Top / 技工料はなぜ下がる?



技工料は下げ止まりません
技工料は「市場」で決定しているのでしょうか
何故、現状を招くようなことになったか
原因を理解し、これからの歯科技工を考えていく必要があります
みんなの歯科ネットワーク、TEAM T.S.T.(の一部)が、討論しました
ちょっと長いですが、技工料の「市場」の問題点が浮き彫りにされて
いく過程を「生の声」から読み取っていただければ幸いです


   ↓クリックしてください。



ご感想等あればお願いします。

  • 技工は何故高い/逆不公正な市場

考える回路を切り替えると、
「技工は何故高い/逆不公正な市場」←歯科技工士から開業権を取り上げ、
歯科技工を「日本歯科技工供給公社」の独占とすれば、逆不公正な市場を
作ることが出来ます。歯科技工料の高位安定も一時的には、可能です。
歯科技工所の構造設備基準をスカスカにし、経験・能力等に係わらず歯科技工士の
免許さえあれば歯科技工士一人でも開業可能とし、需要を上回る歯科技工士数を常時
供給し、歯科技工の品質「管理」を購入側歯科医師任せにすれば、不公正な市場を
作ることが出来ます。-- 2009-12-14 (月) 17:15:24

  • 技工料は安ければ安いほどうれしいのですが。 -- 2009-12-15 (火) 08:41:04
  • 技工料はなぜ下がる????もっと良質な技工物を製作していただければ価格も考えます。価格それなりの技工物が世の中に溢れています。これでは装着される患者さんも不幸なことです。尤も、原因は歯科診療報酬が低いことにあるのですが。 -- 2009-12-15 (火) 15:45:02
  • 技工料はなぜ下がる????もっと良質な技工物を製作していただければ価格も考えます。価格それなりの技工物が世の中に溢れています。これでは装着される患者さんも不幸なことです。尤も、原因は歯科診療報酬が低いことにあるのですが。 -- 2009-12-15 (火) 15:45:02
  • 「どこまで下がる」とのことのようですが、ここ数年は私の周囲では値上げの動きのほうが大きいように感じます。この2年間で2回、ラボのほうから値上げ要請がありました。中規模ラボで、おそらく取引先歯科医院は200軒を超えていると思いますが、どこもスムーズに受け入れてくれたようで、拒否した歯科医院はゼロだったようです。このケースが稀なのしょうか?地方の中核都市です。全国的な傾向を把握している(と思ってます)みな歯科さんのコラムですから、全国的には技工料金は下がる傾向にあるのかともおもいますが、どうなのでしょうか?何かしらのデーターはお持ちですすか? -- 2009-12-15 (火) 16:11:41
  • 適正な技工料金を算出すると言うことは、平均的な歯科技工士の年収はいくらくらいが適当なのかを考えることと実は同じことです。そこが出発点になり、歯科技工士の免許を取得するまでの経費、現在の労働時間等を加味して、適正な技工料金が算出されるはずです。みんなの歯科ネットワークさんは、歯科技工士の年収はどれくらいが適当であると考えられているのですか? -- 2009-12-15 (火) 22:01:48
  • 適正な技工料金を算出すると言うことは、平均的な歯科技工士の年収はいくらくらいが適当なのかを考えることと実は同じことです。そこが出発点になり、歯科技工士の免許を取得するまでの経費、現在の労働時間等を加味して、適正な技工料金が算出されるはずです。みんなの歯科ネットワークさんは、歯科技工士の年収はどれくらいが適当であると考えられているのですか? -- 2009-12-15 (火) 22:15:30
  • なんでこうなる?(二重投稿) -- 2009-12-15 (火) 22:16:31
  • 技工料を公定価格にしたほうがいいのか、「市場」価格のほうがいいのかも一概には結論がでないでしょう。どれくらいの年収が適当かということはわかりませんが、クラウンの製作費は8000円程度が相当であるというデータはあります。 -- 2009-12-16 (水) 10:13:28
  • でも、わかりにくい議論ですね、これ。 -- 2009-12-16 (水) 12:01:18
  • 「クラウンの製作費は8000円程度」がどのような試算に基づいて計算されたものかはわかりませんが、それは一般の方にも納得できるものなのでしょうか?私の感覚では「クラウンの製作費は8000円程度」はあまりにも高すぎです。これは補綴も含めて国民皆保険で給付するという日本独自の制度を考慮に入れての試算なのでしょうか?それともこの数値は保険・自費の区別はしないで出したものなのでしょうか?もし、保険・自費の区別をなしに出したものなら、あまりにも現実離れした試算ですね。日本の現在の制度を考慮した試算でなければ、この数値は受け入れられる可能性は低いと思います。もし、アメリカでこの試算が出されたのなら、納得できるところはあります。日本の現在の歯科医療制度を考える上での議論を考えないと意義は無いでしょう。それとも、貴会は補綴物を保険給付からはずすことを考えられているのでしょうか? -- 2009-12-16 (水) 12:07:46
  • 技工料を公定価格にしたほうがいいのか、「市場」価格のほうがいいのかも一概には結論がでないでしょう。どれくらいの年収が適当かということはわかりませんが、クラウンの製作費は8000円程度が相当であるというデータはあります。 -- 2009-12-16 (水) 12:51:48
  • 技工所が作成する技工物には、本来、保険・自費の区別はありません。技工所がFCK8000円といっても、現行制度上なんの問題もありません。(実際にそれでは取引は成立しませんが)技工料を公定価格にするのであれば、「適正」な価格を決める必要が出てきますが、現在は、「市場」がそれを決めることになっています。 -- 2009-12-16 (水) 13:40:38
  • 補綴物作成において、保険と自費の区別が無いことは承知しております。(現実にはほとんどの技工指示書にはどちらかが明確にわかるようになっており、区別されていますが・・)しかし、補綴物の診療報酬点数と技工物の料金は連動はしていることはご存知だと思います。現在の補綴物の診療報酬点数を考えると、クラウンの技工料金が8000円と言うことはありえないのです。 -- 2009-12-16 (水) 18:35:51
  • また、原価が8000円であるものを、たとえば2500円で販売することもありえる話ではないでしょう。これではどうしても経営が成り立たないはずですから。この辺は、どのようにお考えですか? -- 2009-12-16 (水) 18:38:46
  • 委託技工物は診療報酬制度とは無関係であります。もし連動していると言うのならば、発注先の不当な圧力により連動せざるを得ない状態にされているのです。委託技工物につきましてはあくまで市場により価格が決まります。その市場をコントロールしているのならば連動しているのでしょう -- 2009-12-16 (水) 19:14:21
  • [ -- 2009-12-16 (水) 19:20:23
