Top / コラムのページ



歯牙余論

(オープンWikiフロントページに掲載したコラムのバックナンバーです)

歯牙余論・・その2

(オープンWikiフロントページに掲載したコラムのバックナンバーです)

歯牙余論・・その3

(オープンWikiフロントページに掲載したコラムのバックナンバーです)

ベスト・コラム

これまで(2009年8月まで)にオープンWikiに掲載してきたコラムの中から
「ベストコラム」として、いくつかをまとめてみました。

歯界探検(みんなの歯科ネットワーク TEAM T.S.T)

  歯科医療に関する様々な矛盾・疑問。
  一般の方にも理解していただくことが大切であると考えております。
  読みやすく分かりやすいものをと
  悩みながらもなんとか作り上げていきたいと考えております。
  是非ご覧になってください。(TEAM T.S.T.)

勿凝学問より・・・ 2つの国民――日本人の少数派と多数派

  慶應義塾大学 商学部教授  権丈 善一

勿凝学問より・・・ 事実は価値判断とは独立に存在し得ない
  ―「人間は自分がみたいという現実しかみない」というカエサルの言葉の科学方法論的意味合い―

  慶應義塾大学 商学部教授  権丈 善一





マジックかサイエンスか

 アンブローズ・ビアスというひとが100年ほど前に著した「悪魔の辞典」
 というものがあるそうです。
 その中には、「(歯医者)あなたの口の中に金属を入れたかと思うと、
 あなたのポケットの中から何枚かの硬貨をつまみ出す手品師。」
 という一節があるそうな。

「この歯科医師達ありてこの歯科医療あるなり」(my)

 私が尊敬し日頃学ばせて頂いている慶応大学商学部教授で医療経済学がご専門の
 権丈善一先生(静かなる革命「指導者」?「伝道者」?)の講演内容から
 福澤諭吉に関する部分を引用させて頂き、歯科界が陥っている囚人のジレンマ
 合成の誤謬について考察してみます。

技工問題と言う土俵

 土俵の上では、三者が三様に睨みあって、四股を踏んでいるが、
 土俵の上の誰もが軍配が返ることは求めていない。
 さて、土俵の周りの我々は、ドウ言葉を出せばよいのだろうか?
 「はっけよい のこった」????

技工料金不払い110番

 歯科技工所への料金の一部または全部を、正当な事由もなく、
 支払わないで済まそうとする歯科医が世の中にはいるらしい。
 医療機関は法律上、不払いを理由に患者の診療を拒むことができないが、
 歯科技工所は実際のところ、幾らでも受託を拒める筈である。

 しかし泣き寝入りするしかないことも多いという理由に、顧客数の問題がある。

歯科医療者は天職であるのか

 「経営」と「経済」という言葉は扱いが難しいと思います。
 経営哲学という言葉は頻繁に用いられますが、一方で経済哲学という言葉もあります。
 価値観と換言してもいいのでしょうか、
 ともかく意図的にそういった部分を切り捨てることによって
 科学であろうとしたのが経済学だとの考えもあるようです。

歯科界に希望ある未来を!(SATO)

 表題は、今度の参議院選挙の立候補予定者のキャッチフレーズであるが、
 裏返していえば、今の歯科界には、希望ある未来がない、ということであろう。

国 家 試 験 に 数 学 と 社 会 科 を

 【前 編】より
 歯科医療者が制度の在り方を考える場合、
 様々なデータが必要になりますし、過去の歴史を振り返ることが大切なのですが、
 みんな感情ばかりが先走って、このことをなかなか真剣に聞いてはもらえません。
 また、誰しも兎角目先の利益や経営の問題に囚われがちで、
 マクロな経済学の話なぞには至りません。
 その経済学なるものは、自然科学と違って、実験できないということが重視されます。
 それもその筈、
 社会全体を相手に大規模な人体実験をされては堪ったものではありません。
 だからこそ経済学においては統計学が発達したといわれますし、
 また歴史を振り返ることが重要とされます。

貧しい人のために

 以前、「貧しい人も含めて国民の皆が十分な医療を受けられるように」
 という医療者の要望に対して、
 「だったら医療者が保険の点数を下げてくれと言ったらどうか」
 と応えた政治家の先生がおられました。
 何故こんなやりとりが生じたかといえば、実は単純なことで、
 医療者が財源、国民の負担の話から逃げていたからではないでしょうか。

歯科技工士が立ち去ったあとに(ASAHAI & TEAM T.S.T.)

