Top / 情報開示について



治療内容の分かる領収書の発行など、情報開示についての議論の場とします。

オープンな場所ですから、節度ある書き込みをお願いいたします。
歯科医療政策」のページから一部を移しています。


関連ページ「患者さんアンケート結果


  • 情報開示に関してだが、Wikipediaの「歯科医師過剰問題」の項にあるような低報酬に関する記述はまぁ当たっていると考える。本来60キロで走行すべき道路を30キロ制限に設定するって奴ね。それによる費用対効果の話。で、その曖昧さが諸悪の根源ではないかと。かなり昔にエッセイで書いたが「こんな点数じゃやっていけない」と。でもほとんどの歯科医院が潰れていない。これをどう説明するのか。津曲先生の言う「広義の不正請求」ですね。結論から言うと、この部分を何とかせんと我々は行った治療に対する正当な評価を求めることは百年かかっても無理ではないか。で、情報開示によってそれは是正されるであろう。医療には良い意味でのファジーな領域も必要なのだが、それは情報の透明化の前に削減されるであろう。しかし最早神話のような医療側と患者側の幸せな関係は(非対称性に立脚する)崩壊しつつある。時計の針を逆回しすることは不可能と考えるが如何に。そこから我々が選択できる未来もまた限定されるであろう。「最適な医療」の定義は100人歯科医師が居れば100の回答が存在するから困難だ。だが不可能ではない。416氏。「予防とメンテナンスが歯科医師が行う業務の多くを占め、この国の歯科疾患の有病率が激減し、少数の機能回復を必要とする患者に専門医が高度な治療を行う」という未来図は同意頂けるのではないかな?では、そこに到る道をどう設営するかの方法論か、語るべきなのは。ゴジラ氏、良貨が悪貨を駆逐する方法も合わせて考えようではありませんか。 -- 大阪? 2007-10-05 (金) 22:38:28
  • 受給関係改善は火急の懸案だが、くどいようだが口腔ケア領域の歯科医師のニーズも念頭に置いてくださいね。開発途上国への歯科医療支援と。 -- 大阪? 2007-10-05 (金) 22:45:30
  • 大阪さん。甘い!考え方が甘い! -- 2007-10-05 (金) 22:51:14
  • ん〜、どのへんが甘いかね。情報開示によって適正な診療報酬を入手できるという件かね。それとも「最適な(この言葉も諸説あるだろうが)医療」の定義が可能かどうか、かね。 -- 大阪? 2007-10-05 (金) 23:57:54
  • 大阪さん。具体的案が無いということです。 -- 2007-10-06 (土) 00:05:20
  • 私が考えていることはそもそも私たち開業医、ホームドクター、町医者というものが果たすべき役割とは何かと言うことです。勝村さんが「役割を果たして欲しい」といったそうですね。私たちの役割は役人になって内務省を祖先に持ち犯罪組織社会保険庁を抱える厚労省の出先機関としてひたすら言われたとおりの治療のみをすることが仕事な訳ではありません。私たちに期待されている仕事は先にも言いましたように自分の患者の利益を守ることです。法律というものは常に不十分なものであり必ず厳密な適用をすればそれが道徳上の不正義となりうるものであるという現実は踏まえるべきです。 -- 416? 2007-10-06 (土) 00:54:09
  • それをただただ厳密にやって、はいこれが正義ですよって言うのは間違っていると思います。こんなことはまともな人であれば分かり切ったことで私たちよりむしろある程度お年のいった患者さんがよく分かっている感じを私は受けますね。「そんなに四角四面にやらなくても良いですよ、先生のやりやすいようにやってください」そんな人がうちではおおいですね。先生の手足を縛り、診療時間を減らしやったことをそれも金銭的なことを細々と説明させるなんて信頼関係のある患者さんは望んでいませんね。知りたいのはもっと別な医療の本質に関わることですよ。 -- 2007-10-06 (土) 00:54:32
  • ルールを変えたいのなら、場をわきまえてください。競技中にルールを変えてはいけません。 私もこのルールに不満です。審判も不満です。しかし試合場ではルールと審判に従います。 ルールを変えるべく、試合後に場外にて頑張っているつもりです。  そのあたりを混同しないようにしてください。 競技中にルールに従わないのなら退場するべきなんです。  ごちゃ混ぜにしてはいけません。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 01:42:10