  • 「委託技工物は診療報酬制度とは無関係であります。」は間違っていますよ。「いわゆる昭和62年大臣告示」を正確に理解されていませんね。連動しているんですよ。7:3でね。「委託技工物につきましてはあくまで市場により価格が決まります。」そうです。決まるのは市場価格で決まります。それによって、つまり連動して診療報酬が決まるのです。 -- 2009-12-16 (水) 19:24:58
  • 「委託技工物は診療報酬制度とは無関係であります。」は間違っていますよ。・・・訂正です。そうです。ただ、技工料金と診療報酬は連動しているのです。 -- 2009-12-16 (水) 19:26:08
  • >また、原価が8000円であるものを、たとえば2500円で販売することもありえる話ではないでしょう。これではどうしても経営が成り立たないはずですから。 -- 2009-12-16 (水) 19:57:19
  • だから、「不当廉売」だと結論づけています。 -- 2009-12-16 (水) 19:57:47
  • たとえ「不当廉売」であるとしても、8000円のものを2500円で売って、過酷な労働環境であるのかも知れませんが、数多くの歯科技工所がつぶれていないのはどういうわけなのでしょうか? -- 2009-12-16 (水) 20:00:51
  • 一般的が感覚を持つ人であれば、クラウンの原価が8000円だと主張するのは、どこかにうそがある、自分に都合の良いデータを導き出したとしかおもえないのでしょうか? -- 2009-12-16 (水) 20:03:06
  • 販売価格8000円のものを2500円で売っているのではなくて、原価が8000円も物を2500円で売っているということでしょう?しかも期間限定ではなくて年がら年中でしょ。これ、一般の方信じると思いますか? -- 2009-12-16 (水) 20:12:09
  • 原価が8000円。これに儲けを、仮に2000円として合計10000円になりますね。今の価格の4倍となります。歯科技工士の平均年収は「平成20年 歯科技工士 平均年収は347.2万円」(年収ラボ)よりとなっています。これが4倍になるわけで、年収1388.8万円となります。この数字はどう思われますか?・・・・・どこかにウソがなければ、8000円と言う数値は出てこないはずです。 -- 2009-12-16 (水) 20:40:29
  • どうして8000という数字にこだわるのですか?どうしてその数字から何かを導こうとしているのですか?そこに今回のこの「技工料はなぜ下がる」の答えは無いような気がしますが・・ -- 19:14:21 2009-12-16 (水) 20:45:17
  • あまりにも突拍子のない数字だからです。みな歯科さんはこの数値を支持されているのですか? -- 2009-12-16 (水) 20:48:48
  • 主張するなら、誰もが納得するデータを示すべきではないですか? -- 2009-12-16 (水) 20:51:06
  • > -- 19:14:21 2009-12-16 (水) 20:52:00
  • 連投スイマセン。>不当廉売でしたら、是非告発して下さい。お願い致します -- 19:14:21 2009-12-16 (水) 20:53:49
  • 8000・・たぶん歯科技工士会が有識者に適正価格を依頼した事がありましたよ。もしかしたらそこから来ている数字ではないでしょうか。 -- 19:14:21 2009-12-16 (水) 20:55:08
  • だから、「不当廉売」だと結論づけています。・・・これは8000円にこだわっている私が書いたものではありません。 -- 2009-12-16 (水) 21:00:03
  • 技工料金が安い、技工料金が低いと主張されるなら、製作ににかかわる万人が納得できる原価を算出し、それを世間や歯科医師に公表すると言うことをなぜしないのですか?「たぶん歯科技工士会」って他人任せなのですか? -- 2009-12-16 (水) 21:05:37
  • 単純に生活苦からの離職が多い技工士の問題点から、歯科技工士会が経済学者に依頼して算出した原価計算を元に8000円辺りだろうと。 -- 2009-12-16 (水) 21:34:51
  • 一応いっておくと、みな歯科では歯科医の経済状態の改善をするというのが最初にあって、そんな中技工士はこのまま?と言うところから始まってます。 別に歯科医院つぶしてもはらへとかはいってませんので、 -- 2009-12-16 (水) 21:37:42
  • あと実態調査はかなり表面的なもので実態を表してるとはいいがたいです。 冷静に考えて現時点で347万年収のある職業に、高校の進路指導で「辞めとけ」なんていわれますかね。 20代の技工士減ってるとは思いませんか? -- 2009-12-16 (水) 21:41:05
  • 「347.2万円」は日技の実態調査からではありません「年収ラボ:からとってきた数値です。日技の調査では「平均年収は436万円(平均年令43.5歳)」となってます。 -- 2009-12-16 (水) 21:45:30
  • 結局は技工料金を上げたいと言うことと思いますが、間違ってないですね。だとすれば、原価がこれだけなんだと言うだけではなんら解決には結びつかないと思います。その分、歯科医院の実入りが減るのですから。ここをどう解決すればよいとお考えですか? -- 2009-12-16 (水) 21:58:39
  • だーかーら、みな歯科全体を見てもらえればわかるように、歯科医の改善ありきで始まってるんですよ そもそも技工士がこういう状況なのをほったらかして歯科医だけ苦しいが世間に通じるかってとこからです。 -- 2009-12-16 (水) 22:06:45
  • あと、年収本は雑誌・ムックなんであれ、厚労省の公開資料が元のはずで、それが技工士会の調査したやつです。他にも歯科医側にしはらいい -- 2009-12-16 (水) 22:08:37
  • 失礼 -- 2009-12-16 (水) 22:09:21
  • 他にも歯科医側に支払額の調査したやつもあるはずですが、こちらは公開されてないです。 -- 2009-12-16 (水) 22:10:19
  • 「あと、年収本は雑誌・ムックなんであれ、厚労省の公開資料が元のはずで、それが技工士会の調査したやつです。」これは間違いです。技工士会の調査は、独自で行っているもので、厚労省の公表とは全く関係ありません。 -- 2009-12-16 (水) 22:13:39
  • 年収ラボも厚生労働省からもってきてるみたいだし、そこに推測を加味して100万ほど落としたのかな? -- 2009-12-16 (水) 22:14:48
  • たとえば、厚生労働省『賃金構造基本統計調査 職種別きまって支給する現金給与額、所定内給与額及び年間賞与その他特別給与額(産業計)』などがその元です。 -- 2009-12-16 (水) 22:15:25
  • 厚生労働省『屋外労働者職種別賃金調査』 とかですよ。いい加減なことは言わないでください。 -- 2009-12-16 (水) 22:16:42
