Top / 医療政策の決定プロセスに関わる組織

医療政策の決定プロセス !

東京大学医療政策人材養成講座
「患者の声をいかに医療政策決定プロセスに反映させるか」 2006年8月 より抜粋

医療政策とは一般的に、医療提供体制医療費の支払い方式に関する政策と理解されている。
医療提供体制には、医療を提供する病院、診療所のあり方、及び医師、看護師等医療の専門職種の資格制度や需給政策等を包括する。
医療費の支払い方式には健康保険制度のあり方や医療機関に支払われる診療報酬のあり方等が含まれる。


●中央政府レベルの政策決定プロセス(厚生労働省の政策決定プロセス)

厚生労働省が医療機関の在り方について検討を行う場合、
医療提供体制については大臣の諮問機関である社会 保障審議会医療部会(以下医療部会)の、医療保険制度の在り方については社会 保障審議会医療保険部会(以下医療保険部会)での検討結果を踏まえて、政府提案として医療法や健康保険法等の改正案を国会に提出するプロセスが一般的である。

診療 報酬については、平成18年度の診療 報酬改定から、中央社会保険医療協議会(以下中医協)予算編成で決定された診療 報酬の改定幅を前提に、医療保険部会及び医療部会から示された診療 報酬改定の基本方針に沿って、具体的な診療 報酬の改定を行うというルールが明確にされた。
中医協は厚生労働大臣の諮問を受け、パブリックコメント、公聴会で国民の意見を聞くプロセスを踏んで、厚生労働大臣に診療 報酬点数の改定案について答申した。
したがって、厚生労働省における医療政策の決定プロセスを論ずる場合、医療部会、医療保険部会及び中医協の検討過程が中心的なテーマとなる。
また、法律に設置根拠をもつ審議会のほかに、大臣や局長の私的諮問機関として設置される検討会等における検討プロセスも広義には政策決定プロセスに含まれると理解される。






NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2008-03-16 (日) 13:07:19 (3778d)