Top / 歯科医療の適切な提供、歯科検診の受診状況に関する質問主意書

第177回国会(常会)

質問主意書

質問第二八八号

歯科医療の適切な提供、歯科検診の受診状況に関する質問主意書

右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。

  平成二十三年八月三十日

田 村 智 子   

       参議院議長 西 岡 武 夫 殿


   歯科医療の適切な提供、歯科検診の受診状況に関する質問主意書

 歯の健康の確保は全身の健康の確保にとって重要であり、そのために適切な医療が提供されるような歯科診療体制や、歯科疾患の予防のための検診体制の確保が必要である。一方で、歯科診療報酬が長期にわたって据え置かれたため歯科医療機関の経営は危機的な状態にあり、前回の診療報酬改定による引き上げによっても回復されたとは言えない。また、歯の検診体制も不十分であり、いっそうの充実が急務である。

  その観点から以下、質問する。

一 歯科診療報酬のうち一九八六年改定以来、点数が変わっていない項目について明らかにされたい。これらの項目が二十五年間引き上げられてこなかったことは、賃金上昇や物価上昇などと比べて必要な評価が行われてきたとは言えないのではないか。

二 新規開業歯科医師のワーキングプアが問題となるなど歯科医療は崩壊の縁にあるが、その原因の一つは一で指摘した長期にわたって据え置かれてきた項目をはじめとする歯科診療報酬、特に歯科特有の技術について適切な評価が行われなかったことにある。次期診療報酬改定で歯科診療が適切に確保されるよう十分な評価がされるべきと考えるが、政府の見解を明らかにされたい。

三 歯周疾患検診について

1 健康増進法に基づく歯周疾患検診は現在四十歳、五十歳、六十歳、七十歳の節目を対象として行われている。直近五年間について年度ごとに、歯周疾患検診の受診者数、年度内に歯周疾患検診(節目検診)の対象となる四十歳、五十歳、六十歳、七十歳の誕生日を迎える者の数、歯周疾患検診の実施自治体数及びそれが全自治体に占める割合について明らかにされたい。

2 歯周疾患検診の受診者数、実施自治体数とも低い割合にとどまっているが、政府はその原因についてどのような認識を持っているか。また、歯周疾患検診の受診者数や実施自治体数を増加させるために、どのような対策を行っているのか。自治体に対する働きかけの強化とともに補助率の引き上げなど財政的な支援を強化すべきではないか。

3 歯周病の予防が国民の健康状態の改善につながることは厚生労働省も認めているが、歯周疾患検診について検診間隔の短縮による対象の拡大などさらに充実をはかるべきではないか。

  右質問する。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/177/syup/s177288.pdf



177回国会(常会)

答弁書

答弁書第二八八号

内閣参質一七七第二八八号 平成二十三年九月六日

内閣総理大臣 野 田 佳 彦   

       参議院議長 西 岡 武 夫 殿

参議院議員田村智子君提出歯科医療の適切な提供、歯科検診の受診状況に関する質問に対し、別紙答弁書を送付する。


参議院議員田村智子君提出歯科医療の適切な提供、歯科検診の受診状況に関する質問に対する答弁書

一及び二について

 現在の歯科診療報酬点数表において、評価される診療行為及び点数の双方が、昭和六十一年(千九百八十六年)四月時点の歯科診療報酬点数表と同じである項目は、検査の部に掲げられている平行測定(支台歯とポンティック(ダミー)の数の合計が五歯以下の場合に限る。)、画像診断の部に掲げられている写真診断(単純撮影における歯科エックス線撮影のうち、全顎撮影以外の場合に限る。)、処置の部に掲げられている知覚過敏処置、乳幼児う蝕薬物塗布処置、歯髄切断、外科後処置、歯周疾患処置、暫間固定(著しく困難なものを除く。)、暫間固定装置修理(簡単なものに限る。)、口唇プロテクター、線副子、床副子(著しく困難なものに限る。)、歯周治療用装置、歯冠修復物又は補綴物の除去(根管内ポストを有する鋳造体の除去を除く。)、暫間固定装置の除去及び有床義歯床下粘膜調整処置、手術の部に掲げられている抜歯窩再掻爬手術、歯槽骨整形手術、骨瘤除去手術、外歯瘻手術及び歯肉歯槽粘膜形成手術(歯肉弁側方移動術に限る。)、歯冠修復及び欠損補綴の部に掲げられている印象採得(欠損補綴の単純印象及び副子に限る。)、咬合採得(歯冠修復及び欠損補綴におけるブリッジ(支台歯とポンティック(ダミー)の数の合計が六歯以上の場合を除く。)に限る。)、鋳造歯冠修復(四分の三冠及び五分の四冠に限る。)、ジャケット冠、硬質レジンジャケット冠、乳歯金属冠、臼歯金属歯、補綴隙、有床義歯内面適合法(局部義歯における九歯から十一歯までに限る。)、帯冠金属冠修理、金合金鉤修理及び歯冠継続歯修理並びに歯科矯正の部に掲げられている歯科矯正診断料、模型調製、動的処置、印象採得(マルチブラケット装置に限る。)、装着、撤去、セパレイティング、結紮、床装置(簡単なものに限る。)、リトラクター、プロトラクター、拡大装置、アクチバトール(FKO)、リンガルアーチ、マルチブラケット装置、保定装置(メタルリテーナーを除く。)、鉤、帯環、ダイレクトボンドブラケット、フック、弾線、トルキングアーチ、附加装置、矯正用ろう着及び床装置修理である。