  • 情報開示によって適正な診療報酬が入手できるわけありません。そんな単純じゃないことくらい私も承知しているつもりです。 20年前ならいざ知らず、良い悪いは別にして今の時代は情報開示すら出来ない業界は発言力が無いのです。「なぜその日の治療内容を患者さんに示せないのですか?」 この問いに答えられない以上、示せなければ疑われるのは当然です。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 01:52:36
  • 情報開示によって初めて発言権が得られるのです。 そうしなければ歯科医療制度の議論の場にあるスタートラインにすら立てないのですから。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 01:54:49
  • 416氏の具体案としては良質で責任の取れる医療を行うには財源・制度の制約下では限界がある、故に保険で治療できるレベルを明確に線引きを行い、そこに収まらない部分は切り離すべきだ、という考えで良いかな?大阪に416氏と全く出発点や発露を異にするが保険医と自費医を完全に分離すべし、という論の歯科医師がいます。で、MTMやMBや金属床もその場合保険に導入すんのか、なんて議論もしてます。兵庫県に熱血先生がいてね、この先生は保険医協会で精力的に動いているのだが明細領収書をもっと詳しい形式で完全発行義務化せよ、なんてこと主張してる。MB保険導入に積極的だったのは北海道だったかな。視点・発想、様々なんだよ。チュー氏の仰る通り「患者を目の前にして、自身が必要と思える治療を制約なしに思う存分行いたい」という思いはゴジラ氏も416氏も同様なのだ。MOMOプロの議論でもシミュレーションを複数案作成するという話でたよね。保険の拡充にせよ保険制度における医療内容区分化にせよ、知識・認識を持ってもらったうえで選択するのは患者じゃないのかね。僕の具体案といえば「歯科医療制度の再構築に際して、十分な資料・議論に基づいた複数の改革案を患者に提示し同じテーブルで新しいシステムを作るための話し合いを行う」というものかな。 -- 大阪? 2007-10-06 (土) 02:26:27
  • ゴジラさん、たとえば諏訪マタニティクリニックの根津医師なんてどう思います?法律無視でそれでも体外受精とか養子縁組とかやっちゃうんですよ。一年くらい前にどこか忘れましたがやはり安楽死させたとのことでスキャンダルになったお医者さんいましたね。いずれも大変患者さんからの信頼あついんですよね。世間も概ねわかったって感じでつっこまない雰囲気にだんだんとなっていきましたね。歯科はこれほどドラスティックではないとはいえ、本質は同じであり、法の不備あった場合、その法に従って患者を見捨てるより法を破ることを選択する先生は居ると言うことですね。だからがちがちの運用は、心あるお代官様(技官)はしなかったし、河合技官のように「いい加減が良い加減なのです」と、医療現場をわかった技官は言うわけですね。それを壊すのは現場を知らない、いわゆる子供のような正義感を持った素人とマスコミなのではないですか。小松ひできの本を医者の論理に過ぎないとか言ってるんじゃないんですか?そういう人って。じゃああなたの所の教育現場はどうなんですかっていいたいですよ。モンスターペアレントの前に情報完全開示と一挙手一投足ご報告で熱血先生死滅なんじゃないんですか? -- 416? 2007-10-06 (土) 02:29:58
  • 我々の行っている治療は非常に定型的な場合もあるが、必ずしもそうではない場合は決して少なくない。義歯と残存歯が絡めば途中の修理や咬合の再構成は複雑なものになる。これを厳密にどう請求しろと言うのか。私なんぞは毎日こんなことばかりですよ。咬合を考えない無責任なクラウンのために片側が咬合低下した人を挙上してクラウン作るとかね。そんなのどうやって請求するのかね。ゴジラさんのようにプロ保険医はウルトラCの請求の仕方がすぐ出るんでしょうが私なんて保険請求ルールを細かく勉強する時間があったら咬合学の学術書読みたいですから、よくわかりません。良い選手は必ずしもルール(しかも複雑すぎて分からない、恣意的な解釈のできるもの)に詳しいわけではないですね。サッカー選手がみんな複雑すぎるそんなルールのことばかり考えてゲームやってたらそっちの方が観客無視ですよ。 -- 2007-10-06 (土) 02:43:43
  • もう一度ゴジラ氏に問いたい。歯科医師としてあなたにとっての医療倫理の第一原則は何ですか?法令の徹底厳守ですか?それならあなたは医師ではなく役人であり、行政機構の末端の執行者です。法令の徹底的な厳守無くしては情報の完全開示はできないと思いますので。もしそうでなくて、患者の利益のみをまず第一原則とするならば、情報開示はできない場合もあるという現実に一応の思いは致すくらいの態度はあって良いと思います。 -- 416? 2007-10-06 (土) 02:56:54
