Top / 歯科技工士問題の改善を目指して




gazo.jpg






はじめに

   (ここに書いてある目次は変更になっています。)

第1章 歯科技工士の置かれている現状


第2章 歯科技工士という資格


第3章 歯科技工の現実 (法令からみる技工料)

2012/10/15 第3章を更新しました。
※5ページに記載の内容に誤りがありましたので、訂正いたします。
(2012/10/15までの旧ファイルのダウンロード数は1325件)

【誤】
「ところで、薬価は改定ごとに見直され、市場価格を参考にだいたい診療報酬は下がっていきます。この下がった分は、国民に還元されるわけではなく、 医科の他の診療報酬を上げる財源にされています。最近では、後発品を増やして、浮いた分を他の医療費に回すということをしています。それと同じなら、技工「差益」は歯科の他の診療報酬を上げる財源になるということになってしまいます。」

【正】
ところで、薬価は改定ごとに見直され、市場価格を使った「公式」によって決まります。薬剤の市場価格は、ほとんどの場合下がっていきますので、診療報酬であるところの薬価も下がっていきます。この下がった分は、国民に還元されるわけではなく、診療報酬を上げる財源にされています。それと同じなら、技工「差益」も診療報酬を上げる財源になるということになってしまいます。

(詳しくはhttp://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?plugin=attach&refer=%BB%F5%B2%CA%CA%DD%B8%B1%C0%A9%C5%D9%A4%F2%B9%CD%A4%A8%A4%EB&openfile=%BB%F5%B2%CA%CA%DD%B8%B1%C0%A9%C5%D9%A4%F2%B9%CD%A4%A8%A4%EB%281-3%29.pdf参照)


第4章 歯科技工の現実 (歯科技工物と市場価格)


第5章 歯科技工物の質


第6章 技工料の直接請求


第7章 臨床歯科技工士(デンチュリスト)

   「はじめに」でお示しした目次を修正して、章を追加しました。ご了承ください。

第8章 技工料金と診療報酬の連動

   「はじめに」でお示しした目次を修正して、章を追加しました。ご了承ください。

第9章 改善策の模索

  1 新規養成の削減と国家試験の難化


  2 集約化と協同組合構想


  3 最低価格保障制度


  4 みんながわかる技工指示書


  5 歯科医院内技工士


おわりに



コメントフォーム !

