Top / 歯科は混合診療が解禁済みなのか


kongo.jpg



歯科医同士で話をしていると、

よく「自費でないといい治療が受けられないことなんか患者さんはわかっている」

という主旨の言葉を耳にします。


何も、結果として実際そうなのか、或いは誰かが吹き込んだのかについて、ここで話をしようというのではありません。


ひとつだけ言えることは、

この「患者さんはわかっている」という認識が全くの誤りだということです。

世間のほとんどの人たちは、歯科は混合診療が解禁済みだと思っています。


医療関係者だってそう理解している人が多いでしょう。

私は、開業医師の方にも、病院勤務医師の方にもそういわれたことがあります。


だいたいこんな科白が出てくること自体、当の歯科医だってもうひとつ理解していないことの証拠でしょう。




クリックしてお読みください。↓

file歯科は混合診療が解禁済みなのか.pdf




ご意見・ご感想などあればお願いします。

  • 「保険だけでは歯科医院の財源が全く不足し、提供することが困難そして不可能であるということです。」・・・こんなの歯科医院の勝手でしょう。それを堂々と書くなんて・・・ -- 2010-02-08 (月) 13:31:33
  • ● 基本技能の足りない歯科医は、自費・保健に関わらず、下手は下手です。 ●基本技能の足りない歯科技工士は、何万円もらおうが、できないものはできません。技能限界なのです。 ☆縷縷考えますに、「混合診療」という用語の定義の詳細な整理は必要ですが__日刊新聞的日常用語として(つまり厚生労働省保険局の技官における用語使用法ではなく)の混合診療は、歯科では既に解禁されていると、私は考えています。 ●冒頭に帰りましょう。つまり、倫理と技能をあるレベルで保つ歯科医が、保険でもちゃんと作ってしまう歯科技工士に委託した際に、保険外でも保険内でも(!)、患者には合格の歯科医療が供給されるのだと思います。 -- RDT shimo? 2010-02-09 (火) 10:46:14
  • 歯科でも勿論混合診療は認められていません。認められているのは自費への移行だけです。 -- 2010-02-09 (火) 10:52:17
  • 最初の方へ。2人目の方の文にある「倫理と技能をあるレベルで保つ歯科医」が、丁寧に、良心的に「患者さんに合格の歯科医療が供給」されたとたんに、それは不採算、赤字となってしまい、逆に倫理と技能を持たない歯科医が行う歯科医療なら経営が成り立つ、とお話すれば、ご理解頂けるでしょうか?要するに、医療の質の評価がないのです。本文にある「いくらいい治療を行おうとと思っても」を「いい治療を行おうとすればするほど」と置き換えれば、いかがでしょう? -- ? 2010-02-09 (火) 11:31:50
  • ● ↑にお書きの「それは不採算、赤字となってしまい」は正にそのとおりで、歯科における社会保険点数の低さは、もはや基本的人権問題であるとも御思います。 ●しかし同時に、この問題を正面から解決しようという姿勢が歯科界に無かった。歴史を辿れば明らかです。●歯科医は「モノに価格を付けて患者に提示している」ことをまずは止めるべきです。 ●もう一言__医科では、保険証の執行している方や外国籍の方が診療にきたら、「社会保険が不適用」なので、社会保険点数の10割を本人から窓口で受け取ります。 社会保険の制度そのものへの思考を高めるべく混合診療を語るのであれば、まずは、点数の低さのハナシを混ぜずに(!)、構造論として語らなければならないのですよ。●ここのところを今でも多くの歯科医は分離せずにお話になられる__。●変えましょうよ。 ●ちなみに、歯科技工士たる私は、社会保険歯科技工所制度が無いので、すべての対価や行為が非社会保険です。ここを強く自覚しています。それは、安いとか高いとかいうか価格論とは別な議論であって、まずは経営権行使者たる私が、「社会保険歯科技工」はこの国には存在しない__と自覚したうえで、個別に“行為の報酬”として対価を提示し、日々なりわっているのですよ。 ●歯科医にも、こうした、価格の高い低いハナシと社会保険構造論とを分離しご思考いただきたい。その経過を辿るったときに初めて、保険局の「歯科はモノで稼いでいるんだからこれで大丈夫でしょ」とのほくそえみにものが言えると感じています。 -- RDT shimo? 2010-02-09 (火) 11:49:51
  • ↑「構造論」だけじゃわからない。どんな構造論? -- 2010-02-09 (火) 14:10:21