  • むかしアメリカにキボーキアン医師という安楽死の医師がいて、安楽死をマスコミにさらして徹底的に法的に決めてしまおうとしたアホがいましたね。アメリカの医師が「馬鹿のおかげでみんな困ってる」っていってたね。家族の経済状況や面倒を見るお嫁さんの気持ちを察してそっとチューブを抜いて死なせてあげるのがホームドクターの仕事なのですよ。そんなことは決して表に出せるような性格のことでもないし厳密に法的に決められるようなことでもないのですよ。ホームドクターの本質とはそういうものであると私は理解しています。もちろんくだらない法律屋のせいでこういうこともすべて犯罪者扱いされる時代になりつつあるのですが、なにもこちらから好きこのんで裸体をさらさなくても良いのかもしれませんよ。そんな裸体見たくないって患者、うちは多そうだな。 -- 2007-10-06 (土) 03:07:08
  • 根津医師らのの行為についての評価は我々が決める事じゃあありませんよ。患者・国民が決めることです。 ところで歯科で公開できない事って何があるの? 医学的に妥当で違法な行為があるから公開できませんって答えれば良い?  ちゃんとコップの外に答えてください。 416氏、いつまでもコップの中に向かって言っていてはダメですよ。  複雑すぎるからルールは守れません。と言うのは法治国家において許されることではありません。保険のルールを勉強したくないのなら保険医をお辞め下さい。 ルールを承知したから保険医登録しているのです。 416さん 言いたいことは分かるのですが、コップの外に向かって言わなきゃ。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 07:47:55
  • 416氏は、結局歯科医療制度をどうしたいのかな? 現場の状況に合った制度構築をするべきだということですよね? 多分そこは私と共通しているんだと思うけど。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 08:03:17
  • 確かにこのいちばん上の項を頂いた田中先生に失礼ですのでもうこのくらいにします。仝従譴鮹里蕕覆た祐屬虜遒襯襦璽襪噺充造隆屬砲鷲ず齟齬があり日常的にルール違反の状態に我々はある。この論理の延長上でしか私は語っていません。△海両松氏の言い分をもコップの中の論議だという人間と論議するならそれなりの心構えが必要でしょう。即ちはなからこちらの言い分など聞く気がないという人間との対話(?対話と言えるのか)ということですね。空しく悲しい人間の誠実さとはかけ離れた行為ですね。そうなんだ仕方がないんだと36さんが言っていたように思います。4擬垤駝韻決めることとおっしゃいますが、現実に先生はその場あるいはそれを小さくしたような現実に立たされた時どうご決断なさるのですか?透明中立国民が決めること私は判断しない・・・それを行政組織の末端執行官だといっているのです。目の前の患者の利益のために働くという第一原則の前では透明ではすまないでしょう。それでは「遺族からの攻撃に耐えられない」と小松氏はいうのです。だ萓犬睨榲はゴールドクラウンのほうがいいと思っているといいましたね。でも保険証持ってきた人にそれを言うことは違法なんですよね?でも本当の情報を患者に教えないことも極めて重要な背信行為だと思いませんか?先生も毎日TMDの遠因をつくったり、そういう人を見逃しているということにはなりませんか?つまり毎日背信行為を日常的に行いつつ保険医として決まりどおりにやると。そうでなくゴールドクラウンをきちんと顎機能系に適応したように作ったら自費になりますと患者に勧めるというのが「違法行為」なわけですよね。私はほとんど毎日違法行為をしていますね。セ科で公開できないことは保険請求上の齟齬に関してだけだろと思います。命には係わらなくても患者の利益のために齟齬をなんとか吸収しなければならないことはあります。朝早くから皆様お疲れ様でございます。私は以上です。では制度論議でしょうか。 -- 416? 2007-10-06 (土) 09:19:24
  • 医療現場と制度に齟齬がある。私も同意します。
    だからこそ、その齟齬を公開しない限り解決しないと思います。
     416さんの言いたいことが分かると言っているのは私も歯科医師が制度に縛られずに、医療倫理、歯科医学的理想を追求できる診療を目指したいです。 そして制度がそれを阻んでいることは歯科医療者はほとんど同じように感じているはずです。
     ではそれを患者・国民は感じているのでしょうか?理解しているのでしょうか? 知っているのでしょうか?