ご意見、ご感想、ご批判等をお聞かせください。 下に直接コメントをお書き下さい。

  • 資格すなわち、業務範囲を変更できれば良いですが、無理でしょう。許されないでしょう。 -- 2010-08-10 (火) 15:50:45
  • 私も厳しい毎日を送っていますが、なんでもいいです、解決方法はあるのでしょうか。 -- 2010-08-10 (火) 17:28:22
  • 学費を支払って学校を卒業してこの惨状です。資格の価値はどこにあるのかと情けなくなります。 -- 2010-08-11 (水) 08:28:21
  • 結論は???期待するというか、どきどきするというか・・・ -- 2010-08-11 (水) 22:35:14
  • このページ、なんかばらばらで読みにくいですね。 -- 2010-08-12 (木) 22:28:34
  • 歯科技工士という立場を理解していない歯科医師、歯科技工士がおおいのです。 -- 2010-08-16 (月) 20:36:40
  • コメントは、どこに書けばいいの?ここ?下? -- 2010-08-17 (火) 23:32:42
  • 短いコメントはコチラ、長文などは新しいほうってのは如何でしょう? -- uma? 2010-08-18 (水) 10:29:58
  • この一連の書き物から、何が見つかるのか。期待があるような、絶望があるような。一体、どこに問題の本質が潜んでいるのでしょうか。悪いのは、技工士なのでしょうか、歯科医師なのでしょうか。 -- 2010-08-19 (木) 18:28:19
  • 犯人探しが目的でもないでしょうに。 -- 2010-08-19 (木) 19:00:33
  • 誰かが「悪い」という考えが悪いのだと思いますよ。 -- 2010-08-19 (木) 21:25:50
  • では、どうすればよいのか。・・・技工料金を市場価格ではないようにすれば良いのです。 -- 2010-08-24 (火) 12:26:26
  • >技工料金を市場価格ではないようにすれば良いのです。   どうやって? -- 2010-08-24 (火) 16:13:06
  • 公定価格になれば良いのです。 -- 2010-08-24 (火) 18:34:21
  • >公定価格になれば良いのです。     どうやって? -- 2010-08-25 (水) 00:33:31
  • 法律を改正すればいいのです。 -- 2010-08-25 (水) 11:04:11
  • _針,硫疹鬚鬚匹里茲Δ法 健康保険法の保険調剤薬局に並べ、【社会保険歯科技工所】を設けるとでも言うのか? -- 2010-08-25 (水) 14:13:05
  • それでいいのではないですか?悪いところは何かありますか? -- 2010-08-25 (水) 14:24:49
  • その場合、仮に歯科医が【このクラウンは鋳造までを技工所で。あとは自分が行う】と委託した場合、何点をどう保険者(支払基金)にだれからどうやって請求しますか? -- 2010-08-27 (金) 09:55:05
  • 根管治療でも、EMR、根充、加圧加算と分割されているように、クラウン製作でも分割して点数を設定すればすむことです。 -- 2010-08-27 (金) 11:56:25
  • 「製作点数」を分解するのですか? してみてください。 -- 2010-08-27 (金) 16:58:11
  • できない理由がありますか? -- 2010-08-27 (金) 17:37:03
  • たとえば全部鋳造冠を材料に、分解してみてほしい。 -- 2010-08-27 (金) 19:19:57
  • 勘と度胸を織り交ぜながら、原価計算を用いながら、タイムスタディー調査を元にきめればすむことです。 -- 2010-08-27 (金) 20:38:42
  • やはり、公定価格の下の市場価格という構造が、歯科技工士をくるしめているのでしょうか。 -- 歯を作る人? 2010-08-27 (金) 22:12:32
  • >やはり、公定価格の下の市場価格という構造が、歯科技工士をくるしめているのでしょうか  違うとおもうよ -- 2010-08-27 (金) 22:30:52
  • 違わないとおもいますが、間違っていますでしょうか。何がちがうのでしょうか。 -- 2010-08-28 (土) 14:06:03
  • 公定価格は市場価格を拘束できません。拘束したら市場価格ではありません。公定価格下の市場価格というのは、理論的にありえません -- 2010-08-28 (土) 22:54:32
  • 「公定価格下の市場価格というのは、理論的にありえません」って、現にそうなってんじゃん。 -- 2010-08-29 (日) 08:16:42
  • ● 私は【公定価格下の市場価格】との表現は、事実を簡明に言い当てた適確な表記であると思います。 ● その【公定価格下の市場価格】によって、歯科技工士が苦しんできたことは事実であり、且つそれによって歯科医は「未成年の庄屋の二男」傾向を注入され続けているのだと思う。そして、国民においては過剰で不適格な侵襲を受け、無駄な社会保障費を費やしていると思います。 ● そして仮に【公定価格下の市場価格】を【公定価格の下の公定価格】に改変したところで、それは次には【公定価格の元の公定価格の下の市場価格】が登場するだけであって、そうした価格探索政策だけでは、この「歯科補綴社会保障構造からの基本問題」は改善に向かわないであろうと思ういます。  ● まずは「担当行政が嘘をつかないことから」だと考えます。 -- RDT shimo? 2010-08-29 (日) 10:32:58
  • >まずは「担当行政が嘘をつかないことから」だと考えます。 「嘘」とは? -- 2010-08-29 (日) 14:34:13
  • まさに「みな歯科」で過去に辿られたように__、昨今では質問主意書への回答「歯科技工士の就労状況の困難は承知していない」なる旨とか、ナナサンへの国会答弁「技工料金はおおむねナナサン状態にある」なる旨とか、現時点でも議員や検討会への説明にたびたび使う「ワンマンラボ七割占有による非効率が(歯科技工界の)困難主因」なる旨とか、そういう事実とは異なるアウトプットのことを申しております。 -- RDT shimo? 2010-08-30 (月) 08:12:21
  • 「ワンマンラボ七割占有による非効率が(歯科技工界の)困難主因」……これは主因ではないかもしれませんが、大きな要因であるとは考えています。 -- 2010-08-30 (月) 13:26:09
  • 大きな要因であると ⇒ そうですね。そして行政がそこに問題を感じているのなら、施設基準や労務要件を課して、ワンマン濫立を防げば良い。しかし(指摘はするが)それはしない。一因をあげつらいつつ、「嘘」の統計を提出し、歯科には素人の政治家等から逃げる。 ● 私は[それは所轄課の不正義と言いたいのですよ。 -- RDT shimo? 2010-08-30 (月) 17:19:32
  • >施設基準や労務要件を課して、ワンマン濫立を防げば良い。 賛成ですが、歯科技工士免許の「縮小」になると思うのですが。どうですか? -- 2010-08-30 (月) 21:03:13
  • 歯科技工士免許の「縮小」って、「開業ハードル」によって、現状よりも権利が減るとの意味でしょうか? ●そうであるとしたら、私は「権利が減るように見えるだろうが、無法の有法化によって、実態的な治安が確保されることにより、遥かに免許効果は高まる」と考えます。 -- RDT shimo? 2010-08-30 (月) 22:39:45
  • 施設基準の厳格化、労基法の遵守等、技工所に対する「規制」をきちんとすることが、結果として歯科技工士の資格の価値を高め、問題の改善になるということでOK? -- 2010-08-30 (月) 23:21:35
  • お願いがあります。理解の深まりの為に、発信者のお名前(ハンドルネーム)をおしるし戴きますようお願いします。 ● 道路交通法は、何処でも自由意思で走ることが出来るという「ヒトの権利」を抑制する「縮小」でしょうか。私はそう考えません。免許制度への諸般の要件(制限)は、全体利益であり、且つ個別ドライバーの安全と「範囲内自由」を高めるものであると考えます。歯科技工士免許における諸般の要件の付与は、無法状況であったものを有法下に置くもので、濫立の抑制となり、道路交通法と同様の効果があると考えます。ですから、(道路交通法がそうであるように)必ずしも全国一律である必要はなく、地域や対象により差異があってもよろしい。大切なことは、昭和40年代から続く【濫立戦略】を転換させることだと考えます。 -- RDT shimo? 2010-08-31 (火) 08:49:51
  • 「【濫立戦略】を転換させることだと考えます。 」そのとおりだと思います。何らかの制限が絶対に必要でしょう。というよりも、これをしないと、歯科技工界は、これから崩壊へ進んでいきますよ。 -- チュー? 2010-08-31 (火) 12:24:14
  • 歯科医師過剰は共通認識になっているのに対して、歯科技工士の過剰はそうはなっていないようです。RDT shimoさんは、その原因はどこにあると感じられておられますでしょうか。 -- チュー? 2010-08-31 (火) 13:27:56
  • ◆ 用語の区別がついていないから。 ● 〇科技工士免許保有者は過剰である。 ⊇業歯科技工士は過少である。 M彑楚与瑤脇麈楪恐畩蠅任△辰拭 -- RDT shimo? 2010-08-31 (火) 14:52:04
  • >⊇業歯科技工士は過少である。   勤務歯科技工士とひとりラボでは、随分と事情が違うと思います。ひとりラボも含めて、就業歯科技工士は過少ですか? -- sato? 2010-08-31 (火) 16:29:44
  • 需給を観ているわけですから、マクロの話題です。よって、個別事業所の状態は千差万別であって、本題では無視しなければ議論になりません。 ● マクロにおいて、就業歯科技工士の数が過少だから、週平均就労時間が53時間になる。過剰なら40時間を切るのが当然の労働分析です。この分母分子関係を否定しては、マクロ把握は成り立ちません。 ● 何故に(人材供給余地が3倍もにありながら)就業歯科技工士が過少なのか__それは「その経済総量」で食える人数が就業歯科技工士として残り、この数で生計しているから。 -- RDT shimo? 2010-08-31 (火) 16:42:47
  • >週平均就労時間が53時間 正しい?出所は?   ひとりラボは、事業主だから、何時間働いても違法ではありません。そもそも「就労時間」も曖昧です。 -- sato? 2010-08-31 (火) 16:47:30
  • 私は、「歯科技工士が過剰というよりも、歯科技工士の仕事量が過剰なため起こっている」かもしれないと考えています。 -- チュー? 2010-08-31 (火) 18:49:07
  • sato様 ; 反論します。これはマクロの産業需給が論点です。ですから、自営者への労働基準法云々という論点は、この場合には不要な観点であると思います。私も、自営者が自分自身で「働かされている」なる旨の発言を繰り返している歯科技工界を恥じていますし、何人もの過労死を知っておりますが、自営者の場合には自己責任を言いきっております。しかし、国内マクロ需給を考える場合には加えるべき論点ではないと確信します。 ● チュー様;短いコメントで、今の私には理解できません。〔2010-08-31 (火) 13:27:56 〕のご自身のレスとの相関についてご説明ください。  -- RDT shimo? 2010-08-31 (火) 20:17:01
  • >これはマクロの産業需給が論点です。 確かにそうです。であれば、今の技工物市場は、今の価格で今の需要と今の供給が均衡しています。「今」だけみれば、就労歯科技工士は「過少」ではないとおもいますが、いかがですか? -- sato? 2010-08-31 (火) 20:54:34
  • 「『その経済総量』で食える人数が就業歯科技工士として残り、この数で生計しているから。」・・これはこれでその収入で均衡が取れているのだと思いますが、歯科技工士の皆様は、その労働時間に比較して収入が低いという不満があるのではないでしょうか。それは就業歯科技工士が過剰なため、そうなっているのではないでしょうか。私はそう認識しています。 -- チュー? 2010-08-31 (火) 21:00:13
  • >週平均就労時間が53時間 正しい?出所は?・・・日技の「)2009 年歯科技工士実態調査報告書」からですね。 -- チュー? 2010-09-01 (水) 09:16:29
  • 〔 今の技工物市場は、今の価格で今の需要と今の供給が均衡 〕 ⇒ そうですね。そう見えますよね。しかしそれは、総体として、今の社会規範をある幅の中で履行した場合に成り立つ話です。歯科技工界は、そういう状況ではありません。だから高校のリクルート教師から忌避されています。社会常識を無視した産業界とみられたわけです。 ● 〔需給の均衡〕は、あくまで最低限の規範性のうえで評価されるべきだと思います。この国の歯科技工士の環境はそうではない。だから「今の均衡」は不適正な状態__と判断し、是正すべき対象と認識すべきと考えます。  -- 2010-09-01 (水) 09:32:05
  • >歯科技工界は、そういう状況ではありません。   具体的にお願いします。 -- sato? 2010-09-01 (水) 10:55:41
  • 社会規範をある幅の中で履行する具体の例示 ; たとえばですが___ヾ靄榲人権の教養具備 ∀働基準に沿うべきとの意欲 B昭圓箸良堋艦造悗梁兩保有 ざチ茲梁減澆鯏然とする自覚 ざい被害者意識に溺れない反省 ゥ灰鵐廛薀ぅ▲鵐垢陵解程度・・・ 。 ● つまり、歯科技工士は全体として(個々では立派な方々もおりますよ)、「悪玉」を制度や歯科医と特定し、自身の経営権における自己責任部分を自覚しない姿。 ●主題に戻れば__そういう状況での「需給均衡」を、“是認”とするべきではないと考えています。そして、そういう状況に置いたままにしておく歯科行政の「嘘」がその状況への当然の変化を阻害している。且つ多くの歯科医は「未成年の庄屋の二男」傾向を注入され続け、自問を反映させた行動に出ない傾向があった。★私はこうした事柄を問題視ししています。 -- RDT shimo? 2010-09-01 (水) 11:18:50
  • 歯科技工士は全体として、「悪玉」を制度や歯科医と特定し、自身の経営権における責任を -- 2010-09-01 (水) 16:56:24
  • つづき  とらないから、行政が取り締まれ、ということですか? -- sato? 2010-09-01 (水) 16:57:37
  • sato様;なんだか噛み合いませんね。これを最終としたい。 ●歯科技工士の多くが自身の経営権における自己責任部分を自覚しないままである。つまり、単なる被害者ではない。そうした雇傭者への加害者たる歯科技工士という部分についてはとかく指摘されません。そうした問題を文字で記しました。// 最終です。 -- RDT shimo? 2010-09-01 (水) 18:37:26
  • この件は、私も最後。勤務歯科技工士は、労基法以上に「働かされている」から過少。ということは理解できます。一方で、多数を占めるひとりラボは、同様の構図にはならないと思いますよ。 -- sato? 2010-09-01 (水) 19:15:59
  • すみません、言葉の使い方で齟齬が生じているような気もします。たとえば「自動車産業における出荷台数が完全失業率に如何ほどの影響を与えるのか見る」のはマクロ。「労働基準法がコンビニ業界に如何なる影響を与えているのか見る」のがミクロの視点です。つまり、経済でなくとも構わないのでしょうが、マクロかミクロかは、矢印の向きで考えます。流れを切ってしまって申し訳ございませんでした。 -- ? 2010-09-01 (水) 22:16:31
  • http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1316671553 -- 2010-09-02 (木) 08:44:46
  • 技工士大学作り 先生が治療した歯に技工士が製作セットまでできる 医療改革 ? -- sio? 2010-09-03 (金) 10:26:04
  • 「臨床歯科技工士」「デンチュリスト」についても、後の章で検討する予定となっております。 -- チュー? 2010-09-03 (金) 11:29:35
  • •「臨床歯科技工士」「デンチュリスト」 ⇒ それらは、歯科技工士問題側から考えるのではなく、「医科医師に比す歯科医存在」の側から考えるべき問題であると確信します。この順序を間違えると、またぞろ歯科技工士抑圧政策が続くことでしょう。 -- RDT shimo? 2010-09-03 (金) 13:59:34
  • 「技工料金の公定価格化」「直接請求」「保険歯科技工士(技工所)」・・・なんか、思ったよりも複雑ですなぁ。 -- 2010-09-06 (月) 19:17:19
  • 小児に竹光 -- 2010-09-13 (月) 10:33:18
  • 歯科医療に携わって こつこつ真面目に仕事している人間が食べていけない  おかしいですね? -- 2010-09-13 (月) 11:23:43
  • 真面目に仕事をしていくだけで喰える時代は終わっていますよ。 -- 2010-09-13 (月) 13:13:58
  • 歯科医師も歯科技工士も資格の価値が低下するほどに大量生産してきたツケです。資格とは、その資格者の生活を保護するためのものではありません。あくまでも国民に害が及ばないように設けられた物です。しかし、資格があまりにも大量に生産されると、結局国民のためにはなりませんよ。 -- 2010-09-13 (月) 16:08:29
  • ↑[ 2010-09-13 (月) 16:08:29]の意見に賛成します。●歯科界には、二つの過剰養成がある。_罎子を歯科医にすべく私学の大量増員 ∋科技工士の過剰化による「技工料低下戦略」の継続 ●目先しか見えず、「社会における自己価値」に考えが届かなかった。 ●前二点はいずれも歯科医師界の所業ですよ。 -- RDT shimo? 2010-09-13 (月) 19:43:15
  • 「資格」って、一体何? -- 2010-09-15 (水) 12:04:59
  • 私見です; 資格法とは、資格者における権利側から観る以上に、国家国民全体への「継続的な水準維持」を求めている制度。 ⇒ よって個別には、下手な有資格者は合法で、上手な無資格者は違法という状況もあり得る。それで良い。 ●自動車免許もそのように運用され、社会総体(!)でのマクロの安全安定を保っております。(またマクロ論になってしまいましたが・・・) -- RDT shimo? 2010-09-15 (水) 16:15:03
  • ですね、資格は国民のためにあるんですよね。 -- 2010-09-15 (水) 18:39:14
  • 解決策なんかないような気がしますが、、、、、 -- 2010-09-17 (金) 08:38:37
  • 歯科技工士の価値を上げればよいのです。 -- 2010-09-17 (金) 18:54:56
  • 要するに、国家試験合格者が多すぎて、離職者が大量にあっても、業界として成り立っているということですね。入り口を絞ることが必要?? -- 2010-09-18 (土) 18:58:14
  • 八方塞がりじゃなkですか、、、、 -- 2010-09-20 (月) 15:07:56
  • 盗癖 -- 2010-09-21 (火) 11:29:52
  • ↑?? -- 2010-09-21 (火) 12:10:18
  • 第8章を拝読しました。 ● 「経済活動は続く」との観点を明示された点に意義を感じました。 -- RDT shimo? 2010-09-21 (火) 17:30:13
  • http://insite.typepad.jp/shigakuinfo/2010/09/211146.htmlに第93回代議員会での中西茂昭会長挨拶として、「歯科技工行為の製作対価を、材料基準に準じて歯科技工価格として示せと、要望している。」とあります。仮に技工料金が点数表に明示されたとしても技工料金が市場価格であることには変わりなく、今となんら変わりはありません。薬価を思い浮かべていただければお分かりいただけると思います。日技の真の意図するところが理解できないのですが、どう解釈すればよいのでしょうか。日技がそこのところをわかっていないはずもいないと思うのですが。 -- チュー? 2010-09-21 (火) 19:47:06
  • 楽に状況が変わるわけではないし、痛みを伴いながらでも、良い方向にいくような策ないかな? -- 2010-09-21 (火) 22:57:17
  • 重ねてお伺い致します。診療報酬点数表に歯科技工を明示するなら、実勢価格の加重平均値が根拠になります。ならば例えばウチの診療所なら、逆鞘が明示されるだけ。無数のプレイヤーがいて、どのように心理が働くかは分かりません。また基本直販であり、物流コストや何やらの上乗せ根拠も認めません。 -- 2010-09-22 (水) 00:24:01
  • 示せ・・・確かに意図が判然としません。低評価極まりないことに異論はないでしょう。端折りますが、原価計算は、定価を決めるものでもあり、利潤を出すためのものでもある。価格をつり上げるためのものではありません。shimo様の以前からのご指摘のとおり、歯科界は「甘い」というのを通り越していると考えています。連投すみません。。 -- ? 2010-09-22 (水) 00:28:45
  • 「第9章の1」を拝読いたしました。ここまで読み進め、「歯科医師が免罪符を探しているだけ」とは全く感じません。むしろ真摯に理想を追う姿勢に敬意を表したい。 ●ならばこそ、以前にも記しましたが__歯科技工士過剰は、歯科医師会のよる「戦略だった」ことをパスべきではなかった。もしも本当に実態を明らかにする意志があるのなら、ここを直視し指摘すべきです。 ●その過剰戦略の理由は「9章の1」で十分に記されていると思います。 ●そうです。そして今も過剰を続けるために、二年制に留めているのです。厚生労働省医政局は三年制への更新が出来ない理由に「歯科医師会の不同意」を堂々と述べています。 ◆[9-1]において、違法だからとパスされた「無資格者による供給枠」についても、いつか別コラムででも言及下ほしい。この場合の共謀共同正犯者には歯科技工士も相当程度含まれます。以前から重ねて申しますように、歯科技工士は単純な被害者ではありません。 対国民としては、瑕疵ある補綴装置の提供の点で(安かろうが高かろうが)十分に加害者的側面を有している歴史だと断言したい。 ●厚生労働省保険局における歯科の位置取りを改めるには、運動以前に、歯科界(技工界含む)の「自浄意欲」が前提だと思います。 -- RDT shimo? 2010-09-27 (月) 08:54:45
  • まじめな歯科医師がたべていけないのに 技工士なおさらたべていけないのです  過剰社会 民主主義の流れですか? -- 2010-09-27 (月) 09:56:17
  • ↑ そうですね。だからこそ、みな歯科さんが「過剰の中身」と「過剰の国民弊害」とを論述されていると思います。 -- RDT shimo? 2010-09-27 (月) 10:15:26
  • RDT shimoさん、いつも的確なご指摘ありがとうございます。「戦略だった」こと、「無資格者による供給枠」、については、十分な資料がありません。もし、よろしければ、みな歯科に資料を提供していただけませんでしょうか。宜しくお願いいたします。 -- チュー? 2010-09-27 (月) 18:35:35
  • ●その「戦略」は、歯科医師会史の鹿島元専務の下りに明らかです。先生らの方が調べやすいでしょう。 ●「無資格者による供給実態」については(当然ながら)公式統計値などはありません。しかし、無資格者排除運動をかつて日技が行い、告発し有罪とさせ、且つそれとは無関係に各地で歯科医師において共謀共同正犯が複数認定されている史実を引きながら論述を立てることも、国内需給の将来像を語るには加えるべき論点であると考えます。 ●なお、現在のようにここまで歯科技工業が若者から忌避さ、且つ事実上試験がフリーである以上、無免許であれ有免許であれ、「人員補充は無限」との設定自体がすでに成り立っていないわけですが。 -- RDT shimo? 2010-09-27 (月) 19:44:19
  • こんな感想が出てきていますね。http://kdlg3.cocolog-nifty.com/kdlg3/2010/09/dico-8b72.html ちょっとずれてるね。 -- 2010-09-27 (月) 22:04:51
