Top / 長瀬指数




長瀬指数と呼ばれるものがあります。
これは、患者負担の割合とこれに対する医療費の関係を明らかにした算定式で、
この数式は戦前の内務省時代から今の厚労省に至るまで連綿と使用されているといわれています。

続きはファイルを開いてお読みください。↓



2008/06/18追加

第2回医療費の将来見通しに関する検討会
平成19年2月6日(火)

配付資料
資料1−3 医療費の要素分解
http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/02/dl/s0206-5c.pdf
に、長瀬効果の説明資料があります。 (厚生労働省提出資料)
そのページだけ抜き出しています。あわせてご覧ください。
          ↓




ご感想等あればお願いいたします。



添付ファイル: file長瀬効果.pdf 3293件 [詳細] file長瀬指数.pdf 1898件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2009-09-27 (日) 20:39:05 (2885d)