     制度についてその改善策を議論するには、現在の問題点を協議者全員が共有し なければなりません。医療側は医療遂行おいて障害となることを説明しますが、 支払う側(保険者、国)は当然、不正請求が極力少なくなるよう要求します。 当たり前ですよね。
     その時、現状の不正請求について触れないわけには行きません。現実に億単位の不正請求の事実があるのですから。
     416さんが不正をやっているかいないかなんて関係ないですよ。事実としてあるのは、歯科業界には多くの不正請求があるのです。これは制度矛盾に起因するものではありません。
     例えば、
    ラバーダム、CR、パラの請求量と購入量との大きな差(10倍以上も)
    歯科医学的にも考えられない程高い割合で請求される処置項目
    歯牙の存在しない部位への「歯冠」補綴処置請求
    メタルボンドを前装冠として請求
    技工納品書と請求の多数に渡る乖離(ミスなんてもんじゃありません)
    患者が来院していないのに請求・・・etc.
    誤解を恐れずに言えば、416さんが、苦渋の選択によって過誤請求にならざる を得ない状況なんて実は大した問題にはなりません。そんなこと厚労省も知っていますし、それを追求することが歯科界、患者のためにならないことも承知しています。
     厚労省もバカじゃありません。現場を知らない人間もいますが、現場の状況を把握していてそれに対してなかなか対処できずに悩んでいる役人も少なくありません。それを放置していくら正論を吐いても、そりゃ滑稽ですよ。盗人にも一部の理はあるでしょうが・・・。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 12:00:49
  • なるほど、私も納得しました。それはそうだと思いますね。ここを自浄作用を見せないとやばいっていうゴジラさんの実感から言ってるんですね。そんなに酷いパラ10倍ですか?酷すぎる。日々齟齬に苦しんでいるとかそう言うレベルのことを言ってるのではないのですね -- 416? 2007-10-06 (土) 12:04:31
  •  ホントに酷いですよ。厚労省は不正請求のデータを毎年把握し続けています。しかしそれが出たら、歯科界はホントに崩壊してしまうことを知っています。厚労省の中には歯科医師として箸にも棒にもかからない人も確かにいます。 しかし歯科医師としてのプライドを持っていて、歯科の点数をもっと上げてやりたいと考えている人も少なくありません。 診療報酬全体を考えるとき、ある程度の不正請求、過誤請求が生じることは想定しているでしょう(もちろん公言しませんが)。しかし正常な想定範囲を超えた額が存在しているのに、それを放置して増点することは彼らにとって大変困難なことです。だからといって不正を公表することも出来ない。彼らもジレンマに陥っているのです。先日、とあるパーティーで某課長補佐の話を聞きました。直接このこととは関係がありませんでしたが、歯科界からのアプローチが欲しい、そうしないと動きたくても動けないんだという主旨の発言をしていました。需給問題にしても、不正問題にしても、歯科側から動きがなければ誰も動けないのです。 私たちは歯科界は、自ら動かずにいつも誰かに自分たちの要求を頼んできました。日医、国会議員、etc. 自分たちが傷つくのが怖いからです。後ろめたいからです。その結果、「日本歯科医師会は(公式には)制度に対して一切の批判をせずに、承知している」とされてしまっているのです。全てをさらして堂々と要求しましょう。そのためには傷つくことを恐れてはいけないと思います。そうして正論を突きつければ相手は無視することが絶対に出来なくなります。聞く耳を持たねば逆に批判されてしまいますから。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 12:29:31
  • なるほど。よく分かりました。納得です。この度を超えたフリーライダーが大量にいて手をつけようにもつけられないってことですね。しかしそれを我々が明細領収書でがんじがらめになることとの関係がよく判らないんだなあ。問題はこの巨大な明らかな悪質な不正請求ですね。 -- 416? 2007-10-06 (土) 12:37:29
  • フリーライダーを摘発するのではなく、フリーライダーにならないようにすることが重要です。摘発懲罰化は問題の解決にならないことはお分かりかと思います。また、不正請求ではなく、歯科医学を追究すると過誤請求になってしまうことを公にするためには情報開示が大切です。 ここでいう情報開示は「言われれば開示します」という態度ではありません。我々自らが積極的に開示をすることが、問題を示すことになるのです。 受け身で何とかしてくれと言う態度が通用しないことは今までの歯科界を見れば明らかです。 我々が自ら動くことで、初めて外部の人はそれに気づき、そして関心を持ってくれるのです。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 15:25:41