  • いや、よく書いてくれました。この辺りは、過去の経緯からしても、歯科技工士側としては歯科医師会の目を気にして、なかなか書けないところです。まだ、続くようなので、期待しています。冷静沈着な分析と考察に拍手を送りたいです。 -- リッチになりたい技工士? 2010-09-27 (月) 22:32:22
  • 歯科技工士養成学校定員過剰→歯科技工士免許過剰→就業歯科技工士過剰→一人当たりの技工物減少→仕事を得るために低価格提示→個人ラボが多い業界で長時間労働に→ますます技工物の獲得競争に→ますます長時間労働に -- 2010-09-27 (月) 23:38:46
  • ??技工士は不足していると思っていたけど、本当は過剰?? -- 2010-09-28 (火) 15:13:54
  • ● 免許保有者は三倍程度に過剰。 ●就業歯科技工士は(就労時間と任務の本来的質)からすると不足。●この一見矛盾する状況の主因は、「経済総量」がその就業者数にふさわしいマネーサプライだから。以上、私見です。 -- RDT shimo? 2010-09-28 (火) 15:18:21
  • ↑う〜ん。わかりにくい説明です。もう少しわかりやすく説明していただけませんか。 -- 2010-09-28 (火) 16:44:49
  • •↑う〜ん。この「枠」ではこれで限界ですわ。 ◎上の方とか、過去の技工分野にも同様のレスをしております。良ければお読みください。 -- 2010-09-28 (火) 19:36:15
  • wikiの最上段のツール・バーの「単語検索」をクリックして、例えば「RDT shimo」と入力すれば、このオープンWIKI内の検索結果から過去の発言を見ることが出来ます。 -- uma? 2010-09-29 (水) 00:39:11
  • コメントが長文となる場合は、下の『みな歯科フォーラム』の方もご利用下さい。 -- uma? 2010-09-29 (水) 00:41:58
  • 歯科医師の保険点数が倍とわ言いませんが 上がる方法一番の改善の近道? -- 2010-10-01 (金) 01:12:43
  • いやぁ、それじゃ歯科医師の取り分だけが増えてお終い!!! -- 2010-10-01 (金) 08:07:39
  • ↑賛成。 ● 仮に(天文学的にあり得ないとは思いますが)補綴点数が二倍になってとしても、歯科医が歯科技工行為への報酬(≒歯科技工料金)を、その委託受託契約者のままで二倍近くにすることは高い確率で無いでしょう。 ◎ 何故なら、歯科技工報酬が低い原因は、「社会保険における補綴点数が低いため」だけ(!)ではないから。 -- RDT shimo? 2010-10-01 (金) 10:08:05
  • 保険点数が低いだけでわない、、、、教えてください? -- 2010-10-01 (金) 10:58:34
  • ↑ みな歯科さんが、まさにこのレポート群でお書きになったことですよ。 ● みな歯科さんが「章」を設ける必要があったように、要因は沢山ありますから、私がここで一言整理などはできません。 加えるとしたら__職業が如何様の誰であれ、ヒトには(多かれ少なかれ)欲があるということですよ。そして誰にでもイイワケ部分はある。だから、【制度(の如何)によって万事解決】って無いのだと思う。 ☆そういう(制度を含める)他者依存だけではなく、制度への運動も続けつつ、自分も変わることも併せると良いのだと思います。 -- RDT shimo? 2010-10-01 (金) 11:09:58
  • 資格を得るためには、能力、経済的負担、時間的負担が必要です。資格取得後に、それまでにかけた負担は回収できないようでは、その資格を取得する人はどんどん減っていくことは当たり前です。歯科技工士はそういった資格です。歯科医師もそういった資格です。資格は投資です。投資に見合った見返りがない職業は見放されて当然です。 -- 2010-10-02 (土) 08:25:38
  • ↑ 確かに。そういう事実のうえに成り立つ。 ●同時にしかし「それだけでも無い」ようにも思う。 この国の歯科には、未だ「自由努力による工夫余地」 -- RDT shimo? 2010-10-02 (土) 09:03:46
  • 「自由な創意や努力による工夫余地」 があるようにも思います。◆まぁ=、そこを取り上げすぎると、保険局の言う「歯科には自由診療余地があるんだから(今のままでも)やっていける(はず)__というロジックに至るのでしょうが。 -- RDT shimo? 2010-10-02 (土) 09:06:23
  • >●その「戦略」は、歯科医師会史の鹿島元専務の下りに明らかです。先生らの方が調べやすいでしょう。 「日本歯科医師会史」をみたけど、歯科技工士養成に国庫補助を要望していることは載っていますが、「戦略」が具体的には載っていませんでした。その所業を糾弾できるだけの証拠にはならないですね。 -- sato? 2010-10-03 (日) 14:45:12
  • 結構衝撃的なデータも出てますね。これから歯科は、歯科技工はどうなるんだろ。素直に不安になります。 -- 2010-10-04 (月) 16:45:25
  • ふ〜ん、なるほど。解決にはそういったどう -- 2010-10-20 (水) 08:24:08
  • •ふ〜ん、なるほど。解決にはどういった面からアプローチすればよいのか少し見えてきたような気がします。 -- 2010-10-20 (水) 08:25:09
  • ・・で、結局どうすれば技工料金が適正価格になるんでしょうか。 -- 2010-10-27 (水) 18:51:48
  • それは、技工士さんが一番考えないといけないんだよ。ところが、逃げている技工士多いよね。技工士会の組織率も相当低いし。。。。 -- 2010-10-28 (木) 16:06:50
  • test -- 2010-10-29 (金) 20:34:26
  • 正直言いまして落ち込んでしまうような資料です。正しいだけに、反論できないだけに、落ち込みも大きいです。 -- 2010-11-02 (火) 19:42:15
  • ↑そんなことはありません。自分が不勉強であるためですが、これほどまとまった資料はあまり読んだことはありません。これを基礎に解決策を探ることが課題です。 -- 2010-11-02 (火) 21:25:18
  • 結局、最後まで決定的な解決策は出ず・・・ですか。ほんの【少しばかり】は期待していました。糸口さえ見つからず、、、というところだな、結局。そんな簡単な問題ではないことはわかっていますが、残念です。 -- 2010-11-19 (金) 20:05:39
  • ★人それぞれに感想があって当然で、それは尊重されるべきだと思います。●私は「残念」ではありません。◆「決定的な解決策」がポンと出るよう社会問題って、そもそもないのだろうと思います。何故なら、政治行政的に何らかの手を打つと、次には、それに呼応したり、反発したり、その下を潜りくぐったりという雑多の反応が世界的に続くからです。 ●諸行無常。 ■だからと言って、こうした纏めや発信に意味が無いわけではない。 ●もちろん、ここまで申したことと、ここに連なった内容への意義や批判とは別問題です。それはそれである。しかし、そうした「意見・感想」もまた、前提として提示があったから生ずるものであり、提示自体が残念とはなりません。以上は、個人的な感想であって、2010-11-19-20:05:39氏の「・・・残念」を批判するものではありません。  -- RDT shimo? 2010-11-20 (土) 08:57:41
  • みな歯科さんの主張されることはよく理解できました。課題はそれをどう改善につなげるかです。そこのところが弱いですね。 -- 2010-12-04 (土) 23:00:11
  • ただ、この読み物、「すごいです。」 -- 2010-12-04 (土) 23:01:22
  • なんとか「終わりに」まで持っていくことができました。目を通していただいた方、どうもありがとうございました。これが「終わり」ではありません。「始まり」です。今後ともよろしくお願いいたします。 -- チュー? 2010-12-05 (日) 19:58:16
  • これから先はどう展開されるのでしょうか? -- 2010-12-07 (火) 08:55:51
  • http://www.nichigi-renmei.jp/index.php?menuindex=0#2:1 -- 2010-12-08 (水) 13:04:32
  • ふ〜、、読むのが大変なくらいの量です。しかし、技工料金についての理解が深まりました。問題はこれをどう改善につなげるか。明日、歯科医師に値上げを申し出ても仕方ないです。。。。 -- 2010-12-12 (日) 08:06:03
  • http://www.youtube.com/watch?v=cRqEBYYDGUs&feature=player_embedded#! -- 2010-12-12 (日) 08:15:09
  • これ、すべての歯科医師と歯科技工士は理解すべき!! -- 2010-12-15 (水) 21:30:29
  • これ反発受けますね。歯科技工士側からは。 -- 2010-12-18 (土) 08:28:13
  • これを冷静に読むことができる歯科技工士はいるのだろうか。歯科医師の免罪符でしかないこの読み物を。 -- 2010-12-19 (日) 20:44:30
  • 私は歯科技工士です。これを“冷静”に読みました。◆この場合の冷静とは「批判なく」という意味では勿論ありません。批判も含みます。特に、このシリーズが「当初の予告目次」どおりであったらどれだけ良かったかなぁ〜などとは感じていますが、冷静のままですよ。☆「歯科技工士問題」は歯科技工問題です。歯科技工問題は歯科問題です。歯科問題は歯科医問題であるはずですが__このロジックの何処かを、歯科医は心理的に切断している。ですから加えて私は冷静に、この「歯科医における自己定義性の薄さ」を指摘したいと思います。■ 歯科技工士においてこのシリーズに「反発」との言の内訳を(書き手名とともに)聞きたいですね。 -- RDT shimo? 2010-12-21 (火) 08:59:48
  • 法律に定義されている「歯科技工」を行っている歯科医師は、ほとんどいません。そういう意味では、歯科技工問題は、歯科技工士問題。歯科医に問題がないという意味ではありません。 -- sato? 2010-12-21 (火) 11:21:30
  • 「歯科技工問題」は、「歯科の技工」問題であり、「歯科の技工」は「歯科補綴の過程」である。 ⇒ ならば、歯科技工問題は「歯科補綴の過程」問題である__この点をもって、歯科技工問題は歯科医療問題であるから、歯科医問題でもある。 -- RDT shimo? 2010-12-21 (火) 13:40:15
  • 第9章の1 から「このコンテンツの表題は「歯科技工士問題の改善を目指して」ですが、改善すべき問題は 何なのでしょうか。我々は、「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を 担保できなくなっている」現状を改善すべきだと考えています。それは、有資格者として の歯科技工士の地位(経済的にも、社会的にも)を改善することでもあります。」 -- sato? 2010-12-21 (火) 14:53:21
  • 改善すべき問題;歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を 担保できなくなっている」現状を改善すべきだと考えています ⇒ 大賛成です。私はこの提示を有難く思っており、同時にそれは歯科技工士の特化した問題ではなく、歯科補てつ過程の問題だから、歯科保健問題であるから「歯科医の問題」でもある__と考えています。●もしかして、私がこうして「歯科医の問題」と書くと、「歯科医における悪さ」等との意で解釈されておりましょうか。私が言いたいことはそうではありません。「歯科の技工に係る問題は歯科保健問題である」との意です。☆私はむしろ、このシリーズを「冷静に読めない」とか「歯科医の免罪符」などという一部からのリアクションは、浅く不当であると思っています。 -- RDT shimo? 2010-12-21 (火) 15:53:03
  • うん、スバラしいのか、なさけないのか。責任は、当事者にあり・・・。 -- 2011-02-02 (水) 09:41:29
  • 今、日本歯科技工士会では、会長選挙が行われているようですが、それぞれこの文章を読まれてのご意見を聞いてみたいものです。 -- 2011-02-25 (金) 20:03:23
  • 直接は関係ないのですが、海外技工物委託の最高裁の門前払い、どうしてこれほどまで反応がないのでしょう。ほとんど無視状態ですね、歯科技工士も。その程度の問題だったのでしょう・・・・か。 -- 2011-02-26 (土) 17:41:03
  • もっと光が見たいです。この文書を踏まえての、明るい光。お願いします。 -- 2011-02-28 (月) 17:43:21
  • 最近元気ないね。 -- 2011-03-02 (水) 17:06:49
  • なんだ、このシリーズ。こんなのこれまで読んだことないぞ。 -- 2011-03-07 (月) 21:28:42
  • 一体歯科技工士自身は何をどうしたい?? -- 2011-03-24 (木) 22:09:33
  • 「初版」から一年以上も経った2012/10/15になって、尚、修正するという真摯な姿勢に敬意を表します。本当に、こうした姿勢が「落ちに落ちた歯科」を底辺で支えていると思います。 -- RDT shimo? 2012-11-28 (水) 16:06:18
  • あらためて第7章を読みました。 ⇒ 言葉遊びだな_と感じました。末尾でお書きのように、。「デンチュリスト≒臨床歯科技工士」は歯科医師とカブル(対峙する)業務となります。過去30年間、私自身に市民が投げかける言葉からすると、「“非”社会保険=自由料金」でニーズはありますよ。だから市民価値からすると成り立ち、歯科医の職域保護意識からすると決して許さない“核心的利益”でしょうね。  ☆もしもこの省を真面目に読む歯科技工士が現れても、無益な希望を抱かないよう釘を刺しておきたい。これだけ歯科医が余っておきながら、なんの臨床歯科技工士でしょう。あれは、言葉遊びです。 -- RDT shimo? 2013-08-16 (金) 19:33:05
  • おっしゃる通り、実現の可能性は、限りなくセロに近いと思います。 -- 2013-08-17 (土) 08:34:24
  • 医師の診断なしで、製薬会社で働く人が薬を患者に投与してはいけないのと同じです。言葉遊びでもじゃないでしょう、文を良く読めばわかります。 -- 2013-08-17 (土) 11:19:24
  • 技工士学科の生徒です。 -- 2013-08-18 (日) 00:14:56
  • 技工士学科の生徒です。学校で現状は話されないのでしょうか?離職率80パーセントと深刻な状態なのに、そんなことはネットで調べるまで知りませんでした。 -- 学生? 2013-08-18 (日) 00:17:16
  • 本当に知りませんでした。長時間労働も、もう私は技工士辞めれません。入学した人は技工士の現状をよく知らないと思います。現状知ってそれでも強い志を持った人が入学すべきだと私は思います。だって離職率80パーセントなんて高い学費払って、その金は何だったのってなります。今更現状知って不安で押しつぶされそうになりますよ。生き残るためにも精一杯頑張りますが。一つ疑問があるのですが技工士の現状はどうして -- 学生? 2013-08-18 (日) 00:32:19
  • すいません。途切れました。一つからは無視してください。失礼致しました -- 学生? 2013-08-18 (日) 00:40:02
  • 一つ疑問というのは技工士の現状はどうしてよくならないのかということです -- 学生? 2013-08-18 (日) 00:56:37
  • >技工士の現状はどうしてよくならないのか    どうして現状があるのかを理解してないからだと思います。 -- sato? 2013-08-18 (日) 15:01:04
  • •学生氏に私見をお答えします;;貴方は【技工士学科】とお書きですが、「技工学科」ですか「技工士科」でしょうか? 似ていて非なり。 もしも「歯科技工士学科」であるとしたら、「歯科技工士学」という学問分野があり、「歯科技工学科」であれば「歯科技工学」という分野があることになりましょう。どちらもないんですよ。だから「歯科技工士学科」などというおかしい表現がまかり通っている。悪いことは言いません。辞めるべき業界と感じているのなら、一日でも早く辞めた方が良い。何故なら、金銭は補いがつきますが、人生の時間は取り返すことができませんから。  -- RDT shimo? 2013-08-19 (月) 17:08:21
  • レス[2013-08-17 (土) 11:19:24]のご指摘に応え良く読んだつもりです。☆私は前言「言葉遊び」を撤回し、お詫びします。なるほど、主筆氏は『遊び心』でお書きでは無いと思いなおしました。ごめんなさい。この省は(歯科技工士の立脚論以上に)歯科医の本質論に陰影を与え際立たせるべく書かれたと感じております。 ★ただし、どうか歯科技工士や学生諸君がこれを真に受けないでほしい。あのなかで重ねて書かれているのように、この国のこの制度状況(人口減・歯科疾患減と歯科医過剰の様相)では、臨床歯科技工士制度への展開は決して“進み得ない”方向性です。誤解なきよう改めて記したい。 -- RDT shimo? 2013-08-19 (月) 18:01:11
  • ご指摘有り難う御座います。心より感謝申し上げます。自分勝手な発言をしてしまったことにお詫び申し上げます。すいませんでした。以後気をつけます。客観的に見て不快なコメントかもしれません。悪く書きすぎて本当にすいませんでした。 -- 学生? 2013-08-20 (火) 00:09:14
  • ご指摘有り難う御座います。心より感謝申し上げます。自分勝手な発言をしてしまったことにお詫び申し上げます。すいませんでした。以後気をつけます。客観的に見て不快なコメントかもしれません。悪く書きすぎて本当にすいませんでした。 -- 学生? 2013-08-20 (火) 00:09:42
  • ご指摘有り難う御座います。心より感謝申し上げます。自分勝手な発言をしてしまったことにお詫び申し上げます。すいませんでした。以後気をつけます。客観的に見て不快なコメントかもしれません。悪く書きすぎて本当にすいませんでした。 -- 学生? 2013-08-20 (火) 00:09:57
  • ↑送信できてないと思い3連続になってしまいました。悪気はありません。本当にすいません。自分の発言には気をつけます。仰る通り人生の時間は取り返しのつかないものだと思います。こんな甘い自分。親に金出してもらって愚痴言っている自分は最低な人間だと思いました。 -- 学生? 2013-08-20 (火) 00:22:24
  • 技工士は続けます。親にも悪いし、親孝行出来るように頑張ります。こんな馬鹿な自分にコメントして下さって自分を冷静に見ることが出来ました。 本当に有り難う御座います。  -- 学生? 2013-08-20 (火) 00:26:06
  • 「学生」氏さんへ。現状の感情は、(相当程度に)卑下し過ぎだろう…。がんばって続ける意思があるのならそれも良いが。しかしその理由が、「続ける価値を見出したから」ではなく、「始めてしまったから辞めるわけにはいかない」というのであれば、それは間違った判断だと思います。理由の分析如何が肝心です。 -- RDT shimo? 2013-08-20 (火) 08:35:00
  • 追伸歯科技工士学科はおかしな表現じゃないと思います。まかり通ってるというのは少し言い過ぎだと思います。学校のホームページを再度調べてみました。ちなみに、私は歯科技工士学科ですよ。 -- 2013-08-20 (火) 09:00:11
  • ↑も学生です。前のコメントに -- 学生? 2013-08-20 (火) 09:02:29
  • 追伸歯科技工士学科はおかしな表現じゃないと思います。まかり通ってるというのは少し言い過ぎだと思います。学校のホームページを再度調べてみました。ちなみに、私は歯科技工士学科ですよ。 -- 2013-08-20 (火) 09:02:31
  • 前のコメントの訂正です 歯科を入れ忘れていました 技工士学科→歯科技工士学科 -- 学生? 2013-08-20 (火) 09:04:59
  • 大変申し訳御座いません 歯科技工士学科言う表現が間違っているということですよね。先程のコメントは撤回します。本当に申し訳御座いませんでした -- 2013-08-20 (火) 13:21:33
  • この場の質を下げており申し訳ないので、これにて「学生氏」と私のやり取りは終わりにします。最後に一言;ゝ方のレスは不快では無い。 △覆鵑砲擦茵◆箸△錣討討い襦匹里よろしくない。落ち着きましょう。 親に金を出してもらっているなら尚のこと、「今後の自分が伸び得ない業界」と判断したのなら、辞めた方が良い。銭は後日返還すれば良いが、貴方の「時間と労力」は還ってきませんもの。 ☆軽々に謝り過ぎないように。さようなら。 -- RDT shimo? 2013-08-20 (火) 15:35:27
  • 横からすみません。 RDT shimoさんは歯科医師なのですか?歯科技工士なのですか? -- 2013-08-20 (火) 18:24:13
  • 有り難う御座いました -- 学生? 2013-08-20 (火) 18:26:05
  • 最後に一言だけ言わせて下さい。歯科技工士の皆様が快適に過ごせる未来が訪れることを心から祈ります。そして技工士という仕事はこんなに素晴らしいだということを知ってほしいです。本当にやりがいがあります。こんな素晴らしい職につける自分はツイてるとも思います。しかし現状がよくない。ならば 私は現状をよくしようの人達の支えになったり協力できるような技工士よくするになりたいと思います。私が質を下げてしまいながらも丁寧にコメントしていただいた人達に感謝申し上げます。satoさん、RDTさん本当に有り難う御座います。雪崩の如くの幸せを祈ります。全国の歯科技工士様が幸せに過ごせる未来を心の底から祈ります。全ての歯科技工士様にも雪崩の如く幸せが訪れることを心より祈ります。私は無知で馬鹿ですが、業界を良くしていく。そんな技工士になりたいです。正直、こんなに素晴らしく誇りが持てる仕事です。ここに書き込むのは最後です。最後だからこそ今伝えたいことを伝えました。本当に最後です。心の底から業界が良くなって欲しいです。一人でも離職者がでないでほしい。一人でも技工士になって良かったと思えるような業界になることを心より祈ります。。最後になりますがすべての技工士さんに快適な暮らしが訪れ幸せを本当に心の底から祈ります。最後まで拝見していただき本当に有り難う御座います。心より感謝申し上げます。本当に有り難う御座いました -- 2013-08-20 (火) 22:21:20
  • 2013-08-20 (火) 18:24:13さまにお答えします; RDT = Registered Dental Laboratory Technician -- RDT shimo? 2013-08-29 (木) 17:24:51
  • registered……アクセント・音節rég・is・tered……【形容詞】登録[登記]した,記名の. -- 2013-08-30 (金) 17:04:27
  • resisted ?? -- 2013-08-30 (金) 17:08:03
  • 名簿に登録した歯科技工士の意(のつもり)です。決して「フランス戦士風のレジスタンス歯科技工士」ではありません。(^。^) -- RDT shimo? 2013-08-31 (土) 19:29:58
  • 歯科医師 -- おかだ? 2013-09-28 (土) 11:01:13
  • お聞きします。委託技工に伴う技工料金が下がるということは、実質、診療報酬アップと捉えてよろしいのですか?そしてもうひとつ。市場価格であるという委託技工料に対し、全国一律に認められた皆保険下の診療報酬を基に市場価格である委託技工料金を歯科医師サイドから折衝するのは公正取引の観点から -- ジョーカー? 2013-12-10 (火) 23:47:19
  • 途中投稿失礼しました。続きです・・・いかが考えますでしょうか? -- ジョーカー? 2013-12-10 (火) 23:49:34
  • ★委託技工に伴う技工料金が下がるということは、実質、診療報酬アップと捉えてよろしいのですか?

