Top / 医療安全に関するコスト調査

医療安全に関するコスト調査

平成17年度 医療安全に関するコスト調査 − 調査結果報告
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/06/dl/s0607-5a3.pdf
16、46、120ページが歯科の部分です
歯科診療所が9施設対象
歯科用タービン類の調査が行われているか不明

一部抜粋

医療安全に関する年間費用を患者1人1回当たりでみると7施設平均で350 円、人件費の割合は27.4%であった。施設別にみると、159〜727 円の開きがある。人件費の割合は16.8〜57.5%であった。(p.17)

○歯科診療所においては、口腔を扱う特性のために、特に感染対策のための滅菌消毒や前準備に係 るコスト負担が大きい傾向が見受けられた。(p.20)

(4)取り組みにおける課題について
 歯科診療所
  ・ コストと人的負担(滅菌消毒にかかる時間など)の増大
  ・ レクチャーなどの際には、理解の個人差へ配慮する必要がある
  ・ 歯科助手は専門的な知識が乏しいため、教育に時間がかかる
  ・ HIV などへの感染を明かさない患者を想定する必要がある
  ・ スタッフの感染防止、洗浄・消毒の際のケガなどにも注意が必要
  ・ 滅菌、非滅菌作業を整理の上、清潔区域を設定する必要がある
  ・ 治療中に出る切削片などについて、強力な吸引・集塵装置が必要
                              (p.65)

(5)費用負担が大きい取り組みについて
 歯科診療所
  ・ 感染対策のための滅菌消毒や前準備にかかる人的負担
  ・ 消耗品の種数、数量の増加(ディスポーザル製品の増加)
  ・ 粉塵バキューム、殺菌浄水器などの導入
  ・ グローブ、マスク、エタノールなど感染防止対策のための消耗品
  ・ 廃棄物処理
  ・ 警備会社との契約
                              (p.66)


平成18年4月17日中央社会保険医療協議会診療報酬調査専門組織各分科会 医療機関のコスト調査分科会議事録

http://www.mhlw.go.jp/shingi/2006/04/txt/s0417-3.txt

一部抜粋

 16ページは歯科診療所の結果概要です。歯科診療所は医療安全に関する年間費用を対 医業収入比でみると、7施設平均で4.0%でした。特に感染制御に関して、この数年間 いろいろな対策がふえてきているところが大きいのではないかと考えられます。他の施 設もそうですが、今回は99年当時からやることがどれだけふえているかということに焦 点を置いていますので、今回の値が低いから余りやってないということではなくて、も ともといろいろとやっておられると99年以降の増分が少なくなると考えられます。









NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-07-06 (金) 18:11:48 (3548d)