  • ちょっと本筋ではないんだけどこのパラの問題って以前にきっこのブログでも流されてたけど、これってじつは「技工所の不正請求」なんじゃないの?だって、うちなんかだって何にも考えないままパラを技工所に渡しますよ。ほんとに使ってるか横流ししてるかなんてわからないもんね。 -- 416? 2007-10-06 (土) 15:51:14
  • 416氏、発言に注意!銀合金をパラ請求している医院、撤去冠を自医院でリサイクル(?)している医院のせいだよ。以前見学した医院が二代目が「親父が撤去冠で鋳造すんだけど組成バラバラだから、すぐ黒変して嫌なんだよね」という話を聞きました。医院内ラボの医院がどうしても淀みます。一種の「密室」だから。外注はグラム数記載されるし信用問題だから稀でしょう。 -- 大阪? 2007-10-06 (土) 16:25:48
  • そうなんですか。いろんなことみんなやるんですね。まめですね。でも技工士というのも依然すこし小耳にはさんだことがあるんですが、可能性はどうなんですか? -- 416? 2007-10-06 (土) 16:32:40
  • で、情報開示の負の側面も十二分に理解しつつ情報開示の方向性しかないのかな、と僕が思うのはしつこいがフリーライダーの規制と業界内でのあまりの乖離を是正する方法が他に考えられないからなんだ。ただし情報開示は根本的制度改革と必ず同じ歩調で進めるべきというのが僕の主張。その点、勝村氏の「まず開示するんです。そこから問題点がはっきりするのだから」という説には素直に従えません。ハシゴを掛けて保障もなしに外されたら大量の死骸が累々と横たわります。制度の歪みを詳しく知っているのは向こうもだよ。どこに問題点があるのは明細領収書発行なんて手法を取らなくても熟知しているはず。だから処置項目ごとのコストなんて議論には乗ってこないんだよ。「点数配分」であって「治療行為への純粋な対価」ではない、とね。 -- 大阪? 2007-10-06 (土) 16:33:59
  • 厚労省もしっかり把握してます。パラの請求量と購入量が違うだけじゃなく、銀合金の購入量、除去算定とリサイクルの頻度、etc. 厚労省をナメると怖いよw  歯科界をかばいたい気持ちは分かりますが、現実をしっかり見つめてください -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 16:34:05
  • 現在点数根拠、コストについて厚労省に質問書(主意書じゃないよ)を出しています。大した返答は期待できませんが、少しずつあぶり出す予定です。 -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 16:37:22
  • ちょっとまった歯科界をかばいたい気持ちはわかるって俺のこといってるの?そんなふうにとられるとは遺憾だな。 -- 416? 2007-10-06 (土) 16:44:35
  • 申し訳ありません、訂正します。 パラ問題は技工所とかではなく、まさに歯科医師のモラル崩壊の象徴なんですよ -- ゴジラ? 2007-10-06 (土) 16:47:42
  • でも歯科界の腐敗の現実をよく知っているゴジラさんからすると大変な苛立ちがあるのでしょう。よくわかりました。今後もそういうのを教えてください。たぶん私なんかからすると想像を絶することが日常なのでしょうね。ただ一方で犬気鵑盪笋盪科医師会と行政の癒着で嫌な思いをしましたので、どっちも共犯関係という感覚も持っていますが。 -- 416? 2007-10-06 (土) 17:30:36
  • 考えてみると政治家もそうなだろうな。はっきり言って1円からの領収書なんて出せないし、出したから良い政治ができるわけじゃないでしょう。だけど国民は出せと言う。それが常識だろうと。特に金の問題が噴出すると「すべてを開示しろ」とマスコミ共々騒ぎ出す。むしろ不透明な部分があったほうがいい政治が出来そうだし、もっと言えばそんなことに気を使っていたら大きな政策なんてできないと思う。でも国民はすべてを晒せと言う。政治家でこんなんだから医療者なんて当然開示しろ、領収書を出せというでしょう。もうこれは「どうしたら良い政治ができる、どうしたら良い医療ができる」という問題じゃない気がする。もう前提みたいなものなのかも。くだらないと思うけどやはりルールに従ってそれをこなしてはじめて「こんなルールじゃできねーよ」というしかないのか。ここの議論見ててそう思った。 -- 2007-10-06 (土) 18:08:02