 歯科技工士の今のような状況が続いて
 不幸になるのは誰なのだろうか。
 志(こころざし)半ばで立ち去る技工士なのか。
 歯科技工物が手に入らなくなってしまう歯科医師なのか。

朝三暮四

 「『個別の報酬決めて』と言っておきながら、『枠は決まっている』というのは矛盾している」

歯科は混合診療が解禁済みなのか

 歯科医同士で話をしていると、
 よく「自費でないといい治療が受けられないことなんか患者さんはわかっている」
 という主旨の言葉を耳にします。
 何も、結果として実際そうなのか、或いは誰かが吹き込んだのかについて、
 ここで話をしようというのではありません。
 ひとつだけ言えることは、
 この「患者さんはわかっている」という認識が全くの誤りだということです。
 世間のほとんどの人たちは、歯科は混合診療が解禁済みだと思っています。
 医療関係者だってそう理解している人が多いでしょう。
 私は、開業医師の方にも、病院勤務医師の方にもそういわれたことがあります。
 だいたいこんな科白が出てくること自体、
 当の歯科医だってもうひとつ理解していないことの証拠でしょう。

すくらっぷあんどびるど?(グズ)

 はたして
 「スクラップ・アンド・ビルド」なのか、
 「スクラップ・フォー・ビルド」なのか?

 それとも…

困っていない歯科(by the people)

 歯科医師は増え続け、開業もままならず
 巷ではワーキングプアなどと言われ、歯科医は非常に困っている。
 普通に考えれば歯科医師がこれだけ困っているのだから、
 患者である国民も困っているかと思いきや、
 国民はほとんど歯科では困っていない。
 たとえ自分に子供がいなくても、妊婦でなくても
 小児科や産婦人科が困っていると国民は「とても困る」と言う。
 この差はいったい何なのであろう?

保険診療の限界(グズ)

 限りなく薄められたスープをスープと呼ぶことができるのか?

一から建て直すのでしょうか

 あなたは図面を手にどうあるべきかとの問い掛けをしているのでしょうか。
 それとも…
 結果が全てであるからと図面を持たずに話し合いの場を作ろうとしているのでしょうか。

歯科医を公務員にするのはどうですか

 …あくまで一つの考え方です。

自然増がない歯科

 この崩壊、どこかの時点で国民から見える問題として
 捕らえられるときが来るのでしょうか。
 それともこのまま水面下で進行し、
 気力の失せた歯科医師があふれることも
 世間からは認知されないまま時は過ぎていくのでしょうか。

僕は悪くないっ!

 保険のルールが悪いっ!
 厚労省と技官が悪いっ!
 歯科医師会が悪いっ!
 みんなが悪いっ!
 だけど・・・
 僕は悪くないっ!

濫造門

 或る日の夕方のことである。ひとりのまだ若い歯科医が、
 出身大学の正門前で途方に暮れていた。広い門の傍には、
 この歯科医の外に誰もいない。

若い先生って(乙安二郎)

 あのぅ・・・今回だけボヤいていいですか?

クレタ人(SATO)

 さて、「まとも」な歯科医が
 『保険制度は「まとも」ではない。』と言いました。
 その歯科医がする保険治療は「まとも」ではないのでしょうか?

◆7:3ある男の陰謀(TEAM T.S.T.feat.36)

 男は考えていた。
 このままではまずい。毎年「不況だから」という理由で
 妻に小遣いを2200円ずつ減らされているのだ。
 付き合いもあるし、買いたい本もある。
 部下にだって奢って良い所を見せたい。
 でも妻のサイフの紐は固いだろう。
 さて、どうするか・・・

開業医のつぶやき・患者のつぶやき(TEAM T.S.T.)

 でも考えてみるとおかしいよね。
 毎月保険料払ってるのに、なんで歯医者さんでは
 「保険ではちゃんと治療ができない」ものがあるんだろう?
 これじゃ保険の意味ないじゃん。

72の法則と朝ズバ(SAO)

 あえて言おう。
 医療崩壊は、医師がヒポクラテスの誓いを忘れたからでは決してない。

医療においてビジネスモデルは成立しない(浅盃)

 継続できるシステム。
 必要なことを必要なだけ行える制度。
 創意工夫が認められる。
 経営が成り立つ報酬制度。

 こうした当たり前の事が今の医療には認められていません。
 ビジネスモデルなんて成立しえません。

囚人のジレンマ(SATO)

 歯科大学・大学歯学部の合理化・定員削減・統廃合は簡単ではない。
 歯科医師過剰対して、国ができることは国家試験での合格者を減らすことだけであ る。
 事実、近年は、厚労省が国家試験の合格率を下げている。
 大量の国試浪人・臨床に役立 たない奇問等、弊害も指摘されていて、
 ベストの策とは言い難い。

歯科はビタミンも主食も足りていない(R’R)

  もう素人にだって分かっていることなので何遍も言う必要もないが、
 歯科が飢饉に至った理由のひとつが歯科医師過剰である。
 ビタミンの投与と言おうが、メリハリのついた財源配分と呼ぼうが、
 結局のところ代わり映えのしない個人診療所だらけでは、
 主食の量に 事欠けば、集約化でも行って糊口を凌ぐ他に術はない。 

歯科医師量産の失敗は続く(R’R)

 『飢饉がひき起こす暴動では、一般大衆はパンを求めるのが普通だが、
 その際に彼らが用いる手法といえば、こともあろうにパン屋を
 破壊することである』というオルテガの警句のような情勢もあったにせよ、
 医療提供者と患者が話し合い、折り合う環境が作られつつあることも事実である。

【依存】してますね。そろそろ【自立】しませんか (さお)