  • おや? たしか技工士会の調査はそのご厚労省に引き渡す委託調査を兼ねていたはず。 調査当時「だから何時ものにほんしき -- 2009-12-16 (水) 22:17:13
  • 身内が身内を対象として行った調査を国が信用するとお思いですか? -- 2009-12-16 (水) 22:18:05
  • 身内が身内を対象として行った調査を国が信用するとお思いですか? -- 2009-12-16 (水) 22:18:05
  • 「いつもの日本歯技にのせるアンケートよりも大事だから」とかなり念押しされてたんですけど -- 2009-12-16 (水) 22:18:39
  • 信用してないから、非公開の歯科医師側への調査もしてるのでは? -- 2009-12-16 (水) 22:19:55
  • 悲しいかな国は保険の改定の一要素としての技工料金には興味あっても、技工士の経済環境はどうでも良いと思ってるのは裁判でも明らかですしね。 -- 2009-12-16 (水) 22:21:44
  • 技工料金に実態調査を公表しないのは、自由な取引である技工料金に大きな影響を与えるからです。つまりは独占禁止法に引っかかるためです。 -- 2009-12-16 (水) 22:22:11
  • ま、かりに実態調査の400万が……そうか、そっちじゃなく低いほうを例にとってたんですね、ちょっと勘違い、すいません。で、300万だとして、このままでよいと思われてるわけでしょうか? -- 2009-12-16 (水) 22:24:52
  • 国がまず考えなければならないのは、歯科医院の経営がどうのこうの、歯科技工所の経営がどうのこうのではなくて、国民の口腔の健康をいかに保つかですからね。 -- 2009-12-16 (水) 22:25:01
  • ・・と書きましたが、勿論歯科技工所の経営はどうでも良いとは思ってはいいません。 -- 2009-12-16 (水) 22:27:24
  • あれ?技工士会がわからの調査で技工料金の実態調査結果出てたはず、あえて別件で調査して非公開にする理由が独占禁止法って、さすがに無理が -- 2009-12-16 (水) 22:28:13
  • 安心しました。 -- 2009-12-16 (水) 22:29:33
  • もくう -- 2009-12-16 (水) 22:29:57
  • もう一度説明しておくと、会の趣旨は、技工料がこれぐらいと出すのは全体の一部の話で、そもそも歯科医にちゃんとした技術料が支払われていないと言うことがあります。 -- 2009-12-16 (水) 22:32:45
  • 例えば印象なんてどうでしょう?補綴ではここがすべてをきめる最重要肯定ともいえるし必要とされる技術も高度であるにもかかわらず、それに見合う対価ついてると思います? -- 2009-12-16 (水) 22:35:29
  • とにかく、評価が低いことは歯科医師も、歯科衛生士も、歯科技工士も感じていると思いますが、理論構築が全く出来ていないことです。なんとかしなくてはいけません。 -- 2009-12-16 (水) 22:36:40
  • でも、そうした部分も技工料から歯科医の裁量で補填してる今のシステムではそんな要求「技工を安いとこにすりゃいい」で終わりです。 -- 2009-12-16 (水) 22:37:18
  • そうです、それ理論構築です。 あやふやになっている部分を順に積み上げるために、ブラックボックスになってる技工に目を向けた、と言うのが本質です。 -- 2009-12-16 (水) 22:39:37
  • ほとんど歯科医で構成されるみな歯科は、当然歯科医院の現状をより深くというより危機感を持って理解してます。其の上で避けて通れない話としてこのの話を出してるわけです。聖者ではないので、「歯科医は霞食っても技工士を支えよ)と言うのではありません。繰り返しますが、誤解なきよう願います。 -- 2009-12-16 (水) 22:43:14
  • で、技工士のほうに話を戻しますが、変な話、そんな簡単に原価計算で統一とかは思ってなくて、技工士の不採算をまず自覚して、何でそうなるかと言うと歯科医の技術評価がなされてないと理解してもらって、はじめて今の保険がおかしいと言えるという(もっと細かい話もあるはずですが割愛 -- 2009-12-16 (水) 22:46:51
  • 不当廉売はそれを放置している行政の責任を追及できるものと思うのですが、いかがでしょう? -- 2009-12-16 (水) 23:03:09
  • ここで行われている議論はみな歯科発足初期のころに口角泡を飛ばす勢いで行われていたことです。課程はすっ飛ばしますが・・・結局、歯科医療煮はどのくらいのコストが掛かるのか?現在の診療報酬とどれほど乖離しているのかを明らかにする必要が有ると言うことになります。歯科医が技工士が食えないと言う話では何の説得力もないですから。そこでコスト計算の検討がなされていたのが技工料金だったわけです。ひとつは広島県技工士会が試算した「適正歯科技工料についての検討」(公開)。もうひとつが日本技工士会が経営学博士に依頼して試算した「歯科技工原価計算要領」(技工士会会員限定公開)と言うものです。これらの資料で大ほぼ同等の原価が出されています。これにより現在の歯科技工料の実勢価格が明らかに不採算であると言える根拠になりうるのです。このように診療報酬全体もどう不採算であるかを語らない限り根拠のある要求は出来ないと考えているのです。広島県技工士会の資料はみな歯科OpenWikiないにも有りますしググッテいただければ閲覧できますので興味がありましたら閲覧してください。 -- みな歯科技工士? 2009-12-16 (水) 23:57:16
  • ●下がっていません。ここ数年は上がっています。 ●「下がっている」は、差益追求志向の方々の誘導ブラフじゃないの? ●技工側では、下手系の方はサゲル以外の商う道はたくさんは無いでしょう。 ●社会保険で「製作料」と言っている部分について、製作に使われないのなら、目的外使用です。支払い基金がここに着目。 -- SHIMO? 2009-12-16 (水) 23:57:23
  • 技工料が上がっていると? つまり今下がってると言ってるところはすべからず下手だから当然ということでしょうか? ぜひそういう話も聞かせてください。 -- 2009-12-17 (木) 00:05:35
  • つまりうまい下手の問題であるなら、別の゛論が必要になるってことです。 -- 2009-12-17 (木) 00:06:32
  • FCK8,000円也に大変驚かれたようですが、この額は一般産業界での原価計算をすると経営者利益を0とした原価として出されています。実勢価格からするとあまりにかけ離れてますよね。しかし、試しに「シルバーアクセサリー オーダーメイド」でググッてみてください。私の知る限りでどんなに単純なものでも平均20,000円どんなに安くとも10,000円を下回るところは有りません。一般工業会では当然こういう価格になると言うことです。でも彫金屋さんが大儲けしてるって話もあまり聞きませんよね。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 00:07:11