    診療報酬と、そこに発生する経費は別次元のものです。
    診療報酬は入ってくるもの。
    歯科技工料金は出ていくもの。

    お互いが医療者と考えれば辛い現実ですが、委託技工は納品されるもの。

    すなわち経費として捉えられます。ですから、委託技工料金が下がっても、「実質的な診療報酬UP」とは言えず、単に経費が削減されただけだと考えられます。
    他の経費を削減したと同じ意味を持ちます。

    ★委託技工料金を歯科医師サイドから折衝するのは公正取引の観点から いかがか

    まず前提として、委託技工は市場経済に委ねられたいます。つまり技工料金は歯科医院側が一方的に提示するものではなくて、歯科医院と歯科技工所の折衝の中で決まるものです。

    もちろん歯科医院側から値下げ圧力がある場合もあるでしょう。

    ただこれは前記したように経費として捉えれば一般的に行われる行為です。

    ご存知のように歯科医師と歯科技工士は切っても切れない関係です。

    互いに協力しあって良い歯科医療を患者さんに提供していくことが、国民の望みでもあります。しかし現行の制度の中では以上のような現実があることを認識せねばならないと思います。 -- 大塚? 2013-12-12 (木) 12:02:44
  • 大変わかりやすい説明ありがとうございます。お忙しい中お手数おかけしました。 -- ジョーカー? 2013-12-12 (木) 18:17:09
  • 大塚さん、理論的にはご指摘のとおりなのかもしれませんが、現実もそうなのでしょうかね? -- 2013-12-15 (日) 22:46:46
  • 理論で説明がつくことが現実だとしたら、 現実を認めなければ問題も解決策もわからなくなると思います。 「歯科界には問題がある」と多くの人が言います。 しかし何が問題なのかその見解はバラバラです。 つまり解決策がわからないのでなく問題がわからないのです。 何が問題なのかを考えるにはそのシステムを正しく理解する必要があると思います。 -- 大塚? 2013-12-16 (月) 12:09:58
  •  私見;肝心なことは、歯科技工界が【社会保険歯科技工所】は夢想であり、あのナナサン告示でさえ全くその方向では無かったことを知ること。 ☆【歯科技工委託料】は社会保険歯科医療機関の“経営要素”の大きな一分野であって、社会保険点数体系には存在していない。 ■しかし、未だに一部の歯科技工士はこの不存在を「ナナサンがあるじゃないか」と主張し認めたがらない。この誤解には、ナナサン告示の源が「社会保険歯科技工所の希求」であったことから起きている。 本件の相当程度の責任は、歯科技工士における論理的思考力が低い点にある。そして同時に、総じて歯科医において「差益追求思考」が「それなりの委託費を支払い質を確保する意思」を上回っていることが事態を悪化させている。 -- RDT shimo? 2013-12-20 (金) 19:37:01
  • 方向がずれていくようですので、ちょっと書き込ませて頂きます。まず、経費という文字を使う時点で入りと出が全てとなります。 そして 残りが利益ですよね。経営の観点から すれば残りが全てですよね。 つまり私の質問は結果 として間違いないのです。そしてもう一つの 質問ですが、公正 取引の観点から皆保険の点数 が上がった下がったを前に出す折衝は経費削減とはいえ承服はしがたいですね。ただし、保険点数に関わらず経営の観点からの折衝 ならばなんら問題は 無いと思います。 -- ジョーカー? 2013-12-20 (金) 21:07:50
  • 歯科医師サイドからの「折衝」は公正取引の観点から問題ナシ ⇒ そう、同意します。その折衝は社会保険の規範上なんら“違反”ではない。ただし、ここに「ナナサン告示への経緯」と「ナナサン告示の趣旨」が加わると“問題”となるでしょう。≪前提として≫この場所は「歯科技工士問題を…」でしょうから、このことは記しておきたいですね。 -- RDT shimo? 2013-12-21 (土) 07:17:45
  • もう一度言いますよ。「経費」で応えるのならそれなりに一般経済下におけるk -- ジョーカー? 2013-12-21 (土) 21:00:23
  • 覚悟はおありですね。ならば全て仰る通りだと思います。おじゃましました。 -- ジョーカー? 2013-12-21 (土) 21:07:42
  • 横から失礼しますが、「覚悟」とかの問題ではなくて、「現実のシステムはそうなっている」ということだけでしょう。 -- 2013-12-24 (火) 08:55:36
  • 「現実のシステムはそうなっている」 ⇒ そういうことです。同意。その現実が「ここで問題視する現実」になっている。 ⇒ そうすると次に考えるべきは、【ここで問題視している「歯科技工士問題…」は社会問題か?】という命題ですしょうね。ジョーカー様は問題だと思いますか? -- RDT shimo? 2013-12-24 (火) 18:27:42
  • 補足します;直上の「社会問題」とは次のように仮定して用いております。 ⇒ 「社会問題」=国家体制が抱える社会課題のひとつ。その改善によって国民利益が増大する。 -- RDT shimo? 2013-12-26 (木) 13:56:15
  • 技工士問題っていうのは結局は「歯科技工士の経済的問題」なのではないでしょうか。 -- 2013-12-27 (金) 23:35:33
  • [ -- 2013-12-28 (土) 21:22:18
  • ↑「経済的問題」なのであれば、やはり需給問題に行き着くのでしょうか。周囲の人に話しても「歯科技工士は過剰」との主張は理解していただけませんが・・・・ -- 2013-12-28 (土) 21:23:53
  • 我々は、「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を -- 2013-12-28 (土) 21:50:25
  • 本文(第9章ー1)から→我々は、「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を担保できなくなっている」現状を改善すべきだと考えています。それは、有資格者としての歯科技工士の地位(経済的にも、社会的にも)を改善することでもあります。 -- sato? 2013-12-28 (土) 21:53:24
  • それでは、今よりも歯科技工士の数が減れば、経済的問題も改善し、それに伴って、歯科技工物の質も向上するのでしょうか? -- 2013-12-28 (土) 22:12:12
  • 歯科技工士数といっても、免許取得者数と就業者数とがあります。減る必要があるのは、免許取得者数ですが、これが減るには時間がかかります。さらにいえば、需要も減ることが予想されるので、相当数の免許取得者が減らないとだめでしょうね。 -- sato? 2013-12-28 (土) 22:21:41
  • 国民にとっては歯科技工物の質の維持、質の向上が、もっとも求められるべきものです。歯科医療サイドでの議論だけでは、ついていけないのが正直なところです。 -- 2013-12-28 (土) 22:38:17
  • 歯科技工物の価格が上がれば、歯科診療報酬も上がる仕組みなんでしょ?歯科診療報酬が上がるのは国民にとっては避けたい所です。ただし、歯科の歯科技工物が質に見合わない低価格であるならば、国民は歯科技工物の価格上昇、ひいては歯科診療報酬のUPにも同意せざるを得ないでしょう。さて、今の歯科技工物の質と価格のバランスは実際どうなのですか? -- 2013-12-28 (土) 22:53:18
  • >歯科技工物の価格が上がれば、歯科診療報酬も上がる仕組みなんでしょ?←そうではありませんよ。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:21:09
  • ↑、私の勘違い? 詳しいご説明お願いいたします。 -- 2013-12-28 (土) 23:23:38
  • >今の歯科技工物の質と価格のバランスは実際どうなのですか? ←価格は需給で決まるので、質とはリンクしません。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:23:57
  • >詳しいご説明お願いいたします。→「第3章 歯科技工の現実 (法令からみる技工料)」を読んでね。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:28:12
  • 「公定価格を市場価格に合わせるしかありまん。」・・歯科技工物の市場価格が上がれば診療報酬もそれに伴って上がるのではないですか・そのために国は歯科技工物の技工料を調査してるんではないですか?(結果は公表されてないようですが) -- 2013-12-28 (土) 23:35:52
  • 「←価格は需給で決まるので、質とはリンクしません」・・・ならば、就業歯科技工士が減り、歯科技工物の技工料金が上がることは、国民にとっては何らメリットはないということですね。 -- 2013-12-28 (土) 23:41:14
  • 公定価格と市場価格をなるべく同じにするには、公定価格を市場価格に合わせるしかないのであって、現状がそうだとは書いてないですよね。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:51:01
  • 「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を担保できなくなっている] -- 2013-12-28 (土) 23:52:01
  • 「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を担保できなくなっている」現状は、国民・患者にとって好ましくないと思いますよ。改善できれば、その方がいいですよね。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:53:43
  • >ならば、就業歯科技工士が減り、←減る必要があるのは、免許取得者数ね。 -- sato? 2013-12-28 (土) 23:57:57
  • 最終的には就業歯科技工士が減らないと意味ないでしょ。 -- 2013-12-29 (日) 13:07:21
  • >最終的には就業歯科技工士が減らないと意味ないでしょ。 ←そんなことないですよ。就業者数は、今でも「適正」ともいえます。静態でみれば、ですが。動態でみたとき、辞めざるを得ない人が多いことが問題なのです。 -- sato? 2013-12-29 (日) 18:08:14
  • 『就業者数は、今でも「適正」』であるなか、『歯科技工所が著しい過当競争』が起きる原因はどこにあるのでしょうか? -- 2013-12-29 (日) 20:39:42
  • いまの歯科技工料金は需給によって決まっている適正な価格ということですか? -- 2013-12-29 (日) 20:43:57
  • 「適正」なら「過当競争」は起こっていないということになりませんか? -- 2013-12-29 (日) 20:44:45
  • 今の技工料金が「適正」ではないから、長時間労働などの問題が起きているのではないですか? -- 2013-12-29 (日) 20:50:24
  • 離職者が多いことも技工料金が適正ではないことが一因ではないでしょうか? -- 2013-12-29 (日) 20:51:12
  • 供給が多いと価格が下がって、供給を減らす、というのが市場原理。今の日本では、これを是としてます。 -- sato? 2013-12-29 (日) 21:10:22
  • 歯科技工をやろうとする人が多いと技工料が下がって、歯科技工をやろうとする人を減らす。減った結果、「適正」な数の人が歯科技工をする。というのが市場原理。 -- 2013-12-29 (日) 21:13:49
  • 資格が必要なくて、容易に転職できる職業なら、市場原理も働きやすいでしょう。でも、歯科技工士の場合は国家資格であり、設備投資して開業した個人ラボが多いです。こうした環境であれば、需要が減ったからと言っても簡単には廃業・転職もできないでしょう。つまり、市場原理が働きにくく、従業歯科技工士数は「適正」となりにくいのではないでしょうか。個人的には、就業歯科技工士数は「過剰」であると考えています。     一番の問題は、歯科技工士養成学校の数が減らない、定員が減らないということではないでしょうか。それぞれ経営の問題もあるのでしょうが、ここの大元が変わらないと「歯科技工士問題」の改善は難しいでしょう。歯科技工士の労働環境をよく調査せずに進学する生徒さんも多いのではないかと思います。国民からはなかなか見えにくい職業ですし、介護職などと違って、マスコミにもなかなか出てきませんし。    個人経営の一人ラボが多いことも問題です。開業する際のハードルを高くすることも一つの解決方法かもしれませんが、国家資格を取得しているのですから規制は難しいでしょうね。開業するかどうかも個人の問題ですから、解決は難しいです。 -- 2013-12-30 (月) 08:41:20
  • いくつか、誤解があるようです。>歯科技工士養成学校の数が減らない、定員が減らないということではないでしょうか←相当数減ってきています。 -- sato? 2013-12-30 (月) 11:39:08
  • >開業する際のハードルを高くすることも一つの解決方法かもしれませんが、国家資格を取得しているのですから規制は難しいでしょうね。←例えば、歯科診療所は歯科医師以外は開設することがほぼできませんが、歯科技工所は誰でも開設できます。個人だけでなく、法人(営利を含む)でも開設できます。管理者を歯科技工士にする必要はありますけどね。 -- sato? 2013-12-30 (月) 11:42:22
  • >•資格が必要なくて、容易に転職できる職業なら、市場原理も働きやすいでしょう。←これは全くの誤解です。この欄で説明するのは、難しいかな。 -- sato? 2013-12-30 (月) 11:46:07
  • 歯科技工士養成学校そのものの廃校や、歯科技工士科の廃科は、まだまだ不十分です。さらに4〜5年ほど前は廃校・廃科が多かったのですが、ここ2〜3年はほとんどありませんよ。 -- 2013-12-30 (月) 16:07:36
  • 勿論、歯科技工士でなくとも歯科技工所を開設できますが、個人ラボが大多数を占めている現実を考えないといけないのではないですか? -- 2013-12-30 (月) 16:09:34
  • 「市場原理」が完全に働くのは、全てフリーの時です。そこにある規制がかかれば、「市場原理」は完全には働かなくなります。 -- 2013-12-30 (月) 16:11:08
  • ある規制がかかれば、市場原理が完全には働かないのは、例えば、兼業農家を助ける減反政策を見ればわかるでしょう。稲作には、完全なる市場原理は働いていません。 -- 2013-12-30 (月) 16:16:09
  • 「資格」も一種の規制です。 -- 2013-12-30 (月) 16:17:53
  • >そこにある規制がかかれば、「市場原理」は完全には働かなくなります。←どんな規制があるのですか? -- sato? 2013-12-30 (月) 16:18:13
  • >「資格」も一種の規制です。←これは、その通りですが、多すぎれば、規制にはならないですよね。 -- sato? 2013-12-30 (月) 16:19:34
  • 免許取得者数が多すぎて、規制としては機能していないので、市場原理で技工料が下がって、就業数が減った結果が今。 -- sato? 2013-12-30 (月) 16:22:13
  • 需要が減る、供給が未だに過多、ということであれば、まだまだ価格が下がって、供給を減らすでしょう。 -- sato? 2013-12-30 (月) 16:24:10
  • 「需要が減る、供給が未だに過多」であると私は思っています。ですから、現時点では、歯科技工士数は「適正」ではなくて「過剰」であると、判断しています。 -- 2013-12-30 (月) 16:48:07
  • 「需要が減る、供給が未だに過多」であるならば、歯科技工料金が下がる、離職者がさらに増える、あるいはその両方が起きるでしょう。私は、歯科技工料金が下がるのではなくて、離職者が増える方向に進むのではないかと予想しています。歯科技工料金は、もう下限ぎりぎりですから。 -- 2013-12-30 (月) 16:53:33
  • ただ、後10年ほどすれば、高齢歯科技工士が引退して、状況の変化は出てくる可能性はありますが、もし、将来、CAD/CAMが保険に導入されたならば、別次元の世界になるでしょう。金パラ補綴物から代替え白色材料へと進む可能性はなくはないでしょうね。 -- 2013-12-30 (月) 16:56:25
  • [ -- 2013-12-30 (月) 18:49:05
  • 「歯科技工所は誰でも開設できます。」歯科技工所で働くのは歯科技工士ですから、ご指摘はあまり意味がないと思います。 -- 2013-12-30 (月) 18:49:45
  • satoさんとは、「適正」のとらえ方が違うのかもしれません。今の歯科技工料金、歯科技工士数が「適正」なら、現時点では問題はないということにはなりませんでしょうか? -- 2013-12-30 (月) 18:53:47
  • satoさんの、「適正」は市場原理を考えれば「適正」ってことなのでしょうね。私は、心情的に「適正」ではないと思います。、、、こう書くと、理論的ではないと非難されるのは目に見えていますが。 -- 2013-12-30 (月) 18:57:52
  • 私の言う「適正」は、正確には「正当」なのかもしれません。 -- 2013-12-30 (月) 19:00:34
  • 何百万円かのコストをかけて取得した「資格」です。これ自体が、「規制」でしょう。さらに、何百万円かかてラボを開業しています。これだけでも、フリーな市場経済が働かなくなる理由になりませんか? -- 2013-12-30 (月) 19:03:43
  • 「資格」にしがみつく理由としては十分だと思いますが・・ -- 2013-12-30 (月) 19:04:15
  • ↑これが「規制」の一つです。 -- 2013-12-30 (月) 19:25:37
  • 世の中「理論」だけでは動きませんからね。「情」も必要です。これrを勘案して最終決定するのが「政治」です。もっとも「政治」には「票」というえげつないものがつきものではありますが・・・。動かないことにはどんな「理論」を掲げても徒労に終わってしまいますよね。 -- 2013-12-30 (月) 20:01:43
  • 動かしましょう!! -- 2013-12-30 (月) 20:03:16
  • satoさんは、すべて市場にまかせておけばよいとのお考えなのでしょうか? -- 2013-12-30 (月) 20:43:38
  • まぁ、ここまで「国民皆保険」というゆりかごにゆったりと揺られていたツケが来ているのは確かでしょうね。 -- 2013-12-30 (月) 20:45:28
  • 裁判の判決のように「技工士法は国民の健康の観点という公益的観点から制定されたものであり、歯科技工士の法的地位ないし利益を保護することを目的とするものではない」のかもしれませんが、もう少し、国民皆保険下で提供すべき歯科技工物の質はどうあるべきかを考えていただきたいものです。 -- 2013-12-30 (月) 20:50:12
  • 診療報酬は医療機関に支払われるものであり、歯科医院とっては外注技工料金は「委託費」の一つであることは現実であり、この枠を変えることはほとんど不可能でしょう。 その前提で、歯科技工士の労働環境を改善するには、〇科技工士養成学校の定数をさらに減らす。国家試験の合格基準を引き上げて免許取得者を制限する。就業していない免許取得者の参入を規制するためのハードルを上げる。CAD/CAMが入ってくる可能性の低い義歯関係を扱う歯科技工士にシフトする。ゥ薀椶僚弧鷁修鮨覆瓩襦・・・これしかないように思われます。 -- 2013-12-30 (月) 21:16:51
  • これらが実行されてはじめて「正当」な歯科技工料金が形成される市場が出来上がるのではないでしょうか。 -- 2013-12-30 (月) 21:18:58
  • ・・・ここまで書いてきてわかってきました。satoさんの言われる「適正」とは「ちょうどよい」ではないんですね。。。私の思う「適正」は「ちょうどよい」だったんです。 -- 2013-12-30 (月) 21:21:59
  • satoさんの「適正」は、需要曲線と供給曲線が交差する点の価格なんですね。ならば、異論はありません。 -- 2013-12-30 (月) 21:26:36
  • ならば、「適正」≠「正当」でよろしいですね。 -- 2013-12-30 (月) 21:27:18
  • 質を保つためにも、「全入学」「全合格」はよろしくないと思います。 -- 2013-12-30 (月) 22:08:08
  • satoさんは、この2、3年の歯科技工士養成学校の志願者、合格者、定員などのデータはご存じなのですか? -- 2013-12-30 (月) 22:10:13
  • 廃校、廃科のデータは? -- 2013-12-30 (月) 22:11:42
  • >satoさんの言われる「適正」とは「ちょうどよい」ではないんですね←供給量=需給量、「今」だけ切り取れば、数はちょうどいいわけですね。で、その時点で、供給過多なら、供給側にとって価格はちょうどよくはないのですよ。だから、辞めるひとがいて、結果として「ちょうどいい」数になるのです。 -- sato? 2013-12-31 (火) 00:56:01
  • >satoさんは、すべて市場にまかせておけばよいとのお考えなのでしょうか?←そうは考えてないですよ。だから、•「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を担保できなくなっている」現状は、国民・患者にとって好ましくないと思いますよ。改善できれば、その方がいいですよね。と言ってます。現状は、市場原理で淘汰が激しいと言ってるだけですよ。 -- sato? 2013-12-31 (火) 01:00:07
  • >satoさんは、すべて市場にまかせておけばよいとのお考えなのでしょうか?←そうは考えてないですよ。だから、•「歯科技工所が著しい過当競争に陥った状況で、技工物の質を担保できなくなっている」現状は、国民・患者にとって好ましくないと思いますよ。改善できれば、その方がいいですよね。と言ってます。現状は、市場原理で淘汰が激しいと言ってるだけですよ。 -- sato? 2013-12-31 (火) 01:00:09
  • 「ちょうどいい」って、誰にとって「ちょうどいい」?歯科技工士?歯科医師?国民? -- 2013-12-31 (火) 19:11:43
  • 「平衡」っていうのが合ってるかな。 -- sato? 2013-12-31 (火) 21:23:33
  • 明けまして、おめでとうございます。satoさんは、上に書いた -- 2014-01-02 (木) 13:03:42
  • 改善策をどう評価されますか? -- 2014-01-02 (木) 13:04:06
  • い蓮言いたいことがわかりません。は、策としてはいいけど、具体化は難しいですね。△一番現実的でしょう。で、その結果として、,鯊イ垢海箸砲覆蠅泙后イ蓮∈としてどこかの機関が強制的に行うのは無理です。結果として集約化が進む、ということは大いにあるでしょうね。集約化が進む=事業主の減少。要するに、みんな勤務歯科技工士になる、という意味だけどね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 13:34:51
  • い蓮言いたいことがわかりません。は、策としてはいいけど、具体化は難しいですね。△一番現実的でしょう。で、その結果として、,鯊イ垢海箸砲覆蠅泙后イ蓮∈としてどこかの機関が強制的に行うのは無理です。結果として集約化が進む、ということは大いにあるでしょうね。集約化が進む=事業主の減少。要するに、みんな勤務歯科技工士になる、という意味だけどね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 13:34:53
  • 「要するに、みんな勤務歯科技工士になる、という意味だけどね。 」・・・極端ですね。全国19706の歯科技工所のうち、一人技工所は15073。76%です。これが、2/3、10000軒になるだけでも変わってくると思いますよ。 -- 2014-01-02 (木) 14:11:45