 自立しなきゃ

 応分の負担から目を逸らさず
 本当に向きたい方向に顔を向ける、
 そんな【自立】が求められています。

技官制民主主義(SATO)

 国民(患者)と医療提供者とが、
 真に開かれた場で、
 対等に意見を交わせるようにし、
 その結果、民主的に決定された政策を
 行政が民主的に運用できなければ、
 社会保障としての医療政策に
 明るい展望があるとは思われない。

ガラパゴス化(SATO)

 日本の医療も「進化」し続けているが、
 「進歩」しているとは限らない。
 「退化」もするのである。「進歩」するか、
 「退化」するか、生物界と決定的に違うのは
 「選択圧」の多くを人間自らの意思で変えられることである。

職業のステイタス(SATO)

  その職業に就いている者が、
  自分の職業のステイタスが下がることを望むわけがない。
  次代を考えるとそのことが社会のためにならないのなら、
  尚のことである。
  但し、嘆いているだけでは何も変わらない。
  「制度」の呪縛を解きたいのなら、現状を社会にさらけ出し、
  自らの必要性や貢献度を示したうえで、
  制度ではなく社会にその評価を委ねなければ、
  社会的ステイタスも確立しないのである。

裁量権と制限(SATO)

  医療提供者は本来、医療を行ううえでは、
  患者の自己決定権を尊重しつつ、
  医療提供者の考えうる最良の医療行為を
  選択するはずである。
  「ガイドライン」「指針」といわれるものは存在するが、
  あくまで、ガイドラインであって
  最良の選択は患者ごとに違う場合も少なくないのである。
  その選択こそが医療提供者の裁量権であり、
  臨床の場でそれが存在しないということは
  医療提供者の存在価値すら危ういものにするだろう。

敷居(グズ)

  怖そうに患者さんに接する歯科医は、
   えらいのか?
   えらいように見えるのか?
   えらいように見て欲しいのか?
   えらそうに見えるのか?=

自由と制限の狭間で…空気になりすぎた国民皆保険(sato、チュー、sao)

  みんなの歯科ネットワーク TEAM T.S.T.のメンバーが
  現在の歯科医療保険の「自由と制限」についての想いを
  書き綴ったものです。

従順な羊(みんなの歯科ネットワーク TEAM T.S.T)

  今、歯科医師のほとんどは、保険制度という枠の中で診療をしています。
  良い悪いではなくほとんどの歯科医師は、
  保険制度という枠の中での「従順な羊」なのでしょうか。

総枠の蓋(みんなの歯科ネットワーク TEAM T.S.T)

  歯科医療費は長い間変化が見られません。
  一方、調剤や医科においては医療費は年々伸びています。
  何故、このようなことになったのでしょうか?
  その要因としてはいくつかが考えられます。
  原因を理解し、これからの歯科を考えていく必要があります。
  みんなの歯科ネットワーク、TEAM T.S.T.が、考察してみました。

歯界探検(みんなの歯科ネットワーク TEAM T.S.T)

  歯科医療に関する様々な矛盾・疑問。
  一般の方にも理解していただくことが大切であると考えております。
  読みやすく分かりやすいものをと
  悩みながらもなんとか作り上げていきたいと考えております。
  是非ご覧になってください。(TEAM T.S.T.)

附従契約(附合契約)(検

  契約当事者の一方が決定したところに
  他方が事実上従わざるを得ない契約を
  「附従契約(附合契約)」という。

フエゴ人の舟、パブロフの犬(Zep)

  「、、、限度を越えれば噛み付くことだって必要なのではないか。」・・・

それでも地球は回っている(SATO with TEAM T.S.T)

  個々の医療の担い手の「最善を尽くす」という想いが、
  国民(患者)の信頼を得て「普遍の原理」と昇華するには、
  「コペルニクス的転換」が必要なのかもしれません。 

妄想病院

  36が星新一風に医療制度について書いたショートショートです。
  とっても面白いですよ。是非是非、お読みになってみてください。

王様のくれた贈り物?( Sao with TEAM T.S.T.)

  国民皆保険について分かりやすく「絵本」風に仕上げてみました。

コラム「アレバダス」(SAO)

  [国民皆保険医療]って、国民みんなで耕し育てた畑なんですね。
  みんなで開墾して広げてきた大切な畑のはずなんですよね。
  誰のものでもない、[アレバダスの法則]で作った共有地。

悪魔の花園(CIA二人組)

  「悪魔の花園」という言葉を
  お聞きになったことはあるでしょうか。
  「さて、烈しい日の照る夏が過ぎ、冷たい霜の降りる秋になれば・・・」

木彫義歯の秘密への考察(仮説?)(写真・・G3 文・・グズ)

赤ひげ(紹介・・36)

【 歯科医師は過剰か?】(某歯科医)

【混合収入】(某歯科医)

【健康保険は「保険」か「税金」か】 (sato)

【檄! いま、本来の歯科医療を取り戻すチャンス】(SAO)

「大阪物語」(大阪)

  僕は何故歯科医師になったのか。
  18歳の僕はモラトリアムの海に漂っていた。

2CHスレ今日の一言



NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2012-06-25 (月) 20:49:17 (1941d)