  • 上手い下手は「付加価値」の問題なんです。シルバーの指輪・・・実習の時作りませんでした??ああいう物を商売として作るなら10,000円はかかると言うことです。下手でもね!下手なら二度と受注できないでしょうが! -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 00:11:03
  • ついでに言うと、歯科医の技術もそれに見合う報酬が必要ってことですよね。 例えば、自費が高いのでなく保険が安すぎると言うような。 -- 技工士? 2009-12-17 (木) 00:18:08
  • ここ数日仲間の技工士にはなしを色々聞いていますが・・・技工料金を値上げできるような話とは程遠い話ばかりです。これは自費を含めてのはなしです。ただ・・・自費に関して安さを求めるより多少高くともきちっとした物をと言う機運は高まっているように感じます。ただし、絶対量は激減してますが・・・。私の話は首都近郊の話ですが。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 00:25:30
  • 自費は見事に両極端みたいですね。下はMB6000円とか……。  -- 2009-12-17 (木) 01:18:32
  • 原価8,000円のFCKが2,500円で作れる訳がない!・・・良く言われることです。ここで広島県技工士会の資料(http://www.hiroshima-dental.or.jp/dataroom/tekiseiryoukin/tekiseiryoukin.htm)を元に考えて見ると次のようになります。事務員・営業員を各1名雇用した歯科技工所の一ヶ月の費用を考えます。一ヶ月の経費の内訳は、1償却費:121,961円、2消耗器具費:14,298円、3補助材料費:10,656円、4事務用消耗品費:3,453円、5消耗備品費:6,763円、6間接経費:506,749円となり、1ヶ月の経費の合計は:663,880円となります。これを1分間に換算すると:75円となります。・・・で全部鋳造冠の適正料金は次のようになります。直接経費が材料費+作業模型代:418+182円、作業時間: 88.6分 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 02:55:34
  • 1分当たりの経費を掛けると必要経費:6,645円となり、合計すると単位原価:7,422円となります。(日技資料では8,424円になっています) -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 03:01:59
  • つまり…直接経費(材料費)は全体の10%程度であり、間接経費を含む経費の占める割合がほとんどである。個人ラボでは事務・営業を置かず間接経費をぎりぎりまで節約しその分を利益としている。当然薄利になるので時間を犠牲にして利益の総額を上げている。と言うわけで・・・こんな時間まで仕事をしているのです。技工士で12時間労働は良い方で16時間・18時間労働なんてのも珍しくないわけです。こんな業会なら20台の技工士の8割が離職しても何の不思議もないんですね。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 03:06:23
  • どうせ徹夜になりそうなので続けますと・・・。「技工料金がここ数年上がっています」と言うのがたとえばFCK3,000円前後に値上がりしているとすれば適正な市場原が働き出した大変すばらしい傾向だと言えます。2000円台前半なら、単に安すぎた技工料が多少マシになったということだと思いますが・・・いかがでしょうか?? -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 03:22:08
  • ところで・・・現在の診療報酬でFCKの技工料金をどの位と想定した上で決められ家いるかご存知でしょうか?3120円です。所謂7:3料金ですね。厚労省が市場調査した上で実勢価格を7とし補綴点数を10として診療報酬を決めているわけです。したがって、3120円以上の技工料金を支払っていれば補綴点数はz徐々に上がっていくわけです。それ以下なら徐々に下げって行くわけです。そこをまずご理解いただければと思います。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 04:23:34
  • 「そこをまずご理解いただければと思います。 」・・・実際にそうなっているとお思いなのですか?実際には厚労省が2年ごとに行っている非公開の歯科技工料金実態調査の結果が診療報酬に反映されているとは思いませんが。 -- 2009-12-17 (木) 08:58:37
  • ↑この説は私も理解は出来ます。ただいかんせん、市場という感覚を自分達に有利にしか考えない顧客が多すぎますね。しまいには仕事を受注する委託先にそちらが料金を上げてくれればイイんじゃないか?!という奇妙な発想まで出てきてますからね・・・因みに本当の意味での実勢価格(委託技工物価格)に準じた診療報酬の点数にまで下がってはいませんね。 -- 19:14:21 2009-12-17 (木) 08:59:35
  • この投稿の上のほうで、私が書いた「上げっている」は、その後のご指摘のように「単に安すぎた技工料が多少マシになった」ということです。●下がり続けているわけではない。●歯科医も技工士も とかく社会保険点数がどうこうと言いますが、【社会保険歯科技工士】はこの国には居ない。形式的には、全員が自由経済下の歯科技工士です。●ならば、歯科医の意識を問うことも当然ではありますが_その前に、歯科技工所経営者が「自分の意思で、自分で値を決めている」という“枠構造”を直視することが大切であると思います。●もちろん、これは形式論であって、現実には社会保険の制約圧力が存在するわけですが__それでも尚、「経営者は自分でその値段をつけ、自分でその日数にて受注している」ということを自覚すべきと考えます。 -- shimo? 2009-12-17 (木) 09:01:34
  • Cr.1本の技工料(金属は別)に3000円出せますか?3000円出せないと保険のCr.が下げられて、技工料金が7000円出すと保険のCr.が10000円《1000点)になるとしたらどう考えるでしょうか?技工料金が5000円になって、保険のCr.が、上がらなかったらどうするでしょうか? -- G? 2009-12-17 (木) 11:13:24
  • 他業種を単純に考えると、新規に市場参入する場合安い値段で顧客を奪い勝ち残ったところがジリジリ値段を上げていくってのは良くある事です。技工士の場合、歯科以上に過剰だった為技工料金も低いところで安定していたのが、過剰が緩和された地域からジリジリ値上がりしてきた。今がその入り口にあたるのかもしれませんね。値段が上がっているところは規模が中規模以上か、技術的に高い位置で安定しているところではないかと予想しています。 -- azumi? 2009-12-17 (木) 11:29:35
