Top / 裁量権と制限






sairyouken.jpg



医療提供者は本来、医療を行ううえでは、
患者の自己決定権を尊重しつつ、
医療提供者の考えうる最良の医療行為を
選択するはずである。
「ガイドライン」「指針」といわれるものは存在するが、
あくまで、ガイドラインであって
最良の選択は患者ごとに違う場合も少なくないのである。
その選択こそが医療提供者の裁量権であり、
臨床の場でそれが存在しないということは
医療提供者の存在価値すら危ういものにするだろう。



続きはファイルを開いてお読みください。↓





ご意見・ご感想などお聞かせください。

  • 裁量権とは、憲法・法律適用排除の超法規的権利の主張です。裁量権との権利は、我が日本国憲法の何処にも明文の無い権利:超法規的権利・治外法権の主張です。個別具体的な禁止明文規定に反しない限り行使出来る権利との意味として、行政・裁判所を初め、民間企業でも広く使用されています。日の丸敬意・君が代斉唱強制に対する地裁・高裁判決も「行政の裁量権の存在」を、唯一の根拠として、「憲法の思想信条の適用排除での判決」を行っている事でも解るとおり、憲法・法律適用排除権とされているのが、裁量権ですから、「憲法の規定すら排除出来るとの意味での超法規的権利」として、主張されているのです -- A・K(アック)社会制度存在意義研究所? 2009-01-16 (金) 04:20:35


添付ファイル: file裁量権と制限.pdf 1609件 [詳細] filesairyouken.jpg 572件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-01-16 (金) 04:20:35 (3051d)