Top / 混合診療 / 歯周治療と補綴処置

絵に描いた餅?文章の中のブリッジ、義歯?では食べられません !

今、会の中で

……国会での桜井議員の質問---「歯周治療と補綴は両立していいのか」……

……厚生労働省の返答---「一般的に望ましくない」……

この部分で問題が起こってきそうだと話題になっています。

歯周治療とは、一般に歯槽膿漏の治療のことで、補綴(ほてつ)とは冠を被せたり、歯を失った所に入れるブリッジ、義歯を装着したりすることの総称です。
上の厚生労働省の返答から、口の中全体で歯周病の治療が完全に必要がなくなるまで、義歯やブリッジが、入れられないということにつながる恐れが出てきています。

例えとして一般の生活習慣病で考えてみると、胆石の手術を受けようとすると生活習慣病の高血圧や糖尿病があるからこれを改善してから手術をしましょうという事は、良くある話です、でも 高血圧や糖尿病のお医者さんによる管理が必要なくなるまで(つまり完治するまで)手術をしませんと言われたらどうでしょう?

普通、お医者さんの指導管理の下で投薬などの処置を受け、基礎疾患の症状がある程度安定して改善してきたら、早々に手術を受けるのが通常ですね。

歯周病の場合でも、症状が安定して改善してきたら、まだ歯科医による歯周病の指導管理下であっても 歯周病が落ち着いたところから 早期に義歯や冠・ブリッジを入れて、咬みあわせを安定させ、まだ弱い歯に咬む力を集中させないようにし、さらに歯周病を改善させる必要があるのです。咬み合わせの管理は歯周病を治療する上でとても重要なポイントなのです。
ところが、ここで上で述べた問題が引っかかってきます。

「入れ歯を入れてくれ」「咬めるようにしてくれ」と歯医者さんに行っても、歯周病が完治し、治療の必要がまったくなくなるまで補綴処置が出来ないとなると、いつまでも咬めないままで過ごすことになってしまいます。患者さんの目標はあくまでも、「噛めるようになりたい。」なのですが……。

その時のためということで、歯周装置という仮義歯や仮歯が保険の項目にはありますが、歯周手術をした時だけとか、とても採算に合わない(赤字を覚悟で治療しなければなりません。コストを吸収するほどの診療報酬は設定されていないのです。)保険上の制約からまさに絵に描いた餅、誰かの机の上の文章にあるだけの義歯や仮歯となっています。

そして、保険で補綴が早期に出来ないということになると、保険の中の補綴処置は、絵に描いた餅、文章の中に書いてあるだけの処置になってしまい、自費で全額自己負担で補綴処置をしなければならないことになってしまう可能性がでてきます。

今でも、混合診療という名前で、全額自己負担の項目を増やそうという流れがありますが、保険の中に書いてある処置が絵に描いた餅、文章の中にあるだけの義歯で、実際には全額自己負担しなければならないようになったとしたら、はたして、患者さんが求める医療といえるでしょうか?

必要な項目が絵に描いた餅のように実際に出来ないようになって、保険の財政が助かる?
そんな保険診療の守備範囲が狭まることへの心配が増えてきています。

   by グズ







NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-06-17 (日) 17:44:09 (4047d)