  • Gさんの言う懸念は確かにありますね。ただ、実勢価格(委託技工物価格)に準じた診療報酬の点数にまで下がらないのは、補綴物の料金を其処まで下げると技工料金の下げ圧力になり廃業が続出でしょう。そうなると結局残ったところは上げるでしょうから診療報酬への上げ圧力も強くなり、上げたくない厚労省としてはやぶ蛇でしょうか。技工料金が5000円で保険のCrがすぐにはあがらなくても折衝の場で有利な材料の一つにはなるでしょうね。現状ではレセプトの下半分のUPは絶望的 -- azumi? 2009-12-17 (木) 11:41:49
  • Shimoさんが仰るように「下がり続けているわけではない」ですね。厚労省も市場調査のみで診療報酬を決めているわけではないでしょう。技工士の就業者数の推移、年齢構成、養成学生の推移など技工業界の状況も加味して総合的に決定しているはずです。診療報酬を実勢価格のみで決定していれば際限なく下がり続けることになります。そうなればどうなるか当然考えるでしょう。ですから有る程度のところで下げ止まらせているのだと思います。 -- mみな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 11:54:10
  • 「Shimoさんが仰るように「下がり続けているわけではない」ですね。」⇔「診療報酬を実勢価格のみで決定していれば際限なく下がり続けることになります。」この二つは矛盾した議論展開ですね。 -- 2009-12-17 (木) 12:01:45
  • 技工士は保険制度の中に組み込まれていません。上限(診療報酬内の)を決められた中での自由系経済下にいます。私も、他のみな歯科会員も歯科医療従事者の中での犯人探しをしているわけではありません。このコンテンツのように様々な切り口で議論し実体を認識するべく活動しています。仰る通り「技工士の認識」も新たにしなければなりません。歯科医療に関わる物が平場で議論し共闘しない限り問題の解決方向は見えて来ない。これがみな歯科の共通認識です。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 12:06:26
  • 技工料金の保険料との関わりを見るばあい、技工外の下げの損失を含んでることも忘れないようにしないと、下がり続けてないというご指摘の矛盾が生じてしまいますね。 -- 2009-12-17 (木) 12:43:37
  • 広島歯科技工士会の原価計算を見てみました。みんなの歯科ネットワークさんは内容を詳しく検証されましたか?たとえば、材料費。あれは定価で計算しているのですかね。消費者物価指数の調査で販売価格ではなくて、定価で算出することはありえないことです使用量も??です。たとえば、原価償却費。義歯部門とクラウン部分がごちゃごちゃ。たとえば、消耗器具費。結構雑ですね。技工士は何人を想定しているのでしょうか?複数の技工士がいるなら効率化が図れます。まず、正確な原価計算を行う必要があります。 -- 2009-12-17 (木) 13:12:27
  • 診療報酬(補綴点数)は実勢価格以外の要因も加味している為に有る程度下げ止まっている(微増・微減はあるものの)。一方、技工料金についてはあまりにも低すぎた技工料金が是正される動きはあるものの、歯科医院経営の悪化、補綴以外の不採算の圧縮の為値下げ圧力は依然として掛かってきており、値下げ要求は存在している。その延長線上で海外委託(現状では保険は不可)なども模索されている。・・・と言うのが現状だと思っています。矛盾していますでしょうか? -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 13:23:25
  • 「みんなの歯科ネットワークさんは内容を詳しく検証されましたか?」確かにこれはひとつの参考資料に過ぎません。私のところではもちろん材料も定価でが購入していませんし、これより高価な器具装置も置かれていたりします。効率かできる部分も確かに有るでしょう。しかし単位原価:7,422円のFCKが5,000円前後になるとしても2,000円台には出来ないのです。通常の労働時間内としての話ですが・・・。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 13:36:33
  • 歯科医院からの値下げ圧力が・・と言うよりも、歯科技工市場は2000年の3,500億円から20%縮小し、現在約2,800億円となっていることを考えると、需要が減り、ラボサイドの都合、つまり、他のラボとの競合のため値下げせざるを得ないという事情もかなりあると考えられませんか? -- 2009-12-17 (木) 13:45:19
  • >技工士は保険制度の中に組み込まれていません。上限(診療報酬内の)を決められた中での自由系経済下にいます。←これってオカシイ言葉ですね。こんな言葉が存在するとは思えませんね。「自由系」ってのはなんなんですかね?いいんじゃないですか、自由市場で。様々な思惑や力関係、さらには世情などが関連するのが自由市場です。別に製作料の点数をはるかに上回っても、そこに需要があれば成立はします。しかし、受け入れられなければ成立はしません。それが市場でしょ!歯科技工士はクラウン1個の料金です。しかし歯科医師はクラウン1個といえそこに至る過程がありそれらを全てまるめて完成形ですよね。製作料で赤字になってもトータルで黒字になれば問題はないですよね。もし、製作料以外も赤字とか言う方がいらっしゃいますが、それこそ委託技工をする歯科技工士には無関係な話です。厚労省に言ってくださいよって話です。試しに議員さんにでもお願いして主意質問書でも厚労省に出されたらいかがでしょうか。「自由系経済」なんて不公正取引の温床です -- 19:14:21 2009-12-17 (木) 14:24:19
  • すみません・・・単なるタイプミスです。自由経済下の間違いです。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 14:38:09
  • 技工料金が上がること、歯科診療報酬が上がることは歯科医師とってはよいことかもしれませんが、患者さん・国民にとってはどうなのでしょう。医療の質を正しく判断できない患者さん・国民にとっては歯科技工は自由経済下に置かれるのが良いことかもしれません。ただ、この場合、問題となるのは歯科技工の質の確保です。 -- 2009-12-17 (木) 14:46:09
  • まずこのページの最初に書かれた本当に正しいかもわからない「技工料は下げ止まりません」が間違いの元だ。 -- 2009-12-17 (木) 14:47:58