 政府としては、歯科診療報酬については、物価、賃金等の動向、歯科医療機関の経営状況、医療保険財政の状況等を総合的に勘案し、中央社会保険医療協議会における議論を踏まえ、必要な項目については重点的に評価するなど、適切に設定しているところであり、今後とも、適切な歯科診療の確保を図るため、同協議会における議論を踏まえ、適切に設定してまいりたい。

三の1について

 歯周疾患検診は、平成十九年度までは老人保健法(昭和五十七年法律第八十号)に、平成二十年度からは健康増進法(平成十四年法律第百三号)に基づき実施しており、その受診者数は、平成十七年度は十七万千八百五十五人、平成十八年度は十八万六千三百八十七人、平成十九年度は二十二万千六百十三人、平成二十年度は二十二万四千七十六人、平成二十一年度は二十二万五千百五十八人である。また、平成十七年から平成二十一年までの間において、各年の前年の十月一日から当年の九月三十日までの間に四十歳、五十歳、六十歳又は七十歳の誕生日を迎えた者の数については、それぞれ平成十七年は、四十歳が百七十六万千人、五十歳が百六十三万七千人、六十歳が百四十七万七千人、七十歳が百四十三万五千人、平成十八年は、四十歳が百四十一万七千人、五十歳が百五十七万七千人、六十歳が百三十六万四千人、七十歳が百四十八万六千人、平成十九年は、四十歳が百八十万四千人、五十歳が百四十九万三千人、六十歳が二百十六万千人、七十歳が百四十七万二千人、平成二十年は、四十歳が百八十万五千人、五十歳が百五十二万七千人、六十歳が二百二十六万千人、七十歳が百四十二万人、平成二十一年は、四十歳が百八十三万五千人、五十歳が百五十六万四千人、六十歳が二百二十六万六千人、七十歳が百三十二万人である。  歯周疾患検診の実施市区町村数は、平成十七年度は九百六十四市区町村、平成十八年度は九百五十九市区町村、平成十九年度は九百五十市区町村、平成二十年度は九百五十四市区町村、平成二十一年度は九百四十一市区町村であり、全市区町村数に占める割合については、平成十七年度は五十二・三パーセント、平成十八年度は五十二・五パーセント、平成十九年度は五十二・三パーセント、平成二十年度は五十三・〇パーセント、平成二十一年度は五十三・九パーセントである。

三の2及び3について

 歯周疾患検診の受診者数及び実施市区町村数は直近五年間において大きな変化なく推移しているところであり、その原因については把握していない。

 政府としては、個人の健康の実現に向けた取組を社会全体で支援していくため、健康増進法に基づく健康増進事業として、歯周疾患検診、歯周疾患健康教育及び歯周疾患に係る健康相談の実施を市区町村の努力義務とし、必要な財政支援を行っているほか、国民の健康づくりを総合的に進める「二十一世紀における国民の健康づくり運動(健康日本二十一)」において歯の健康についても取り組むこととしており、今後とも、これらの取組を通じて、歯周病予防の推進に努めてまいりたい。

http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/syuisyo/177/toup/t177288.pdf


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2011-10-03 (月) 08:41:52 (2213d)