  • まぁ、勤務歯科技工士の労働環境が厳しくて、開業志向があることも確かのようですから、難しいですね。 -- 2014-01-02 (木) 14:13:31
  • い砲弔い討蓮▲ラウン・ブリッジ系と違って、スキャンする対象が複雑です。アンダーカットが多くあるものをスキャンしなければなりませんし、ブロックアウトやリリーフ処置も必要です。クラウン・ブリッジ系よりもかなり複雑になります。完成物の素材も複数からなります。クラスプの維持はどうするかなど、課題は多いと思います。高度な技術が必要になり、そのためにコストもかかりそうです。義歯のCAD/CAMは、クラウン・ブリッジ系よりも大きく遅れるのではないでしょうか? -- 2014-01-02 (木) 14:18:32
  • クラスプだけ作るにしても、着脱方向の決定など、複雑です。 -- 2014-01-02 (木) 14:30:13
  • い蓮個々の歯科技工所の戦略かな。全体の改善策ではないようで。 -- sato? 2014-01-02 (木) 15:52:22
  • そうでもないと思いますよ。若手はクラウン・ブリッジ系に多く流れて、それが価格下落要因の一つになっていると思います。ラボを開業するにしても、設備投資少ないですし。今後の義歯中心にやっている高齢歯科技工士の引退を考えると、義歯方面にシフトすることは必要なことだと思います。 -- 2014-01-02 (木) 16:52:26
  • 「平衡」。確かに。。そうなのです。現実は。     ただ、先に書いたように、こういった資格取得・開業に一定のコストがかかる職業では、完全なる市場経済による価格決定はできていないのだと思います。サラリーマンとは違った面があると思います。だから今の現実・・低歯科技工料金、厳しい労働環境があると理解しております。     資格を取得しても「歯科技工士の法的地位ないし利益を保護することを目的とするものではない」のも現実です。だからと言って、今の状況を放置することは望ましい事ではないでしょう。必ずや歯科技工物の質の低下につながりますから。    実現可能な方法を関係者が知恵を絞って探しさなければなりません。 -- 2014-01-02 (木) 17:33:07
  • に関しては「歯科技工所の構造設備基準」を強化する「歯科技工士法施行規則」が平成二十四年十月二日に改正されましたが、現実にどれほど機能しているのかご存じないですか? -- 2014-01-02 (木) 17:54:23
  • 就業していない免許取得者の参入を規制するためのハードルを上げる。←これだと、勤務歯科技工士になるってことも含んでる表現ですよね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 18:08:11
  • >義歯方面にシフトすることは必要なことだと思います。←絶対数が変わらないで、多くがそちらに流れれば、同じでしょ。 -- sato? 2014-01-02 (木) 18:10:34
  • >完全なる市場経済による価格決定はできていないのだと思います。←なにをもって「完全なる市場経済」といってるのかわかりませんが、http://kotobank.jp/word/%E5%AE%8C%E5%85%A8%E7%AB%B6%E4%BA%89 完全競争というのは、こういうことをいうそうです。 -- sato? 2014-01-02 (木) 18:28:27
  • で、>しかし現実の市場では完全競争が成立しているわけではないため、  とあるようにどの「市場」も完全ではないのですよ。でも、市場経済が原則というのが、今の日本の世の中なのね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 18:30:28
  • 「←これだと、勤務歯科技工士になるってことも含んでる表現ですよね。」勿論そうです。開業予備軍と言っても良いです。 -- 2014-01-02 (木) 18:37:05
  • 「←絶対数が変わらないで、多くがそちらに流れれば、同じでしょ。」そんなことないでしょう。クラウンブリッジ系と義歯系では、価格引き下げ圧力は違いますよ。実感されてませんか? -- 2014-01-02 (木) 18:38:18
  • 価格破壊のチラシを良く目にしますが、それらはほとんどクラウンブリッジ系でしょ。 -- 2014-01-02 (木) 18:39:22
  • その完全ではない市場での、それぞれの業界での対応が求められているんですよ。先に挙げた改善策も勿論そこを勘案して書いているんですが、お分かりいただけないようですね。、 -- 2014-01-02 (木) 18:41:05
  • 「市場経済」だけでは世の中動きませんよね。。。。。。。それで動いている部分もあるでしょうけれど。 -- 2014-01-02 (木) 21:38:59
  • 心情的には、市場経済一辺倒は、願い下げです。。。。。甘いって言われるでしょうけれどね。 -- 2014-01-02 (木) 22:26:28
  • >クラウンブリッジ系と義歯系では、価格引き下げ圧力は違いますよ。←これは、「今」ですよね。で、歯科技工士がみんなして義歯をやるようになったら、クラウンブリッジと義歯が逆転するだけですよね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 22:53:31
  • それ、言いすぎじゃないですか?現時点では、クラウンブリッジ系から、義歯系へとシフトすることは、理にかなっていると思いますよ。 -- 2014-01-02 (木) 22:55:31
  • >先に挙げた改善策も勿論そこを勘案して書いているんですが、お分かりいただけないようですね←ん〜〜、分かんないのは私じゃないと思うよ。 -- sato? 2014-01-02 (木) 22:55:39
  • シフトはそう簡単にはいかないです。昨日までインレーのワックスアップしていた歯科技工士が義歯の歯肉形成はできませんよ。それなりの「時間とコストがかかります。 -- 2014-01-02 (木) 22:56:47
  • 「ん〜〜、分かんないのは私じゃないと思うよ。 」 腺粥 -- 2014-01-02 (木) 22:58:01
  • >現時点では、クラウンブリッジ系から、義歯系へとシフトすることは、理にかなっている←個々の歯科技工所が採る策としてはいいと思いますよ。ただ、全体の改善策にはなり得ないといっているのです。 -- sato? 2014-01-02 (木) 22:58:03
  • 個々が変わらないと全体は変わりようがないでしょ。 -- 2014-01-02 (木) 22:58:49
  •  銑い任翰解いただかないのは、どこでしょうか? -- 2014-01-02 (木) 22:59:41
  • satoさんの提示する改善案を聞かせていただけませんでしょうか? -- 2014-01-02 (木) 23:01:15
  • >個々が変わらないと全体は変わりようがないでしょ。←ん?もしかして、ほんとに分からない?「合成の誤謬」はご存知? -- sato? 2014-01-02 (木) 23:02:52
  • 残念ながら、即効策はありません。>△一番現実的でしょう。で、その結果として、,鯊イ垢海箸砲覆蠅泙后←これが実現性が高くて、有効だけど、効果がでるには10年単位の時間がかかります。 -- sato? 2014-01-02 (木) 23:07:34
  • 歯科技工士学校の大学4年制化を義務づけるのもいいと考えています。 -- sato? 2014-01-02 (木) 23:08:58
  • 個々が変わり→結果、全体が変わる。そんな施策があれば良いのですね。 -- 2014-01-02 (木) 23:11:52
  • ↑の4年制とセットで、20年以上して、もしかして、歯科医師が足りないような事態になったときは、診療室で診療の補助として「補綴」行為の一部ができるような資格に昇華するということが、理想ですね。実現性は低いですけどね。 -- sato? 2014-01-02 (木) 23:13:04
  • 「合成の誤謬」・・もちろん知っていますよ。バカにしないでね、、、そうなってしまう環境が問題なのでしょ。 -- 2014-01-02 (木) 23:25:14
  • 全体が変わってここが変わる。これはありえませんよ。ここが変わって全体が変わる。これが自然です。全体が変わるのは制度が変わるときです。 -- 2014-01-02 (木) 23:26:32
  • 制度が変わらなくても、変えることができる部分はあるはずです。最も、制度が変わってくればそれに越したことがないですがね。satoさんは、簡単に制度が変わると考えられているのでしょうか? -- 2014-01-02 (木) 23:29:24
  • 「合成の誤謬」だから仕方ない、、、私には、とてもじゃないですが、言えません。。。そんな問題なのですか? -- 2014-01-02 (木) 23:38:21
  • 一応、みな歯科のHPだからね、ここは。「制度」を考えるNPOなのですよ。「あなた」の歯科技工所の経営を考えているわけではないってことで、よろしくお願いします。 -- sato? 2014-01-02 (木) 23:38:50
  • 「合成の誤謬」だから仕方ない, -- 2014-01-02 (木) 23:41:22
  • 「合成の誤謬」だから仕方ないのではなくて、合成の誤謬だから、個々では解決できないってことね。なので、制度等で全体を変えないといけないわけですよ。 -- sato? 2014-01-02 (木) 23:42:36
  • 「あなた」の歯科技工所の経営を考えているわけではないってことで、よろしくお願いします。」→すみません。私は歯科医師です。 -- 2014-01-02 (木) 23:51:12
  • 歯科医師だからこそ、歯科技工所の経営を考えているのですけど、歯科医師が、こんなに議論しては良くないですかね? -- 2014-01-03 (金) 00:03:35
  • •「あなた」の歯科技工所←「」してあるでしょ。「個々の」っていう意味ね。 -- sato? 2014-01-03 (金) 00:07:06
  • 私も「個々の歯科技工所の経営改善のために」書いているんではありません。大きなことですが、国民にとって最良な保険歯科医療を提供できるにはどうするかを考えているつもりです。 -- 2014-01-03 (金) 00:09:50
  • ・・・「個々の歯科技工所の経営改善のために」にも書いてますよ、正直なところ。自分の右腕と働いてくれる歯科技工士の労働環境が改善してくれたら良いなと思っています。、、これ利益誘導? -- 2014-01-03 (金) 00:14:15
  • この場だけでもいいので、HNをつけてもらえるとうれしいです。 -- sato? 2014-01-03 (金) 00:25:52
  • あるひとつの歯科技工所にとっての「改善」策が、必ずしも全体の歯科技工業の「改善」策になるとは限らない、ということはご理解いただけますか? -- sato? 2014-01-03 (金) 00:29:04
  • 「あるひとつの歯科技工所にとっての「改善」策」がすべての歯科技工所にとっての改善策であれば良いのですが、なかなかそうも行きませんね。だから、さきに「全体が変わるのは制度が変わるときです。」と書いています。    どうも、こちらが指摘させていただいた点のうち、議論展開上不利な点には言及していただけず、反論しやすいところだけ書かれているような気がしますね・・・ -- 2014-01-04 (土) 08:38:37
  • 歯科技工士養成学校の現状認識もされていないようですし。 -- 2014-01-04 (土) 08:40:11
  • あのね、HNもないので、同じひとか、1人かどうかすらわからないんだよ。「こちら」でわかるわけがないでしょ。 -- sato? 2014-01-04 (土) 08:44:49
  • >制度が変わらなくても、変えることができる部分はあるはずです←これに対して、「合成の誤謬だから、個々では解決できないってことね。なので、制度等で全体を変えないといけないわけですよ。」といってるわけね。 -- sato? 2014-01-04 (土) 08:47:50
  • >•歯科技工士養成学校の現状認識もされていないようですし。←この2年ぐらいは、そんなに変わってない。でも、10年前に比べれば、激減してます。で、「以前に比べれば、大きく減ってる」ということが重要なのであって、短期でそんなに変わらないっていうのは、目くじら立てて、取り上げることでもないんだよ。 -- sato? 2014-01-04 (土) 08:52:12
  • 歯科技工士問題の最大のものは、「数」。これを変えないことには、問題は解決しないと考えています。 -- sato? 2014-01-04 (土) 08:54:39
  • あとは、業務範囲。歯科技工は、法律上の歯科医業の範囲外。これを「診療の補助」もできるようにしたほうが、資格として生きるとも考えています。 -- sato? 2014-01-04 (土) 08:58:01
  • だから、,鉢△任垢茵私の考えで合っていますよね。   ところでHNで「お名前」のことですか? -- 2014-01-04 (土) 10:28:57
  • ここ、1〜2年は、歯科技工士養成学校の廃止・廃科が起きてないということは大きな変化です。注目すべき点ではないでしょうか?何か環境が変わらないとこういう変化は起きないはずです。 -- 2014-01-04 (土) 10:30:56
  • この2年だけの現象なのか?それとも今後もしばらくこの傾向が続くのか?私は後者と予想しています。 -- 2014-01-04 (土) 11:02:36
  • >ところでHNで「お名前」のことですか?←そうですよ。できれば、何か書いてね。 -- sato? 2014-01-04 (土) 18:03:47
  • >•改善策をどう評価されますか? -- 2014-01-02 (木) 13:04:06←これ以降の投稿を読み直して、改めて、質問等ありましたら、HN付でお願いしますね。あ、これは一連の多分一人であろう名無しさんだけに向けた投稿です。 -- sato? 2014-01-04 (土) 18:10:39
  • HNって考えるの難しいですね。HNを1234とします。とにかく私の考える改善策は先に挙げた,らい任后市場経済だけでは語れない部分も多いはずです。市場経済でかたずけることができるなら、この問題はとっくに解決しているでしょう。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 21:30:20
  • 経済学の理論は一定の前提条件で機能しているんです。様々な要因が複雑に絡んでいる現実では、なかなか理論道理には行きません。経済は、今の日本を見ればよくわかると思いますが、関係者の「期待」で動いてる部分も多くあります。勿論、理論を否定するわけではありませんが、現実はそう単純ではないでしょう。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 21:47:30
  • 「市場の失敗」をしっかりと考慮した上での対策が求められます。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 21:49:27
  • ステークホルダー、みなが経済学者ではないですからね。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 21:51:06
  • ただ、現実のシステムを理解していないと「ドックフード理論」なんていうとんでも理論が出てきますから、現在のシステムに関しての最低限の理解は絶対に必要です。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 21:53:54
  • では、1234さん、繰り返しですが、 銑い悗離灰瓮鵐硲韻任后→•い蓮言いたいことがわかりません。は、策としてはいいけど、具体化は難しいですね。△一番現実的でしょう。で、その結果として、,鯊イ垢海箸砲覆蠅泙 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:03:29
  • つづき、△一番現実的でしょう。で、その結果として、,鯊イ垢海箸砲覆蠅泙后←これが実現性が高くて、有効だけど、効果がでるには10年単位の時間がかかります。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:04:55
  • もう一個、つづき•>現時点では、クラウンブリッジ系から、義歯系へとシフトすることは、理にかなっている←個々の歯科技工所が採る策としてはいいと思いますよ。ただ、全体の改善策にはなり得ないといっているのです。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:06:37
  • ここからは、新たに。歯科技工物市場に関していえば、市場は失敗してなくて、「正しく」市場原理が働いています。その結果として、「淘汰」が起きて、歯科技工所数や就業歯科技工士数は平衡状態にあるのですよ。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:09:43
  • で、資格のあり方としては、好ましくないと思われるので、何らかの制度改革が必要だろう。個々の歯科技工所の経営努力ではなくて、全体を変える策が必要。と何回もいっているわけです。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:11:59
  • に関しては、平成二十四年十月二日に改正された「歯科技工士法施行規則」のさらなる強化が現実性が高いと思います。 -- 2014-01-04 (土) 22:12:35
  • 1234さんと、私とで違うのは、市場経済というものの捉え方だと思います。市場原理で淘汰される、ということ自体は、当たり前というのが私の考え。で、それが日本という国の制度ということです。法律に特に決められたもの以外は、独禁法の対象にする、というのが、この国の「決まり」なのですから。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:15:03
  • 「「淘汰」が起きて、歯科技工所数や就業歯科技工士数は平衡状態にあるのですよ。」→全然淘汰の程度は足りませんよ。これを阻害しているのが、なんども述べたように「資格」という規制です。だから、歯科技工所の定員削減が足りないと言っているのです。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:15:57
  • 就業していない免許取得者の参入を規制するためのハードルを上げる。←これではなくて、歯科技工所の開設基準を厳格化する、というのなら、ほぼ賛成ですよ。あと、「お名前」よろしくね。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:17:56
  • 「資格「と取ることは、入りにくいが、出にくいということです。市場原理を働きにくくしているのです。 -- 2014-01-04 (土) 22:18:05
  • だからこそ、規則、法律、とその運用で、市場をコントロールする必要があります。 -- 2014-01-04 (土) 22:20:34
  • >だから、歯科技工所の定員削減が足りないと言っているのです。←この数年の新規免許取得者数減は、「削減」ではないですよ。淘汰の結果ね。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:20:39
  • 結果が、十分に働いていないのは、「規制」のためでしょう。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:21:56
  • で、私も△砲六親韻靴討い襪錣韻如△修海魯好襦爾覆痢 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:22:18
  • 今の歯科技工士の労働環境が「均衡」しているとはとても思えません。「市場」がきちんと機能しているのなら、もっともっと退場者は多いはずでしょう。 -- 2014-01-04 (土) 22:24:06
  • 意見の相違のないところを議論しても仕方ないのではないでしょうか? -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:25:14
  • 1234さんが言う通りだと、改善策は、歯科技工士という資格を無くすということになってしまう気がしますが。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:25:31
  • い砲弔い討郎胴佑い燭靴泙后5岨分野にシフトせずに、クラウンブリッジ系の就業者の退場を促進したほうが、歯科技工士の労働環境改善としては良いのかもしれませんね。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:27:37
  • 「歯科技工士という資格を無くすということになってしまう気がしますが。」→。そうではなくて、資格を有効に活用できるような環境整備が必要だと思います。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:29:17
  • >クラウンブリッジ系の就業者の退場を促進したほうが←考え方としては正しいと思いますが、具体策は難しいです。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:30:47
  • そのためには、ここ1〜2年の歯科技工士養成学校減少をもっと進めるのが必要なのですが、これは強制的にはできませんからね。難しいです。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:31:38
  • 「ここ1〜2年の歯科技工士養成学校減少」→「ここ1〜2年止まっている歯科技工士養成学校減少」ですね。 -- 2014-01-04 (土) 22:33:30
  • 歯科技工士養成学校の志願者に現在の状況を正しく発信することも必要でしょう。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:34:41
  • >「資格「と取ることは、入りにくいが、出にくいということです。市場原理を働きにくくしているのです>•だからこそ、規則、法律、とその運用で、市場をコントロールする必要があります←これだけみると、競争がきちんと起きるように、市場を整備する。つまり、完全競争が起きるようにする。というようにとれますよ。 -- sato? 2014-01-04 (土) 22:34:59
  • 市場が正しく働くには「資格」がないほうがうまくいくでしょうね。歯科技工士免許が必要な国は少ないみたいですし。ただ、それが質を保つという面では問題があるのは確かでしょうし。国民皆保険の日本で保険の歯科技工物を製作するうえで資格はどうしても必要になると思います。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:37:35
  • 最終的には、歯科技工士のを(取得者、就業者)を国が資格を与えながら、その数をコントロールできないところに根本的な問題があります。これは、歯科医師も一緒ですね。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:40:12
  • 誤字脱字が多いですね。ごめんなさい。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:41:17
  • 国家資格を与えるなら、その数もコントロールできる仕組みも同時に組み込まないと、システムとしては欠陥があると言えるのではないでしょうか? -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:43:58
  • 免許取得、開業を目指す人は、現在の状況をきちんと把握してからでないと、後で苦しむことになるのですが(そのためにかかる費用が高ければ高いほど)、現実どうなのでしょうね?自己責任と言ってしまえば、その通りかもしれませんが。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:47:16