  • ここ数年の技工料金のUP・DOWN。実際はどうなのでしょうかね。みな歯科さんで「緊急アンケートを実施することは出来ませんか?」 設問は・・・。 1.この1年未満の間で技工料金の変化はありましたか? 2.この?1年以上2年間未満の間で技工料金の変化はありましたか? 3.この2年以上3年未満の間で技工料金の変化はありましたか?  技工物の種類によって異なるかもしれませんので、クラウン系と義歯計に分けて。そして、歯科医師に対する設問と歯科技工士に対する設問に分けて。いかがでしょうか? -- 2009-12-17 (木) 16:23:15
  • 厚生労働省【保険局】歯科技工料金調査・・平成17年度予算額3,898千円 -- 2009-12-17 (木) 16:28:57
  • 歯科技工料金調査費(S54〜)歯冠修復および欠損補綴物の各診療行為別の託技工料金の実態を把握し、診療報酬点数算定の基礎資料を得る。2 年に1 回の調査。20 年度予算額0 千円 21 年度要求額6838 千円 対前年度6838 千円 -- 2009-12-17 (木) 16:30:14
  • 本コンテンツの表題が適切でないと言うご指摘はご意見として承りました。本コンテンツは技工問題の解決に向けてのひとつの切り口としての議論を公開したものです。その趣旨をご理解いただければと思います。したがってこれが唯一の正解、解決策と言ったモノではありません。みな歯科では様々な方向から分析検討を会員冠で自由に活発に行い、各方面への発信をしているものです。苦言・忠告・ご意見を今後ともよろしくお願いたします。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 16:33:18
  • 厚生労働省【保険局】歯科技工料金調査・・ ⇒ あれは、「正確」であり、且つ「虚構」です。●どういうことかというと__個別項目ではまぁまぁマトモナ統計手法を用いている。同時に、その個別項目を合算し過去比する段階になると、平然と恣意的な組み換えを行い「おおむね七割の範囲内にある」という統計を作り出します(金田誠一議員による質問への回答が代表例)。●この意味で、正確であり且つ虚構なのです。★ですから大切なことは、あとは、本当の個別統計を正常に束ねる計算のところについて、倫理ある政治家が監督することですね。 -- shimo? 2009-12-17 (木) 16:54:45
  • 「厚生労働省【保険局】歯科技工料金調査」・・・このブラックボックスが明らかになると歯科界は大混乱に陥るかも知れません。 -- 2009-12-17 (木) 17:21:46
  • 歯科技工士は何もしませんし、語りもしませんよ。なぜなら開業歯科技工士の半分がもう先が見通せる所に来ています。つまり各種ローンや子供の独立などが見通せれば自ずと守りに入ります。ですから何もしないですね。その年代の方々だって昔は頑張って声を挙げていた方々だとは思いますが、力不足だったのでしょうか、ことごとく歯科医師会に潰され、さらには日技にも虚偽の情報に踊らされいかんせん疲れたのでしょう。これも時代と言えばしょうがありませんね・・・・すべての歪の解消は需要と供給のバランスを維持してきた歯科技工士がいなくなった頃でしょうね -- 19:14:21 2009-12-17 (木) 17:36:44
  • 「需要と供給のバランスを維持してきた歯科技工士がいなくなった頃でしょうね」・・・単純にそうとはいかないと思います。上に書きましたが、この10年で歯科技工物市場は20%減少しています。歯科の1件当たり点数では、歯冠修復及び欠損補綴が占める割合は、平成12年の50.1%から、平成20年の42.8%へと減少しています。歯科疾病構造の変化によりこの傾向はこれからますます強くなることが予想されます。ただ、歯科医療は価格弾力性が高く景気に左右される部分が大きく、また制度によっても大きく影響されるので(たとえば患者負担が3割負担が2割負担になるとか)、そのことは念頭に入れておかなければなりませんが。 -- 2009-12-17 (木) 19:14:09
  • 料金が低い、低くはないといってる人もいるので、技工の実働数(資格もちじゃないよ)が減り続けてるような料金体系と言い換えますが、とにかく現状の料金体系が今後も歯科医療を維持し続けるに足るかどうか、まずそこから考えてみません? -- 2009-12-17 (木) 22:12:19
  • 今のFCK千いくらかの料金で正しい、当たり前、それで低いなんていってるやつはへたくそだ、それはそれで正しいとして、今後もこれで維持できるとお考えの方がそういう発言だと思うのですが、どうなんでしょ? 一部の「巧い」技工士がもっと料金取ってるとして、そこを基準にして今後も維持できるんですね? -- 2009-12-17 (木) 22:15:53
  • 「技工の実働数(資格もちじゃないよ)が減り続けてるような」→歯科技工数は平成12年をピークに微減を続けていますが、平成18年35147人が平成20年では(最新データ)35337と190人増加しています。 -- 2009-12-17 (木) 22:17:05
  • shimoさんの「正確」であり、且つ「虚構」、なるほどと納得です。 どう考えても現実にそぐわないと思ってたんですよ、あれ。 -- 2009-12-17 (木) 22:17:57
  • 「どうなんでしょ?」・・・上の上の書き込み、意味不明です。わかりやすすくお願いします。 -- 2009-12-17 (木) 22:19:26
  • 歯科技工数は平成12年をピークに微減を続けていますが、平成18年35147人が平成20年では(最新データ)35337と190人増加しています。 これ、ほんとなのかな? だってここ数年で学校自体が凄い数へって、新卒自体学校一つあたり何十人って単位できえてるのに,実際は仕事してないけど、転職できなくて技工士にしてるとかも込みでしょ? じゃナイトどうもおかしすぎる。 それとも都会じゃ学校乱立で局地的に増加したりしてるんですかね? -- 2009-12-17 (木) 22:24:08
  • 免許を取得している者のうち就業している者で業務に従事する就業地の都道府県知事に届け出のあった数です。届けでなして歯科技工所を開設してた場合は含まれないのかもしれません。 -- 2009-12-17 (木) 22:29:14
  • ああ、つまりどうも読んでると「技工料金が下がってるなんて嘘」と言う意見があり、その後の展開が「技工料を上げるなんてとんでもない」という気持ちからの意見のように見えるものですから、そういう意見を持つ人は現状肯定なわけじゃないですか? ということは今のままで鹿は維持できると言うことだろうから、それはどうしてそう思うのかなと思ってしまったので、其の真意を聞いてみたいなと思った次第です。  -- 2009-12-17 (木) 22:30:08
  • 従事者届けか、たしかに仕事申してないけど機会があれば戻りたいからと、また手続きだけしてるとかいう人いるしなぁ、不況で転職先がだめになって帰ってきたパターンもありそう。 「手続き上の数」ではなく、それで生活してるかどうか的な意味で離職のこと言ってました。 これが国がのんきな理由なのかな? -- 2009-12-17 (木) 22:35:24
  • 「苦しいからもっと技工料金を上げてくれ」だけでは世間に通用しないと言うことです。どこをどう攻めれば良いのか、具体的な案が示されてきませんね。愚痴だけではだめでしょう。明確な戦略が必要です。 -- 2009-12-17 (木) 22:37:41
