Top / 赤ひげ

赤ひげ

山本周五郎が1958年『赤ひげ診療譚』を著し、1965年に東宝、黒澤プロダクションにより製作された日本の映画。フィクション。

赤ひげ診療譚』
狂女の話・駆込み訴え・むじな長屋・三度目の正直・徒労に賭ける・鶯ばか・おくめ殺し・氷の下の芽の全8話。

赤ひげの居た小石川養生所は、患者が増えるにつれ幕府から経費を削られた。今でいう「公的医療費の削減」である。弱きにしわ寄せをした幕府に赤ひげは激しく憤り、権力者・富める者からは多額の薬代を取り立てる一方、貧しい者からは薬代を取らなかった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B5%A4%E3%81%B2%E3%81%92

赤ひげ幻想(日経メディカルオンラインより)
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/blog/irohira/200711/504875.html
医師の立場から見た「赤ひげ」への複雑な思いが書かれています。

現代社会が「赤ひげ」を求める皮肉
http://www.yorozubp.com/0502/050204.htm

逃散 / 赤ひげの呪縛
http://sword.txt-nifty.com/guideboard/2006/05/__9ccd.html


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-12-03 (月) 11:56:18 (3606d)