  • 正しい情報があってこそ、市場もきちんと働くのだと思います。・・ちょっと論点がずれてきましたね。すみません。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 22:50:18
  • 私の感覚としては、この歯科技工士の業界をすべて市場経済に委ねるのはちょっとおかしいと思っているのでしょうね。国民の口腔内に入る歯科技工物を製作する歯科技工士。それを製作するためには資格が必要。その資格を生かして営業するためには、ある程度コントロールされた環境が必要なはずだけど、先の判例にもあるように、「資格」は「歯科技工士の法的地位ないし利益を保護することを目的とするものではない」のも現実です。、、、なんかしっくりこないのです。 -- 1234? {2014-01-04 (土)
  • いっそのこと「資格」が不要なほど、よっぽどスッキリしますね。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 23:04:47
  • 私の展開には矛盾がるように自分でも感じますが、それは、制度自体に矛盾がるからではないかと考えてしまいますね・・・・ -- 1234? 2014-01-04 (土) 23:07:46
  • →単に理論構築の弱い言い訳ですね。。。。。。。すみません。もう引き下がります。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 23:09:11
  • 最後に一言。職業選択の自由があるからと言っても、みんなそれによりかかって必死に生活しているんですから・・・・・・・・・ -- 1234? 2014-01-04 (土) 23:18:43
  • ごめんなさい。これが最後。私が今たどり着いている結論。今の歯科技工業界の苦境の一番の原因は、需要をはるかに超えた、市場が正しく働かない要因となる「免許」取得者の数が多すぎること。だから、その解決策は、市場が正しく働くように「免許」を不要にして、参入と退出を容易にするか、あるいは、逆に「資格」の価値をぐんと高めて参入者を削減すること。まぁ、実現性はないですけれどね。今が中途半端すぎるのですよ。 -- 1234? 2014-01-04 (土) 23:57:21
  • 一週間ぶりに開いてみたら、アラアラ‥活発に交わされておりました。途中から書き手の過半が「1234氏≂歯科医師」と名乗るかたであると知り、理解しつつ読むことができたと思います。 ⇒ この場はみな歯科さんによる「歯科技工士問題…」なので、私はこうした議論が好きです。さてそこで…ここまでの年末年始の活発なレスが交わされている最中にも「養成所・学校への今春の応募用紙に記入しているであろう方々」が居るでしょう。そんな諸君!全ての職業は厳しいが、確かに歯科技工は楽しい(個人満足の高い)仕事です。同時に、著しく不合理な産業界でもあります。応募するなら、よほどの(!)下調べをへたうえで且つ覚悟をもって行ってね。 -- RDT shimo? 2014-01-05 (日) 13:39:44
  • 私は皆保険と委託技工料金とは別ものだと考えております。ですから、診療報酬云々で委託技工所との料金折衝で保険点数を持ち札にするのは許せないのです。経費という文字で片付けて良いのならば、この団体の歯科技工士等のコンテンツはいらんでしょう。歯科技工士が減り、技工料金が上がり始めれば海外があります。どの業界も当たり前に通って来た道です。唯一医療という言葉が国民への免罪符になっているのですかね?経費という言葉を患者さんに伝え、理解を求めれば良いだけですね。楽なものです -- ジョーカー? 2014-01-11 (土) 21:55:35
  • ↑ん〜。私に読解力がないのかもしれませんが、いまいち、言いたいことが分からない文章ですね。 -- sato? 2014-01-12 (日) 08:35:58
  • 「診療報酬云々で委託技工所との料金折衝で保険点数を持ち札」にしているということは、歯科技工料金を歯科医院側で決めているふうに取れますが、そうではありません。歯科技工料金は、歯科医院と歯科技工所の交渉で決められるものです。「歯科技工所が、コストに基づいた歯科技工料金」を提示することがまずは必要だともいますが、実際には、「他のラボ、今取引されているラボの歯科技料金はこれだから、うちは・・・にさせてください。」、これが多いのではないでしょうか。そこに大きな問題があるように思いますが、いかがでしょうか。 -- 1234? 2014-01-13 (月) 19:00:57
  • もう一点です。保険歯科技工物の海外委託は政府としては、認めていないのではないかと思います。  質問主意書 第165回国会(臨時会)  質問主意書   質問第五号国外で作成された歯科技工物の取扱いに関する質問主意書   右の質問主意書を国会法第七十四条によって提出する。    平成十八年十月六日大久保勉  参議院議長 扇千殿    四 国外作成物は、自費診療のみに使用を認めているのか、あるいは保険診療にも認めているのか現状を示されたい。答弁書   四についてお尋ねの国外作成補てつ物等については、老人保健法(昭和五十七年法律第八十号)第六条第一項各号に掲げる医療保険各法による療養の給付又は同法による医療の対象となっていない。 -- 1234? 2014-01-13 (月) 19:03:49
  • 「私は皆保険と委託技工料金とは別ものだと考えております。」←これはその通りだと思います。 -- 2014-01-13 (月) 19:07:12
  • ハンドルネームを書かないと叱られるみたいですので・・・↑これも1234です。 -- 1234? 2014-01-13 (月) 19:10:12
  • 歯科医師も歯科技工士も現行制度を正しく理解することが第一ですね。 -- 1234? 2014-01-13 (月) 19:13:11
  • 「唯一医療という言葉が国民への免罪符になっているのですかね?経費という言葉を患者さんに伝え、理解を求めれば良いだけですね。楽なものです 」→これは良くわかりません。もう少し御解説をお願いいたします。 -- 1234? 2014-01-13 (月) 23:01:55
  • 脇から失礼します;社会保険においては、常に定額(A)の「補綴治療費」が、モノ価格費(B)を含めて定められ来た。このBはこの概念が出来上がった時代における「当然」は【歯科医自らが行う行為】または【歯科医療機関内で雇用される者による内部行為】であった。だから、Bの多少は(経営上たいした)問題では無かった。しかし、このBを外部委託し「支出」するとなると、[A-B=C]との算数が発生し、Cを増やすにはBを減らす力が働く。 ●もしも、A -- RDT shimo? 2014-01-22 (水) 19:44:06
  • 脇から失礼します;社会保険においては、常に定額(A)の「補綴治療費」が、モノ価格費(B)を含めて定められ来た。このBはこの概念が出来上がった時代における「当然」は【歯科医自らが行う行為】または【歯科医療機関内で雇用される者による内部行為】であった。だから、Bの多少は(経営上たいした)問題では無かった。しかし、このBを外部委託し「支出」するとなると、[A-B=C]との算数が発生し、Cを増やすにはBを減らす力が働く。 ●もしも、AがBを含まずに固定されていて、Bは独立して(支払基金と無縁に)患者から徴収するなどの方式が考え得るのなら、この「差額の多寡」という委託技工料廉価ベクトルは減少するでしょう。綺麗な思想の世界では、歯科医療機関は同額のスルーなのだから。しかし(!)、実はこの実態は無理なのですよ。 ⇒右は私見です。ご参照あれ。 http://mixi.jp/view_bbs.pl?comment_count=69&comm_id=323761&id=66553073 -- RDT shimo? 2014-01-22 (水) 19:50:17
  • 「考え」に無理がありすぎだと思いますよ。(mixiは見てませんけど) -- sato? 2014-01-23 (木) 08:41:43
  • 1234様は普通の感覚をお持ちでホッとしました。海外委託に関しては、ナゼ認められないかを厚労省が通達にて表示してますねどのナゼをもう1度読んで下さい。つまり、ここをクリアすれば皆保険下における海外委託技工も可能ということですよ。そして、「経費」 -- ジョーカー? 2014-01-25 (土) 18:42:33
  • 経費という言葉、それが何を意味するか?おわかりでしょう。だからこそ「皆保険」という言葉を 値下げ要求の際に都合良く使って欲しくないのです。皆保険下における経費は委託技工を受ける歯科技工所には無関係でしょ。何度も書きますが、歯科医院の経営の観点からの値下げ要求はありです。ただ、診療報酬の点数を交渉に使うのはルール違反です。だから自分は最初にお聞きしましたよ。「公正 」という文字を使って。そのお答えは経費ですよね。ならば、という話ですよ。 -- ジョーカー? 2014-01-25 (土) 18:53:59
  • 1234様。>うちにはそうさせて下さい。 その通りです。結局は歯科技工士が増えすぎただけです。どの業界も似たり寄ったりですよね。ここの理解が大事ですね。書き込みを悩みましたが、1234様のような書き込みを頂き感謝しております。 -- ジョーカー? 2014-01-25 (土) 19:02:20
  • ジョーカー様。私の書き込みに対して反応していただき有り難うございます。議論を進め、多くの関係者にご理解をいただくことが解決に向けた大きな一歩だと考えておりますので、今後ともよろしくお願いいたします。 「1234様は普通の感覚をお持ちでホッとしました。」→別に正常な感覚ではなくて、冷静に今の制度を考えれば、そう理解するしかないのです。そこを理解していない関係者が多いことが問題だと考えています。   「ただ、診療報酬の点数を交渉に使うのはルール違反です。」……点数を歯科技工料金交渉にどのように使っているのか把握しておりませんが、この会の読み物に『「大きな誤解」矢印の向きが逆』があります。 http://www.minnanoshika.net/gikou_kaizen/ookina_gokai.pdf  一度ご覧になってみてください。  技工料金は政府が調査しております。技工料金は政府が調査しておりますが、結果は公表されておりませんね。  私は歯科医師です。勿論、歯科技工料金を経費としてとられておりますが、(院内技工士もおりますが、一定程度を外注しております。)経費というものは少なければ少ないほど良いものではありませんよ。「必要」経費です。患者さんに提供する最適な歯科医療に必要なものです(勿論、保険歯科医療ですから最良ではないのは確かです。)。  「だから自分は最初にお聞きしましたよ。「公正 」という文字を使って。」→「クラウン一本作るのにこれだけの経費がかかる。だから、技工料金は〇〇です。」っていう、歯科技工所サイドからの提案はあまり聞いたことがないのですが、ジョーカーさんはこういう提案はされていますでしょうか?こういう提案があってはじめて「公正」と言えるのではないでしょうか。   「厚労省が通達にて表示してますねどのナゼをもう1度読んで下さい。」→具体的にお示しいただいた方が議論が進むと思いますのでご提示ください。   それにしてもこの会のこの欄の書き込み難しくイライラしますね・・。 -- 2014-01-25 (土) 21:11:54
  • 「結局は歯科技工士が増えすぎただけです。」この認識は非常に大事であると思います。というか、これが、今の歯科技工士問題の一番の原因であると考えております。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:22:29
  • 先ほどの長い書き込みも1234です。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:23:38
  • 歯科技工士問題の改善を目指して 第8章 技工料金と診療報酬の連動 http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?plugin=attach&refer=%BB%F5%B2%CA%B5%BB%B9%A9%BB%CE%CC%E4%C2%EA%A4%CE%B2%FE%C1%B1%A4%F2%CC%DC%BB%D8%A4%B7%A4%C6&openfile=chapter8.pdf この大臣告知は、「診療報酬の算定方法」を定めたものですから、診療報酬も技工料金が反映されたものになって当然のはずです。しかし、他の材料(特定保険医療材料)とは違うのが技工料金なのです。そこに意図があるかどうかは不明ですが、告示でも「である。」と書かれ、「とする。」とは書かれてはいません。「である。」とは、通常は、現状認識の言葉です。「診療報酬の算定方法の一部を改正する件(告示)」では、「とする。」との言葉がいたるところに出てきます。診療報酬の算定方法の告示なのですから、「とする。」として決めているのです。逆に、診療報酬の算定方法の告示でありながら、「である。」という現状認識の言葉を入れること自体おかしいのです。ちなみに、この告示のなかで「である。」としているのは、いわゆる7:3のところ一箇所のみです。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:49:26
  • まずは、現状がどうであるのかの理解が、最低限の出発点ではないでしょうか。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:51:50
  • 「皆保険下における経費は委託技工を受ける歯科技工所には無関係でしょ。」→「歯科点数表における歯科技工物の点数を基に、歯科技工料金を決めることはおかしい」という意味ならば同意致します。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:55:32
  • ジョーカーさんの書き込みには良くわからなない点があります。きちんと系統だった理論展開を求めます。宜しくお願いいたします。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 21:58:48
  • 皆保険下であるにかかわらず歯科医院経営において経費は経費です。  「皆保険下における経費は委託技工を受ける歯科技工所には無関係でしょ。」……もう少し今の仕組みを理解する必要があるのではないでしょうか。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 22:03:06
  • 健康保険における仕組みと市場原理を、きちんと切り分けて理解することが大切です。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 22:20:44
  • ・・まぁご理解してますよ。点数表を切り札にして技工料金引下げを求める歯科医院の存在・・・・これも今の仕組みを正しく理解していないからの事なのですよ。 -- 1234? 2014-01-25 (土) 22:22:37
  • 点数表を切り札にして技工料金引下げを求める歯科医院 ⇒ 歯科技工所を経営し30年、そういう医療機関や個人に出逢ったことはない。 -- RDT shimo? 2014-01-27 (月) 08:55:44
  • >健康保険における仕組みと市場原理を、きちんと切り分けて理解することが大切です。 分ける事をあんんい -- ジョーカー? 2014-01-30 (木) 21:43:23
  • 分ける事を恐れていますよね。分けられる事を。良いですか。市場減 -- ジョーカー? 2014-01-30 (木) 21:45:44
  • 市場原理という言葉を使う人は本当の市場など語れませんよ。何を知っているのですか?市場は金儲けですよ。 -- ジョーカー? 2014-01-30 (木) 21:50:28
  • 市場原理というは、文字通り「原理」です。法則みたいなもの。複数の供給者と複数の需要者がいて、価格の設定をフリーにすると、需給のバランスで価格が決まる、という「法則」ですね。 -- sato? 2014-01-31 (金) 09:45:15
  • その法則を取り入れて、「金儲け」をするのが資本主義です。投資して、リターンをもらうことを言います。 -- sato? 2014-01-31 (金) 09:47:16
  • そのリターンを分配することを営利といいます。日本では、営利を目的として、医療機関を開設することは、原則できません。 -- sato? 2014-01-31 (金) 09:49:26
  • それに対して、歯科技工所は、営利を目的として開設することができます。 -- sato? 2014-01-31 (金) 10:18:35
  • >•分ける事を恐れていますよね。分けられる事を。←意味がやっとわかりました。分けないのは、恐れているからではなくて、「取引」の形態上の問題ですよ。歯科医院⇔歯科技工所という間で取引がなされる以上は、ジョーカーさんのいうようには分けることはできないのですよ。 -- sato? 2014-02-01 (土) 10:45:35
  • ジョーカーさんにお尋ねします;「仕組みと市場原理とを切り分けて理解する」とは、仕組みと市場原理の双方を理解する_という意味でしょうか? それとも、仕組みと市場原理は切り分けられるので、それぞれを単独で別ものとして理解する_という意味に近いのでしょうか? -- RDT shimo? 2014-02-03 (月) 20:31:53
  • 私も良くわかりません。ご説明お願いできればと思います。歯科医院に入る報酬と、歯科技工所に入る技工料金を分ける、つまり、歯科技工所(歯科技工士ではないです)へ直接診療報酬が入るということでしょうか? -- 1234? 2014-02-03 (月) 22:06:46
  • 簡単な事です。診療報酬と委託技工料金がリンクしなければならないと何処かに書いてありますかね?厚労省、公取委などの通達など見たことはありません。私が始めに問うた事を見て頂きたい。官僚じみた論点のすり替えをお聞きしたのではありません。委託技工料金と診療報酬の点数がリンクするのならば根拠を頂きたく思います。そこに強制はありませんよね。何処かに書いてありますかね? -- ジョーカー? 2014-02-15 (土) 19:57:35
  • 申し訳ない。ジョーカーさんの文章、理解できません。 -- sato? 2014-02-16 (日) 18:33:27
  • 現行では、技工料と診療報酬はリンクしていません。そういう意味では、「分かれて」います。 -- sato? 2014-02-16 (日) 18:35:31
  • >•分ける事を恐れていますよね。分けられる事を。←分かれているものを分ける事はしないですよね。恐れようもないと思うけど。 -- sato? 2014-02-16 (日) 18:38:09
  • 自分、文才無いのです。お邪魔しました。 -- ジョーカー? 2014-02-16 (日) 19:16:10
  • お読みしましたところ_、ジョーカーさんは「診療報酬と委託技工料金がリンクしない」と主張された。 ■ 他方、このサイトでは『第8章 技工料金と診療報酬の連動』として「リンクする」と書かれている。相反しましたね。 ☆私は、一歯科技工士として「リンクしていない」と解釈しております。http://mixi.jp/view_bbs.pl?comment_count=69&comm_id=323761&id=66553073 -- RDT shimo? 2014-02-17 (月) 16:00:50
  • 第8章には、連動するとは書いてないですよ。連動させるとどうなるか、連動させるにはどうするかが、書いてあります。 -- sato? 2014-02-17 (月) 17:34:57
  • まずは、このシリーズを最初からじっくり読まれることを希望いたします。 -- 1234? 2014-02-17 (月) 19:17:00
  • なるほど、そうですね。「連動」とは書いていない。しかし「リンク」と解釈できる記述はあると思います。■例えば『この大臣告知は、「診療報酬の算定方法」を定めたものですから、診療報酬も技工料金が反映されたものになって当然のはずです。しかし、他の材料(特定保険医療材料)とは違うのが技工料金なのです。』部分です。★私はここで、語彙として「リンク」と「連動」との差異を掘り下げるつもちはありませんし、≪みな歯科チーム≫様への批判を掲げてもいない。ただ申し上げたいことは_、皆さまの主張によって、あのナナサン告示は「歯科技工料を定めたい運動に政治・行政が反応した、委託技工費には連動もリンクもしない『保険歯科医業経済の内部の按分“である”』ということを曖昧にしてしまう危惧です。ナナサン告示には最初から、そして今でも誤解がある。皆様が、それを直視しない手助けには成らないでほしいというのです。  ★話をジョーカーさんに戻せば、ここにレスした全員が「診療報酬と委託技工料金が(少なくとも今は)リンクしていない」で一致しましたね。違うでしょうか? -- RDT shimo? 2014-02-17 (月) 20:35:50
  • 告示に「歯冠修復及び欠損補綴料には、製作技工に要する費用が含まれ、その割合は、製作技工に要する費用がおおむね100 分の70、製作管理に要する費用がおおむね100 分の30 である。」とあるのですから、技工に関わる費用と診療報酬が無関係だとはいえません。 -- sato? 2014-02-18 (火) 00:12:11
  • 一方で、告示には、「である」とあるだけで、「とする」とはないので、技工に関わる費用と診療報酬は連動していないことも確かです。 -- sato? 2014-02-18 (火) 00:14:11
  • いわゆる技工料を公定化することは、不可能なことを前提に、政治的に行政によるなにがしかの「結論」を出す必要があって、書かれたのが、いわゆる7:3の告示です。 -- sato? 2014-02-18 (火) 00:17:12
  • 「歯科技工料を定めたい運動に政治・行政が反応した、委託技工費には連動もリンクもしない」まさにその通りですよ。 -- sato? 2014-02-18 (火) 00:18:47
  •  診療報酬改定に当たっては、医療経済実態調査により医業経営の実態を把握し、物価及び賃金の動向など医療を取り巻く諸状況を総合的に勘案するとともに、中央社会保険医療協議会(以下「中医協」という。)の審議を踏まえ、人件費を始め必要な経費が確保されるよう努めてきたところである。 ……以上は、質問主意書に対する答弁書ですが、歯科技工物料金も物価の一つなのです。 -- 1234? 2014-02-18 (火) 13:42:39
  • ただ、金パラのような明確な計算方法はたぶんないのです。 -- 1234? 2014-02-18 (火) 13:57:11
  • >金パラのような明確な計算方法はたぶんない←「たぶん」ではなくて、ないです。 -- sato? 2014-02-18 (火) 15:25:49
  • そもそもその統計に「嘘」がある。ひどいもんだ! ☆ この『七(なな):三(さん) 告示』は、「歯科医療機関と歯科技工事業者との当事者間の話し合いによる円滑実施を」と理念として求めたものである。しかしこの求めは現実の歯科技工経済では機能せず、覆う統制経済の下で不全な市場化が進行した。 それにもかかわらず『七(なな):三(さん) 告示』は、総理による質問趣意書への回答(*2)や大臣による国会答弁(*3)などでは現在でも生きている。答弁の根拠は、厚生労働省が続ける歯科技工料の市場統計調査である。この統計の公表手法に「虚構」がある。この虚構がこうした答弁を可能とさせている。 厚生労働省統計「歯科技工料調査」では、著しく低価格が進行し大きく差益が生じている特定項目(硬質レジン前装鋳造冠)が差し歯分野でもっとも多額の支出総額であるにも関わらず、所轄行政は詭弁を弄し(*4)、これを公表する平均値への算入項目に加えていない。これによって『平均値と称するもの』を高め、『歯科技工料 七:三 大臣告示の著しい不達成』を結果として隠した。その姿勢を喩えれば、穀物の統計から米を外しつつ、米を含める平均であるかのごとき答弁をさせるに似る。 健康保険政策は、客観的統計を下に議論されなければならない。まずは、虚構の統計を正していただきたい。 以上 ;; *1;昭和63年5月30日付 厚生省告示第165号 *2;平成十四年三月十九日 内閣参質一五四第一一号 参議院議長 井上 裕殿 参議院議員櫻井充君提出 「歯科技工士の技工料の決定方法に関する質問に対する答弁書」  内閣総理大臣 小泉純一郎 *3;平成14(2002)年4月17日厚生労働委員会答弁 *4;要旨=[硬質レジン前装鋳造冠]は統計開始当初は対象項目ではない。よって過去比のために算入しない。 -- RDT shimo? 2014-02-18 (火) 19:34:00