  • 正確なデータなしで考えても限界があります。大事なデータは厚労省が握っています。これが大きなネックです。 -- 2009-12-17 (木) 22:44:08
  • いやいや、離職とか不良技工物とか、すでに「技工士が苦しいって言ってるだけ」をだいぶはみ出してるんですけど、それは国民の不利益と思うんですけど。 さすがに技工問題をただの愚痴とくうのは、歯科医さんならちょっと認識不足ですし、技工士なら自虐的過ぎません。 -- 2009-12-17 (木) 22:44:26
  • 苦しい業界は今たくさんあります。歯科技工業界だけが特別苦しいわけではないでしょう。 -- 2009-12-17 (木) 22:47:27
  • あと、技工士内部の問題、問えば納期等に現れやすい仕事意識の低さ、コンプライアンスの欠如、労働問題に現れるモラルの低さ、安易な開業、価格維持を心がけない市場感覚 -- 2009-12-17 (木) 22:47:42
  • 書きかけでした、とにかく技工士にも問題はありますが、今回は不当廉売についての問題提起です。 -- 技工士? 2009-12-17 (木) 22:49:40
  • 苦しい業界は今たくさんあります。正論です。 でもその他の苦しい業界はそれぞれに自身はもちろん、国に世間に良くなるための努力や訴えをしています。 逆に技工士だけがさらに耐え続けねばならない理由は何ですか? -- 技工士? 2009-12-17 (木) 22:51:48
  • 歯科技工士も世間に訴えているのでしょう。正当な主張なら、それを続ければ結果は出てくるでしょう。、、、しかし、現状は歯科技工士がそのために活動しているのは、一般的には見えてきていないでしょう。介護などはその過酷な労働環境がメディアをにぎわせています。歯科技工士の件はほとんど目にすることがありません。歯科技技工士は自身の問題として捉えていないのではないかと悲しくなります。努力が足りないのではないでしょうか?なぜ、もっと歯科技工士自身が主張しないのですか? -- 2009-12-17 (木) 23:01:01
  • 一応たたかれつつもこうして訴えてるんですけど(トホホ)。 でも「歯科技技工士は自身の問題として捉えていない」は非常に鋭いと思います。 技工士はとっくに絶望を通り過ぎてなげやりになってるところはあります。 歯科医師会はとことん裏切ったし、技工士会も裁判など意見をいう機械があったのに無視を決め込む不可解さ、さら業界の値下げをリードする大手が「技工料は今の値段で十分」と声を張り上げれば、値段に不満を言うと努力不足とたたかれる、そして自分の取引でおきる不当廉売、みんなもうつかれきって、そして業界を変えるより辞めていくほうを選ぶんですよね。 でも、今残ってるなら、他の苦しんでる業界同様少しでも良くなるようにあがくべきなんです。 ご意見のとおり、まだまだ努力が足らないのです。   -- 技工士? 2009-12-17 (木) 23:09:58
  • 国民が動けば、国民が理解できれば、政策は変わります。そのために歯科技工士はどのような活動をされているのでしょうか?世間の目に触れる行動を・・。 -- 2009-12-17 (木) 23:10:18
  • 歯科技工料が安いと訴えるのは歯科医師に対してだけで良いのですか?国民に売ってないのですか?このサイト、歯科関係者以外が覗きに来るとは思えません。こういう場での議論も勿論必要でしょうが、コップの中で騒ぐだけでは、一向に改善しないでしょう。 -- 2009-12-17 (木) 23:13:55
  • メディアと懇談する、政治家を使う、行政と話をする、いろいろと方法はあるはずです。私は歯科医師ですが、年に何度もそれらの方と話をしてますよ。(別に歯科医師会の役員とかではないですよ。個人的なつながりです。)一人一人が自分の業界をよくするための活動を積み上げていけば、変わるものがあるはずです。 -- 2009-12-17 (木) 23:18:04
  • そうですね、できることを一人ひとりやれば何がしらの動きにはなるはずです。 -- 技工士? 2009-12-17 (木) 23:30:10
  • 歯科関係者以外が覗きに来るとは思えません。 実はそこは悩みどころなんです。 こうした技工問題の提起も歯科医たたきではなく、「だから歯科を改善しなきゃ」につながらないと意味ないんですが、そのためには、言われるとおりコップの外に見てもらわないといけないんですよね。 何か良い案ないでしょうか?  -- 技工士? 2009-12-17 (木) 23:42:06
  • 「メディアと懇談する、政治家を使う、行政と話をする」サイトをご覧ただければそうした活動をみな歯科として行ってきたことがお分かりいただけると思います。今後もそれは続けて行きます。そして少なからず我々の主張が取り上げられつつある実感を持っています。まだまだ道半ばもっと努力をしなければなりませんが・・・。 -- みな歯科技工士? 2009-12-17 (木) 23:49:37
  • 残念ながら開業歯科技工士と委託技工物については厚労省などは、あくまで歯科医師の範疇に留めておきたいのが本音でしょう。つまり元々の歯科技工士の発生のままです。病院勤務の歯科技工士とは立ち位置は全く異なります。これらを打破しようとした時期もありましたが、全て潰されましたね。。。この国の国民はその時が来ないと危機感を感じません、そして歯科業界も同じです。今、この様に皆様がコメントを残すのも危機感のひとつの表れかとは思いますが、私が考えるには技工士ではなく歯科医師が変わらなければダメなんですよ。自分達のテリトリーから外に目をむけ、社会人として立ち向かう勇気が無ければ歯科業界は変わることはないでしょう。一番難しいのがこの「社会人」としてなんですがね・・・無理かな・・・・。それでは良いお年をお迎え下さい -- 19:14:21 2009-12-18 (金) 13:30:48
  • 議論は大事ですが、理屈はいたって簡単ではないでしょうか? -- hisashi? 2009-12-19 (土) 14:52:48
  • すいません中断してしまいました。要は歯科医が自分が技工士だったら、こんな値段では出来ないという値段があると思います。お互いがお互いの立場を慮って考えれば自ずと解決するはずなのです。もっともそんな歯科医はいないと言われたらおしまいですが・・・ -- hisashi? 2009-12-19 (土) 14:57:41
  • みな歯科の皆さん、ホテツ点数の仕組み、上げる仕組みが岩澤論文だと理解しているのであれば、上げるために2年間、歯科医師が身を削って歯科技工士と歯科技工料金を支えて見せてくれたらどうですか。遠まわしに上げる仕組みを言うとか、技工士が理解しないからだとか言う前に、今の制作点数をまんま10割歯科技工士に提供して、それでも足りないのだと行動するべきでは。おにぎり一個分ほどをお情け程度にアップするのではなく、中医協や保険者や国が歯科技工士を支えないなら、ご自身たち歯科医師が技工料金アップが反映されるまでの2年間を実際に支えて見せてくれたらどうですか。自分たちが現実には支えもしないまま、中にはもっと払っているとい方も居るのでしょうが、そうではなく、すべての歯科医師や歯科医師会が現実に製作点数でも足りないと言う分を含めて、身銭を切ってでも歯科技工士を支える、現実に支払うと言う行動を起こせば、岩澤論文の検証にもなるでしょう。 -- G3? 2009-12-19 (土) 22:57:32
