科は、一度受診すれば、通院日数が多く掛かるともいわれます。
だからこういった意見にも真摯に耳を傾ける必要があるのではないでしょうか。

また注目すべきは、歯の健康を守る意識の高まりからか、検診を保険で認めて欲しいという意見が多いということです。
対して、歯科にあまり興味がない、もっと言うなら全然興味がなければ、回答は得られないでしょう。
こういった方々も歯科の受診経験は一度ならずお持ちのはずです。
つまり私たちが患者さんの言いたかったことに耳を傾け、それに応じて情報を提供する機会があったのにということです。
ならば今一度、私たちが行うべきことを見直す必要もあると思います。
さらにこれらの回答の「行間」に潜んでいる重要なメッセージを決して見落とすことなく、
また、問題の本質を見誤ることなく、今後どう生かしていくべきかが今問われています。

真に患者さんや国民の視点というものを重視するのであれば、提供者側の論理を一方的に伝えようとするのではなく、
まず患者さんや国民の話を聞かせてもらうということが重要なのではないでしょうか。





NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: file回答用紙.pdf 928件 [詳細] file回答結果.pdf 1255件 [詳細] filekakuseiki.gif 573件 [詳細] file意見.jpg 593件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-08-17 (月) 13:16:24 (3078d)