  • [ -- 2014-02-18 (火) 21:17:58
  • 「不全な市場化」だからではなくて、「市場が正常に働いているから」今の現実があるのだと理解しておりますが・・・ -- 1234? 2014-02-18 (火) 21:19:04
  • 実際の市場価格が、いわゆる7:3告示と乖離して下がった場合に考えられることは、1.下がった技工料に合わせて診療報酬が下がる2.告示自体の見直し のどちらかだと私は考えます。 -- sato? 2014-02-18 (火) 21:28:16
  • 統計は客観的であるべきですが、技工料が告示の7よりも全然低いということが「公」になると、困るのは、歯科医師・歯科技工士でしょうね。 -- sato? 2014-02-18 (火) 21:31:07
  • 断然に低いということを「公」にしたうえで、新たな「体制」を考えるべきです。それを否定・回避するのはゞ畭緻閏膽腟舛糧歡蠅任△蝓↓既得権保持者による現状維持指向でしょう。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 08:57:18
  • みな歯科」 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 08:57:57
  •   ↑ 失礼しました;;私は、「みな歯科」さんに自発的に自己負担で参画されている方々は近代民主主義を尊重されている_と考えてまいりましたが・・・。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 08:59:52
  • ん〜。「公」にすることを私は否定してないですよ。そうなったら、こうなるだろう、と言ってるだけです。 -- sato? 2014-02-19 (水) 09:31:04
  • 新たな「体制」というのが何を指すのかは、わかりませんが、告示があるまま、技工料が下がり続ければ、診療報酬を下げざるを得なくなると私は考えます。 -- sato? 2014-02-19 (水) 09:33:00
  • shimoさんの考える新たな「体制」とは、なんなのでしょうか? -- sato? 2014-02-19 (水) 09:34:01
  • shimoさんの考える新たな「体制」とは、なんなのでしょうか? -- sato? 2014-02-19 (水) 10:05:54
  • 新たな「体制」 ; http://mixi.jp/view_bbs.pl?comment_count=69&comm_id=323761&id=66553073 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 14:10:48
  • mixi見れないです。。。。 -- sato? 2014-02-19 (水) 14:13:37
  • 私は、まずは歯科技工士が「社会保険歯科技工所」への夢想を捨てるべきと確信しております。そして次に、歯科医師によって『昭和30年07月07日の第22回国会特別会- 参議院 - 社会労働委員会 -』議事録が再読され、「医科に比す歯科の特質」を自己肯定してもらいたいと考えております。それらを経て、正当な統計のうえで再議論するところから産み出され(修正され続け)る体制です。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 14:20:47
  • わが国の歯科医療の現況を見ますと、国民の大多数が歯科疾患に冒されていると言っても過言ではない状態でありまして、そのうち、義歯、充填、矯正に属する治療技術を必要とする患者はおびただしい数に上っているのであります。  わが国の診療に従事している歯科医師の数は、人口約三千百名に一人の割合でありまして、この程度では国民の歯科医療の需要を満たすに不十分であり、また今後の歯科医師の需給の見通しも、将来の人口増加を考慮する場合必ずしも十分でないのであります。  しかるに近年歯科医療に対する国民の需要がますます高まってきつつあります関係上、歯科医療中の歯科技工につきまして、歯科医師のほか、いわゆる歯科技工士に委託する場合が次第に多くなり、これら歯科技工士と称する人々の役割が漸次高まって参りまするとともに、その数が相当多きに上って参ったのであります。しかるに、これら歯科技工士につきましては、現在何ら法的規制が加えられておらず、またこれらの者の中で正規の職業教育を経た君はきわめて少数で、大部分は、徒弟見習として習熟した者であります。  従って、その技術内容も千差万別であり、国民の歯科医療を確保する上に、はなはだ欠ける点が多かったのであります。  このような状態にかんがみ、歯科技工士の資格を定めて、その資質の向上をはかるとともに、歯科技工の業務が適正に運用されるように規律し、歯科医師の業務を適正に補足させることによって、歯科の医療普及と向上に寄与しようとするもので、この法案を提案いたしましたこれが理由でございます。  次に、その要旨を御説明申し上げます。  まず第一に、歯科技工士の免許は、都道府県知事の行う試験に合格した者に対して、都道府県知事が与えることといたしております。  第二に、歯科医師又は歯科技工士でなければ、業として歯科技工を行なってはならないことといたしたのであります。  第三に、歯科医師の指示書によらなければ、業として歯科技工を行なってはならないことといたしました。  第四に、歯科技工を行う場所である歯科技工所につきまして、開設の届出義務、管理者の設置義務等必要な規制をするとともに、これに対しまして行政庁の一定の監督権を定めております。  以上が、この法案を提案しました理由及びそのおもな要旨でありますが、何とぞ、慎重に御審議の上、すみやかに御可決あらんことをお願いを申し上げる次第でございます。 -- 2014-02-19 (水) 14:31:39
  • ↑これですか? -- sato? 2014-02-19 (水) 14:32:04
  • 詳しくはmixiをご一読ください。■ ナナサン告示があるままに(正当に統計されて)技工料の実質が下がり続ければ、診療報酬を下げざるを得なくなる ⇒ それで良い。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 14:35:21
  • 『昭和30年07月07日の第22回国会特別会- 参議院 - 社会労働委員会 -』議事録 ; 議論のなかで局長は「歯科の技工」と“助詞である【の】”をあえて加えて話しています。質問者と答弁者のやり取りをお読みくださいませ。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 14:38:34
  • http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/sangiin/022/0188/main.html  ←ここには、いうようなやり取りは載ってないですが、どこを探せばいいのでしょうか? -- sato? 2014-02-19 (水) 19:39:05
  • 歯科技工法案(政府提出) 昭和30年07月11日(月曜日) 基本的質疑 ○加藤武徳君-質問 ○政府委員(曾田長宗医務局長)-答弁 ■(抜粋) 曾田局長答弁(本案の…)一番ねらいといたしますところは、歯科の診療の中に含まれておりまする特に技工の問題というものが、仕事といたしましても、近時ますますふえて参っております。歯科医師の実際に行なっておりまする診療の中でも、時間的に見ても、また経費の上から見ましても、相当大きな部分を占めるようになってきておるわけであります。そうして、この歯科の技工と申しますものは、もちろん歯科医師が責任を持ってやっておるのでありますが、その一部分は、歯科医師が他の技術者の補助を得て行うというような状況が、徐々と申しますか、だんだんに発展して参っておるわけであります。そうして一部からは、必ずしも歯科医師が直接に指示監督をいたさずとも、非常に熟練した者、また素養のある者であるならば、一定の命令指示をいたしました後、自分が責任を持ってこれを行うこともできるという性質のものであるというふうに考えられて参っておるのであります。それに対しまして他面においては、さように熟練いたした者にはある程度まかせられるけれども、さればといって、これを無制限にというようなことになりますと、・・・たとえば義歯というようなものについて用いますいろいろの材質というものについて、でき上ってしまうと、これを十分にその良否を検査するというようなことが絶対に不可能とは言えないまでも、きわめて困難になるというような事情がありますために、よほど基礎的な技能を修得したものでなければ、まかし切るというわけにもいきかねるというような事情が出て参りまして、他面歯科診療に対する需要が非常にふえて参っておりまして、歯科医師もきわめてわずかには増加して参っておるのでありますけれども、・・・国民の要望(…)向上というものにこたえることが、 (…)不満足な状態にある(…)から、歯科医師が今日やっております仕事のうちでも、この介補者にまかし得るというような仕事がありますならば、その歯科診療の介補者にその仕事の責任を持ってもらう。他面(…)その責任を負い得るだけの教育をし、その資格をはっきりいたさなければならぬということが、この法案を提出いたしました一つの背景(…)でございま(…)す。  ○加藤武徳君 ところで、いわゆる歯科技工は、歯科医師のやりまする歯科診療の一部を分担せしめるという考え方であるか、従って歯科診療のワク内における一部分担の考え方か、あるいは歯科技工士を作り、さらに行く行くの問題としては、歯科技工を診療の一部から切り離した考え方に発展させようという基本的な態度であるか、その点についての御答弁をいただきたい。 ○政府委員(曾田長宗君)・・・ 結論を先に申し上げますれば、私どもといたしましては、歯科技工は歯科診療の一部である、歯科診療のうちに含めらるべきものであるという考え方をいたしておるわけであります。多少付言して申しますならば、今日の歯科教育、歯科医の教育というものにおきましては、その内容に、大きい意味で技工に属する仕事、科目というものに非常に多くの時間を費されておるというような状況からも、これは歯科医の教育のうちに含まれておるものというふうに考えております。 結論を先に申し上げますれば、私どもといたしましては、歯科技工は歯科診療の一部である、歯科診療のうちに含めらるべきものであるという考え方をいたしておるわけであります。多少付言して申しますならば、今日の歯科教育、歯科医の教育というものにおきましては、その内容に、大きい意味で技工に属する仕事、科目というものに非常に多くの時間を費されておるというような状況からも、これは歯科医の教育のうちに含まれておるものというふうに考えております。  ○榊原 亨 君 ただいま加藤委員の御質問に対する御当局のお答えとされまして、歯科技工が歯科診療の一部であるというお答えがあったように承わったのでありますが、そういたしますると、この診療の一部分であるものを歯科技工士におまかせになるというようなことですか。私が了解いたしておりましたのは、さようなことではないと思うのであります。たとえば義歯なら義歯というものを作りますまでは、これは歯科技工でありまして、作りましたその義歯を直接人体に当てはめますところで初めて治療というものができる。その治療をいたします一つの器械器具を作るというのが歯科技工と私は考えておるのでありますが、歯科技工を診療の一部とお考えですか。そういたしますと、これはまた医薬分業と同じ問題が起る。その点ははっきり一つ。  ○政府委員(高田浩運君) 法律的な事柄にもわたりますので、便宜私からお答え申上げたいと存じます。歯科技工が広い意味の、つまり通俗的な意味での歯科診療の一部であるというふうに考えられることは当然でございますが、法律的にいういわゆる歯科医療――歯科医師でなければ歯科医療を行なってはならないという意味での歯科医療、この中には含まないと、かように考えておるわけであります。○政府委員(高田浩運君)  法律的な事柄にもわたりますので、便宜私からお答え申上げたいと存じます。歯科技工が広い意味の、つまり通俗的な意味での歯科診療の一部であるというふうに考えられることは当然でございますが、法律的にいういわゆる歯科医療――歯科医師でなければ歯科医療を行なってはならないという意味での歯科医療、この中には含まないと、かように考えておるわけであります。( ⇒ ・・・・・・・このあとも大切です) -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 23:22:53
  • 数枚に分けたスライドからコピーしつつ、ここに貼り付けるべく「一行化」したため、重複や欠落があるかもしれません。お詫びします。★要するに、申し上げたいことは「歯科医が担う歯科の技工」と歯科技工士が担う「歯科技工」は、当該歯科医の思考の代替行為であるから、当該歯科医がその「己の行為」にどのような思考を込め、いかような価値を見出しているか_が、代替行為にトレースされる・・・ということを申し上げたいのです。  ここまでおつきあいいただき感謝します。 -- RDT shimo? 2014-02-19 (水) 23:29:14
  • 文章が成り立っていないので、書きなおします。■ ★要するに申し上げたいことは、『歯科技工』とは「歯科医が担う歯科の技工」を「歯科技工士が担う歯科技工」に代替させたものであるから、当該歯科医の思考・目標を歯科技工が忖度しつつ、そこに専門者の矜持を加え現したものです。よって、当該歯科医が「その己の行為」にどのような思考を込め、いかような価値を見出しているか_が、代替行為に表れている・・ということを申し上げたいのです。  -- RDT shimo? 2014-02-20 (木) 08:18:10
  • 再修正; ★ 要するに申し上げたいことは、『歯科技工』とは「歯科医が担う歯科の技工」を「歯科技工士が担う歯科技工」に代替させたものであるから、当該歯科医の思考・目標を歯科技工士が忖度しつつ、そこに専門者の矜持を加え現したものです。よって、当該歯科医が「その己の行為」にどのような思考を込め、いかような価値を見出しているか_が、代替行為に表れている・・ということを申し上げたいのです。 -- RDT shimo? 2014-02-20 (木) 08:20:13
  • http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BE%A1%E5%80%A4「価値のパラドックス」>すなわち、水は使用価値は高いが、交換価値は低い。また、宝石は使用価値は低いが、交換価値は高い。←とあるように「価値」といっても概念はひとつではありません。わかりやすくいえば、「思い」があってもそれが「価格」に反映されるわけではないのです。 -- sato? 2014-02-20 (木) 09:08:33
  • そうですね。ただし、私が[2014-02-20 (木) 08:20:13]で記した「価値」は対価という意味だけではありません。それは「そもそも施術歯科医として、どのような価値を込めていますか?」という意味が大きい。 -- RDT shimo? 2014-02-20 (木) 09:59:00
  • そうですね。ただし、私が[2014-02-20 (木) 08:20:13]で記した「価値」は対価という意味だけではありません。それは「そもそも施術歯科医として、どのような価値を込めていますか?」という意味が大きい。 -- RDT shimo? 2014-02-20 (木) 09:59:05
  • >法律的にいういわゆる歯科医療――歯科医師でなければ歯科医療を行なってはならないという意味での歯科医療、この中には含まない←と政府委員の答弁にありますが、これについては、どう考えますか? -- sato? 2014-02-20 (木) 16:30:21
  • お声掛けいただきありがとうございます。本件は深刻な分野であり、真剣に申し上げなければなりません。よって、ここのこの「遅く、一行形式のレス状態」では伝えきれません。出来れば上記mixiに入っていただき、コミュニティー「がんばれ!歯科技工士」のなかのトピックス『もうやめよう、「社会保険歯科技工所」への夢想』並びに『しっかりしてね、歯医者さん』のなかでお願いしたい。あそこなら資料も添えられます。ご検討ください。 ■ mixi にて記すであろう内容の一部を、短くお答えします。 ★当時は未だGHQの思想が残り、ドイツ型歯科観を押し通す政治行政環境になかった。★こうしておかないと、新歯科医師法施行時から歯科技工法施行時までの間に大量の「犯罪状態」を起こしかかねない。 ★これ自体は(歯科医を広義の医師と置く以上)正しいのだが、当該質問者らの意図が領域保全意識から発せられたために誤解が拡大し、歯科医自らが「母系の血脈」を軽んずること繋がっていく不幸を導いた・・・。等々 -- RDT shimo? 2014-02-20 (木) 19:46:33
  • http://pene.at.webry.info/201308/article_4.html←こんなこと言ってるひともいますね。私は、歯科技工士は、歯科医師の代替だとは思わないですよ。 -- sato? 2014-02-20 (木) 22:13:57
  • 「代替」とか「片翼」とか、そう考える方が間違えってるとさえ思います。 -- sato? 2014-02-20 (木) 22:15:25
  • そう、ここ四半世紀においては「代替」ではなく【補完】です。しかし法体系も歯科界からの扱いも「補助」のままである。この実態と制度の落差(制度を更新しない未必の故意)が『歯科技工を通じた保健問題』の中心に在ります。 ◆「みな歯科」さんによるここでの「…改善を目指して」に欲しかったのは、社会インフラとしての歯科技工産業が置かれた制度不作為への言及でした。この点は残念でした。 -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 08:52:42
  • 二方面での補完; ● 歯科技工士が「歯科医による歯科の技工」に代わり患者個別調製装置を作成等することで、歯科医業は成り立っている。 ● もはや歯科医は「補綴工程への具体的知識が -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 08:57:13
  • •二方面での補完; ● 歯科技工士が「歯科医による歯科の技工」に代わり患者個別調製装置を作成等することで、歯科医業は成り立っている。 ● もはや歯科医は「補綴工程への具体的知識が足りず、歯科技工士に特定専門部分を問いかけ、それら知識を総合し歯科医療が提供されている。この分科は人社会の当然であるから本来、歯科医がこれを不安視する必要はない。 -- 2014-02-21 (金) 09:00:55
  • ほとんどのパラメディカルの業務内容は、診療の「補助」です。法律にそう書いてあります。全部を確認したわけではありませんが、そう書いてないのは歯科技工士だけのようです。 -- sato? 2014-02-21 (金) 09:09:14
  • 薬剤師は、「補助」ではありません。調剤は、診療の補助ではありません。歯科技工士もそういう方向を目指すということでしょうか? -- sato? 2014-02-21 (金) 09:10:44
  • 歯科技工士の業務は現在のままで良い_というのが私の考えです。 -- 2014-02-21 (金) 14:22:29
  • •歯科技工士の業務は現在のままで良い_というのが私の考えです。  -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 14:23:41
  • sato様は、•>法律的にいういわゆる歯科医療――歯科医師でなければ歯科医療を行なってはならないという意味での歯科医療、この中には含まない←と政府委員の答弁にありますが、これについてどう考えますか? -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 14:25:22
  • 私は、歯科技工士法がないのであれば、「技工」は誰がやってもいいものなのだと考えます。要するに歯科医師だけにしかできないものではないということですね。なので、歯科技工が歯科医師の行為の「補完」だとも思いません。 -- sato? 2014-02-21 (金) 17:53:42
  • 歯科器材の会社で、無資格の人が、義歯用の人工歯を作るのは今でも合法です。患者の体に直接影響しない行為というのは、医療行為ではないと解されているのだと考えます。 -- sato? 2014-02-21 (金) 17:56:47
  • 上〜の方に、私の考える「改善策」がありますが、その中に、診療の補助として、歯科技工士が働けるようになるのがいいというのがありますが、↑こういった考えを基にしています。 -- sato? 2014-02-21 (金) 17:58:21
  • 歯科技工法というのは、歯科技工を独占業務にする一方で、歯科技工「師」つまりデンチュリストを排除する法律です。 -- sato? 2014-02-21 (金) 18:17:19
  • その結果、現行歯科技工士は、診療室から遠い存在になってしまっています。私は、それこそが、歯科技工「士」問題であるとさえ考えています。ただ、歯科医師が余っている状況では、改善が難しいですね。 -- sato? 2014-02-21 (金) 18:19:27
  • ここのところレスが噛み合わない感じがしておりましたが、ほっとしました。;; 私は、【歯科技工「師」】とは歯科医師のミトコンドリア(母系)であると考えております。ですから、「歯科医療の用に供する患者個別調製装置」の作成等を専門に業とする者は、「歯科医師の劣位亜種」に成らない道を進むべきと考えております。このデンチュリスにまつわる社会的結論は、大阪と札幌等での事案で最高裁で確定済みです。もしもこれをひるがえすべき要素があるとしたら、それはあまりに(!)歯科医の技能が劣化した場合だけでしょう。現行法範囲でも、歯科技工士がわきまえ、歯科医が中味を伴い統御出来れば__歯科技工士は診療室に近い存在に成り得ましょう。 -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 19:39:43
  • ■ 「歯科医療の用に供する患者(特定人)への個別調製装置」=歯科技工士法の適用範囲。 ■ 「歯科医療の用に供する汎用の材料・装置」=医療機材の製造=薬事法の適用範囲。 -- RDT shimo? 2014-02-21 (金) 19:45:33
  • パラメディカルを規定する多くの法律と歯科技工士法を比べて読んでみると、歯科技工士法だけが違うことがわかります。 -- sato? 2014-02-22 (土) 09:39:19
  • 高度化している医療は、医師だけではできません。役割を分担してチーム医療をするようになってきています。 -- sato? 2014-02-22 (土) 09:40:41
  • 歯科医療もそうなればいいと考えますが、現行歯科技工士法は、そういう観点で作られていません。 -- sato? 2014-02-22 (土) 09:41:41
  • 歯科医師界は(行政と供に)歯科技工士の高次化を押し留めてとどめてきた。 ex.■第6回(最終回)「歯科技工士の養成の在り方等に関する検討会」議事要旨< 平成13年4月24日(火)> における最終発言 ; ○  修業年限の延長に伴い、現在の歯科技工士が行っている業務内容に変更がなく、 デンチュリストのようなものを想定していないことが明確に整理されていることが関係者を説得していく上で必要ではないか。  -- RDT shimo? 2014-02-22 (土) 10:21:14
  •   ↑ 公金をかけて数年に亘り「二年制の三年制化」を検討した際の最後の発言が“これ”ですよ。情けないワぁ。 ⇒ どうして歯科技工士教育を三年制にするとデンチュリスに成るの!? 歯科医は何年学んで、患者に有床義歯を適用できるようになるのでしょう。ホント情けない。 -- RDT shimo? 2014-02-22 (土) 10:29:23