  • 資格的には独立したものなんだから、歯科技工士法や歯科技工士の諸問題をどうにかしなきゃいけないのは、当の歯科技工士なのは当然であるが、しかしだ、自費、保険問わず、歯科技工によって作成されるホテツ物が歯科医療に必須のものであるならば、歯科医師やその組織が一方的に歯科技工士にだけに何とかしろと言う事は出来ないはずだ。そんなのあまりにも無責任と言うものだ。海外委託や自由な自費診療ができなければ、患者さんの選択肢を奪うとか為にならないと言う舌の根も乾かないうちから、いざ保険技工や歯科技工士が崩壊した現実に直面すると、そして頼みの自費自体が総崩れになりそうになると、いきなり歯科技工士に向かって保険技工でもやっていけるようにするべきだ!ときた・・アホか、こいつは。国が支えず保険者も支えず、中医協は賄賂でダメにした。では、歯科医師たちは、歯科医師会は歯科技工と歯科技工士を支えようとしたのか?怒りの矛先をこちらに向けるなと言われても、では、あなたたちはいったい何をしてくれたのだと。それと、お願が一つある、患者さんの質問箱を読みなおしてみたが、回答があまりにも酷い。人を馬鹿にしたような突き放した回答、言葉が多すぎる。何でも聞いて下さいと謳っているのだから、例え下手に応えて責任問題になったら困るとか言うような、そも、質問してくれと行っているのにあまりにも無責任なみな歯科の事情があろうとも、もっと丁寧な文言はあるだろう。質問にお答えになったみなさん、今一度ご自身の回答を読みなおしていただきたい。 -- G3? 2009-12-20 (日) 11:50:37
  • G3 -- 2009-12-20 (日) 19:55:55
  • G3さんて何者?「・アホか」って、なに?みな歯科さんの会員ではなさそうですが、こんな方には書き込みしてほしくないですなぁ。 -- 2009-12-20 (日) 19:57:39
  • つまりですね、食い扶持を他に求めているだけで根幹には触れられない弱さがあるんですよ。なぜ触れられないかと言うと怖いのですよ、医療とはかけ離れたしまった己の立ち位置を見るのがね。振り返るといつも食い扶持を探し続ける日々ですよね、その食い扶持を皆保険だ患者さんだ、とか聞こえのイイ言葉を駆使するから行き詰まり、結局は自分達の立ち位置を振り返ってしまう・・・今までやっきた事は厚労省だって社会だって皆知っているのにそこを上手く避けていては見透かされるだけなのに、そこにあえて触れようとはしない。G3さんの書き込みにあるように患者さんの質問コーナーへの回答を見ればわかりますよ・・・自分達の居場所としてみな歯科があるという事が。他は二の次・・・・・自分達の食い扶持が維持できるなら死にかけた歯科技工士諸君にもう一働きして頂きましょうって話よね。「アホか」 -- 19:14:21 2009-12-21 (月) 13:38:18
  • なに言いたいのかわからん -- 2009-12-21 (月) 17:15:34
  • こういう単なる感情的な考えでは物事は解決しないのではないでしょうか?歯科技工士と歯科医師の対立を煽って何の意味があるのでしょうか?進むべき方向は逆なのではないでしょうか? -- 2009-12-21 (月) 19:06:00
  • 「診療報酬が低いから、そんなには技工料は払えない。」「診療報酬と技工料とは関係ない。技工物を作るのに必要なコストを支払うべき。」・・・・・これを埋めるには、歯科技工士を保険制度の中に組み込む必要があるのですが、歯科技工士が保険に組み込まれたからと言って、十分な技工料が補償されるとは限らない。・・・議論は永遠に続く・・・です。 -- 2009-12-23 (水) 12:48:26
  • 技工料が下がる理由はかんたんでしょう! -- 2009-12-23 (水) 16:51:28
  • 技工料が下がる理由はかんたんでしょう!技工士にはバカが多いからです。大手技工所シケンや成田などが低レベルの営業マンを使って仕事を安く取り仕事の少ない技工士に丸投げしてしかもそれを大手がピンハネしてるからでしょう!!。 そんなやつらは、早く死んでもらったほうがこの業界には、いいんじゃないでしょうか!? -- 2009-12-23 (水) 16:59:55
  • 技工料金が下がることは、国民にとっては良いことなのか、悪いことなのか。これが、一番大切な視点であるはずです。 -- 2009-12-23 (水) 22:14:24
  • 少し冷めましょうよぉ?それぞれの人物にはそれぞれの背景があり、それぞれの理解がある。 ●どのカキコにも「納得できるワンフレーズ」はあると思う。違いもある。失礼の有り得る。そこを互いにおもんばかりつつ読み込みたいから。 ●本件が「犯人探し」で解決しないことだけは確かだと思います。 ☆歴史に立ち返るお話をひとつ出したい == 昭和40年代に歯科技工需給は著しく歯科技工士に有利に作用した。社会的モノサシでも技工の質でも「たいしたことの無い者ら」(失礼!)が、三年で新築の返済を終えた。 ●歯科医師会は、過剰養成策を戦略的に開始し、十年を待たず達成させ、技工料を十二分に下げることに成功した。 ●厚生省はこの仕組みに協力した。 ★ここで、全ての歯科関係者に問いたい__ 峪科界は、社会的に恥じないレベルの治療と補綴を提供し続けてきたか?」 ◆峪科医師と歯科技工士は、相当程度を『やり直し』によって食ってきたのではないのか?」 ◆だから・・・やはり歯科人は、他者を責める以前に、自分たちを振り返ることから始めたい。 -- shimo? 2009-12-25 (金) 17:54:05
  • かなり前の話ですが、そのころお付き合いのあった先生が高額納税で名前が載ったことがありました。その時「こんな金額の税金を納めるなら、その一部でも技工料に乗せてくれたら・・・」と思った事があります。国は税金をとることが一つの仕事ですから期待は出来ませんが技工料の補綴点数に占める割合に応じて、先生方の事業所得に対する減免比率を高めるというような要望を歯科医師会・技工士会などが連携して要望するというような事はできないでしょうか? -- 2010-01-25 (月) 13:40:25
  • そうすれば先生方の懐具合は変わらずに技工料も上がり、その分技工士もいい仕事ができ患者さんも喜ぶ事で先生方も患者さんが増えるというWin-Win-Winの循環が作れるのではないかと思いますが・・・ -- 2010-01-25 (月) 13:44:49


添付ファイル: file技工料はなぜ下がる?.pdf 1610件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2010-01-25 (月) 13:44:49 (2650d)