  •  確かに、様々な構造論がありましょう。●たとえば、「何をどう区分し、点数を貼り付けているか?」という、枠の構造論。●いわゆるマルメは、点数合算ではなく、一部のゼロ化として機能されてきた。●たとえばこういう場合に、歯科界(つまり対外実態としては日本歯科医師会)は、猛然と抵抗したか__という疑問を抱くのです。●たとえば「入れ歯の点数」は、モノの値段では無く、行為の報酬です。だから、『モノと技術等』の分離という場合には、いればという有体物は、「歯科医療の用に供する個人用調整行為」という行為として、「モノと技術等」の“等”に含まれていると聞きました。 ⇒ 本当ですか?●もしもそうなら、入れ歯はモノだが、保険歯科医による行為を点数に評価した__となるわけです。●たとえばこうした区分について、構造論としてもっともっと議論し、自分たちで修正案を提案てほしい・・・そういう私の希望です。 -- RDT shimo? 2010-02-09 (火) 15:55:01
  • いわゆるマルメは、点数合算ではなく、一部のゼロ化として機能されてきた ⇒ ● では、すべて保険局と日歯だけが悪いのか==答えは“否”と言わなければねければなりません。●たとえばラバーダム==ラバーの生産量の数十倍も請求されていたとか__。これに限らず、こうした不正実態によるゼロ化はいくつもありましょう。 ●次は、鋳造バーの金属でしょうか。総生産(技工実態)における銀パラと卑金属との割合と、保険請求上のその割合はどの態度の乖離か? ●こうした考えると、歯科技工士を含め、やはり「他者だけが悪い」とはいえないのでしょう。 -- RDT shimo? 2010-02-10 (水) 17:23:47
  • 保険診療はがくもんではなく -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:04:19
  • 保険診療はがくもんではなく -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:04:20
  • 保険診療はがくもんではな -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:04:20
  • 保険診療はがくもんではな -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:04:21
  • 保険診療は歯科医学ではなく、約束事(保険診療という)の上に成り立っているもので、学問優先の診療をしたければ保険医など辞めてしまえばよいと思います。 -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:09:05
  • 保険診療は歯科医学ではなく、約束事(保険診療という)の上に成り立っているもので、学問優先の診療をしたければ保険医など辞めてしまえばよいと思います。 -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:09:56
  • 保険診療は歯科医学ではなく、約束事(保険診療という)の上に成り立っているもので、学問優先の診療をしたければ保険医など辞めてしまえばよいと思います。 -- 白土? 2013-06-05 (水) 20:10:26
  • 診療は、本来医学に基づいて行われるものだと思います。保険の約束事は、医学に基づいていないというとでしょうか? -- sato? 2013-06-06 (木) 19:25:55
  • 詳細は避けますが、建前と本音、最良の医療を認めていたのでは国の財政は破綻します。 -- 白土? 2013-06-07 (金) 09:24:11
  • 何度も同じコメントを載せましてすみません、操作ミスでした。 -- 白土? 2013-06-07 (金) 09:25:44
  • 保険ルールの枠=学問と良心、がイコールであれば幸いと思いますが??? -- 白土? 2013-06-07 (金) 09:33:59
  • 国の財政を破綻させないために、保険診療は、医学に基づかないものになっている、ということでOK? -- sato? 2013-06-07 (金) 10:24:14
  • 国の財政を破綻させないために、保険診療は、医学に基づかないものになっている、ということでOK? -- sato? 2013-06-07 (金) 10:24:25
  • 学問が先かルールが先かなら学問が先だと思うけど。だいたいみんな勝手に最良の歯科医療を決めてるのが現実でしょ。 -- とおりすがり? 2013-06-07 (金) 20:30:54