【お知らせ&お詫び】

以前にあった新しいコメント欄は「混乱する、ページが重い」などのご意見もあり閉鎖しました。ご不便をおかけし、申し訳ありませんでした。

外部に新たなフォーラムを設置いたしまして、コチラのコメントを移植し始めております。下のリンクからご覧下さい。

みな歯科フォーラム 「歯科技工士問題の改善を目指して」トピック ←クリック!

アチラのフォーラムも書き込み可能です。トピックを立てるか、既存のトピックに「返信」あるいは「引用返信」する形です。

・書き込み欄は編集機能を使う、使わないは自由です。

・リンクを貼る場合だけは、リンク先のURLをコピペした後、そのURLをドラッグして文字を反転、編集バーの中の「URL」ボタンを押すって作業が必要です。
スパム・ボット対策にご協力下さい。

・同様に、書き込み時のCaptcha認証入力をお願いします。半角英数字で入力。大文字、小文字の区別は要らないようです。


添付ファイル: filechapter3(訂正).pdf 1244件 [詳細] fileowarini.pdf 1397件 [詳細] filechapter9-5.pdf 4619件 [詳細] filechapter9-4.pdf 2019件 [詳細] filechapter9-3.pdf 2641件 [詳細] filechapter9-2.pdf 2501件 [詳細] filechapter9-1.pdf 2674件 [詳細] filechapter8.pdf 2604件 [詳細] filechapter7.pdf 3573件 [詳細] filechapter6.pdf 4880件 [詳細] filechapter5.pdf 2567件 [詳細] filechapter4.pdf 4386件 [詳細] filechapter3.pdf 4370件 [詳細] filechapter2.pdf 4483件 [詳細] filechapter1.pdf 6798件 [詳細] filehazimeni.pdf 2097件 [詳細] filegazo.jpg 1537件 [詳細] filegazo3.jpg 560件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2014-03-04 (火) 14:43:52 (1325d)