Top / 契約機能付き技工指示書





【契約機能付き技工指示書】




みんなの歯科ネットワークではより良い歯科医療の実現の為に独自の技工指示書を考案致しました。


この技工指示書は【契約機能付き技工指示書】と呼んでいるもので、契約は一症例ずつ締結され、依頼者の模型適合確認で契約終了となります。

これは歯科医院が補綴物の作成を依頼するときに使用する現行の「技工指示書」を始めとした医療記録について「医療を受ける患者に説明義務を尽くしたものか」という疑問から生まれ、問診表、カルテ、領収書などと整合性を持たせた一連の医療記録作成の一部を構成する「補綴物のカルテ」と言えるものです。

そしてこの「補綴物カルテ」により、医院と歯科技工所が各工程で責任を持って相互に確認し、進行の過程を記録し、「契約」という方法で「法的な責任」を持たせることが可能となり、自らの仕事が正当で確実な品質であることを証明することが可能なのです。




●問題とされている海外委託など無資格者による歯科技工物防止に役立つとも考えています。


●応分の責任範囲を明確にすることで一方的な受注関係から脱却し、対等な立場で製作にあたることができるとも考えています。


●歯科医院にとっては全てを法的に残すことで、理不尽なクレームや訴訟に対応できるメリットがあります。


●患者さんにとっては安全が担保されない歯科技工物を排除できるメリットがあります。


●技術的なフィードバックが得られる





現在、試験運用中です。


クリックしてご覧ください。↓







(2008/09/09付け 日本歯科新聞で契約機能付き技工指示書が紹介されました)

日本歯科新聞.jpg




ご覧になって、ご意見・コメント等あれば、是非お願いします。

  • まだまだ改良を続けるべき、検討を重ねています。 -- 2008-09-25 (木) 16:43:23


この【契約機能付き技工指示書】は、さらに発展させて「みんながわかる技工指示書」としてサイトにUPしています。
こちらも是非ご覧ください。


みんなの歯科ネットワーク3つの提言

http://www.minnanoshika.net/zitugen/index.html


添付ファイル: file契約機能付き指示.pdf 2498件 [詳細] file日本歯科新聞.jpg 1225件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-04-05 (日) 09:28:22 (2946d)