  • ルールがなかったらめちゃくちゃになるよ。歯科は -- とおりすがり? 2013-06-07 (金) 20:32:40
  • >だいたいみんな勝手に最良の歯科医療を決めてるのが現実←これは、医学に基づいてる、とはいわないですよね。 -- sato? 2013-06-07 (金) 23:14:56
  • >ルールがなかったらめちゃくちゃになるよ。       「医学に基づく」と「ルールがある」ということは相反しないですよね。 -- sato? 2013-06-07 (金) 23:17:09
  • 保険診療は基本的に医学に基づいたルールだと思いますよ。ただそれを使っている歯科医師が自分なりの最良の歯科医療を勝手に -- とおりすがり? 2013-06-08 (土) 10:08:10
  • 持っているということです。医師の裁量は絶対に必要だと思いますが、その裁量がエビデンスに基づいたものなのか歯科においては甚だ疑問があるといいたい。 -- とおりすがり? 2013-06-08 (土) 10:08:47
  • 持っているということです。医師の裁量は絶対に必要だと思いますが、その裁量がエビデンスに基づいたものなのか歯科においては甚だ疑問があるといいたい。 -- とおりすがり? 2013-06-08 (土) 11:22:00
  • 「医学に基づく」ということを定義づけて話をした方が良いのでは?「エビデンス」という言葉も今は定義があると思うので気をつけて使わないと話がこじれますよ。 -- miya? 2013-06-08 (土) 18:43:27
  • 「医学に基づく」ということを定義づけて話をした方が良いのでは?「エビデンス」という言葉も今は定義があると思うので気をつけて使わないと話がこじれますよ。 -- miya? 2013-06-08 (土) 20:19:04
  • まあ、このスペースは、細かな議論に向かないですね。保険の約束事と個々の歯科医師の診療に齟齬があるという点は、コンセンサスなのかな?で、その齟齬の理由が、保険の約束事にあるのか、個々の歯科医師にあるのかという点は、意見が分かれるというところでしょうかね。 -- sato? 2013-06-10 (月) 16:40:08
  • その前に「なぜ保険に約束事が必要なのか」ということが要るのでは。 -- miya? 2013-06-10 (月) 20:25:04
  • 「なぜ保険に約束事が必要なのか」←いい”設問”ですね。公的医療制度においては、約束事は必須なのです。そうでないと「値段」を公定化できませんからね。 -- sato? 2013-06-11 (火) 00:39:36
  • 日本の民間保険の損保は知りませんが、アメリカの民間医療保険(あれはあれで「公的」かも知れないけど)でも制約はある、と聞きますよ。「○○という症例ならデンタルレントゲン撮影は○枚までは保険でカバーされる」とかそういう感じで。 -- miya? 2013-06-11 (火) 08:37:18
  • 「なぜ約束事があるのか」と「なぜ保険に約束事が必要なのか」は、全く同じではないですよね。 -- sato? 2013-06-11 (火) 09:54:19
  • どう違うんですか? -- miya? 2013-06-11 (火) 10:13:02
  • 申し訳ない。2つ上の発言はなしにしてください。「値段」を決めるためには、約束事は -- sato? 2013-06-11 (火) 11:50:08
  • 必要ですね。。公的でも私的でも。 -- sato? 2013-06-11 (火) 11:50:44
  • 値段を決めるためには、「範囲」も必要になります。 -- sato? 2013-06-11 (火) 12:21:50
  • 範囲を決めて、その値段を決めるという約束事は、保険という枠組みには必要なものです。一方で、日本の健康保険の場合、いわゆる混合診療には制限があります。この -- sato? 2013-06-11 (火) 12:23:58
  • 制限には、「約束事がある」理由がありますが、保険という枠組みにおいては、必須ではありません。 -- sato? 2013-06-11 (火) 12:25:08


添付ファイル: file歯科は混合診療が解禁済みなのか.pdf 2377件 [詳細] filekongo.jpg 639件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2013-06-11 (火) 12:25:08 (1529d)