  • 日本は世界で最も効率良く医療をこなしてきたと思います。診療報酬の低さを多くの患者を診るということで。それが今になって「医療の高コストを効率化する」なんて言い出す。では、その高コストの部分とはどこなのか?診療内容の開示というのはそう言ったことへの反証ともなり得る、適正なコストを決めるエビデンスとなり得るものと考えます。 -- ? 2007-10-06 (土) 18:19:50
  • 高コスト体質って、要は「コスト効率」の話と態とごちゃ混ぜにしてくる。入院日数が長いのに、もうひとつ芳しくない、、、助かる筈の無い「終末期医療」に資源を注ぎ込み過ぎている、、拠って、もっと効果の得られるところに投入できない。こう云う正論と「医療関係者が儲けている」と云う悪口をごちゃまぜにしてくる。勿論知ったうえで。ホスピタルフィーも企業のビジネスチャンスの分は認めて、ドクターフィーは医者等の人件費が高すぎると削ってくる。で、情報開示で心配されてる人が多いのは、誰に、又どのように話を持っていくのかと言うことですね。 -- ? 2007-10-07 (日) 00:19:15
  • 日本の歯科は、慢性的に腹のすいている馬のようなもので、他国の半分しか餌がもらえてない。しかしその鼻先には食べちゃダメと言われている人参がぶら下がってる。空腹のままの状態で人参を食べさせないように努力するより、他国の馬並みに普段から餌をやっとけばいいのではないのでしょうか。診療報酬が諸外国並みになれば、捕まる恐れのある不正請求なんか誰も好き好んでやらなくなりますよ。 -- 2007-10-07 (日) 00:49:46
  • その餌はどこから調達するのですか?具体的に示してください。 -- 2007-10-07 (日) 12:45:30
  • エサはいくらでもあります。イラク戦費20兆円をやめれば?特別会計から10兆円くらいすぐ捻出できるでしょ?日本企業のボロ儲けODA予算を減らせば?法人税安すぎるし・・・。  日本は財政が厳しいって証拠もないのにマスゴミの情報に踊らされている日本人ってどうなの? ホントに財政難なら外資はとっくに資金を引き揚げちゃってるし、円は売られるし、国債は売れなくなるし・・・   ホントいい加減目を覚ましましょうよ。どこが財政難ですか? -- 2007-10-07 (日) 19:46:57
  • 経済学者の意見が常に正しいとは思いませんが、権丈先生のあるシンポジウムでの話(ご自分のHPで公開されているから出しても良いですよネ)。消費税の社会保障目的税化について述べた。会場から「年金生活者はどうなる、消費税は逆進性だ」のブーイング。ネットでの低所得者の税負担軽減を言っても聞く耳を持たなかった模様です。マスコミの情報が先に刷り込まれていて冷静な論議にならない。 -- ? 2007-10-07 (日) 21:36:13
  • どの政党が政権とっても政府にはもっと内向きの政策とってほしいね。外ヅラばかりの日本は誰も望まない。 -- 照明? 2007-10-08 (月) 01:40:04
  • 皆さんここは情報公開についてですので、それ以外のしゃべりばにしないようにしませんか? -- 416? 2007-10-09 (火) 20:27:12
  • 田中先生。 「情報開示によって歯科の信頼が失われる。」と言うことは過去にもそして今も歯科界から多く聞こえてくる話です。 ではそれを外部の人間が聞いたらどう思うでしょうか?「不信になるほど酷いことをしているのか?それこそ強制的に開示させて追求しなければ」と一般人は考えませんか? そうではなく、自らが自浄作用を示す姿勢を示しそして同時に問題点の指摘、改善策を述べることが重要だと思いませんか?  と考えていますが如何でしょうか? -- ゴジラ? 2007-10-12 (金) 09:54:47
  • そのことに関しては、まったく異論はありません。 -- 田中? 2007-11-01 (木) 15:53:17
  • 不正請求の開示が歯科の崩壊につながる。という見解に異論あります。むしろ、不正請求があるのであれば、不正請求は不正請求として開示したほうが歯科界はよくなるのではないですか。悪徳歯科医がいなくなりますし、材料の問題であれば悪徳技工士さんもいなくなります。 -- 匿名? 2007-12-15 (土) 13:21:43



もう一つの議論の場
歯科医療政策」のページへ(←クリック)


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2008-03-16 (日) 21:44:22 (3502d)