Top / 金パラ価格改定計算式解説




金パラ価格改定計算式解説


金銀パラジウム合金の価格変動は歯科医院の経営を大きく左右します。

金パラの価格は、2008年に入り急騰しましたが、現在(2008/04)はやや下落しています。

今年(平成20年)4月の診療報酬改定で、金パラの価格が改定されましたが、
今年に入ってからの金パラの価格が十分に反映されていないとの不満も多く出ています。
この金パラの改定価格の決定方法は、きちんと数式で示されていますが、
それについて深く考えたことのある方は少ないのではないでしょうか。


そこで、この計算式を分かりやすく(?)解説してみたいと思います。

ただ、一部不明な部分もあります。
詳しい情報をご存知の方が居られましたら、「みんなの歯科ネットワーク」までお知らせいただければ幸いです。

(情報はコチラ↓のページからお願いいたします。)
http://www.minnanoshika.net/toiawase.html

                                  2008/04/25
                                  みんなの歯科ネットワーク グズ & チュー






ご感想、ご指摘等あればお願いいたします。



添付ファイル: file金パラ価格改定計算式解説.pdf 5868件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-01-24 (土) 13:19:18 (3134d)