Top / 日本から歯科技工士がいなくなる?




日本の歯科技工士のおかれた環境、諸問題についてまとめてみました。

gikou.jpg







2008/09/19
みんなの歯科ネットワーク
azumi with TEAM T.S.T.






クリックしてお読みください。↓




何かご感想・コメント等あればお願いします。

  • 結論は簡単です。歯科技工士免許制廃止、海外委託完全自由化にすればいいのです。問題が起きたら歯科医が全て責任を負う。それでいいじゃないですか。 -- 元歯科技工士? 2008-11-30 (日) 06:41:40
  • 日本から歯科技工士がいなくなる?」って一番困るのはだれ? -- 2008-11-30 (日) 11:08:31
  • 歯科医師会 技工士会が共同で対処していく問題です。 -- 2008-12-16 (火) 17:56:00
  • 業界にはうんざりです。 -- 2009-01-23 (金) 05:30:57
  • 目の前で優秀な技工士が次々と離職していくのを見てきました。歯科医と技工所経営者・指導者の責任です。 -- 2009-01-23 (金) 05:34:18
  • 看護師のように日本看護協会という職業団体を作り、組織を固め、国に圧力をかけれる組織に育てたような戦略を歯科技工士会はしてこなかった。技工士一人一人が自分の道しかみず、連帯してこなかったことにも問題があると思う。軟弱な職業団体には乗り越えられない時代の波があると思う。 -- 2009-01-25 (日) 22:36:11
  • 行政、歯科医師会、歯科技工士が変わらない限り、今後の技工士の環境はは変わらない、免許を持っているのか、わけのわからない中国などに技工物を委託して作らせているのを認めている時点で、この国は異常かと思う -- 元技工士? 2009-07-09 (木) 14:22:23
  • 私は、歯科技工士の勉強を今年始めました。私はこの仕事の勉強を選んで本当に良かったと思ってます。この記事を読ませていただいて、正直将来に不安を感じもしましたが、これから社会に出て行く予定の歯科技工士の一人として、歯科医師、仲間になる歯科技工士と協力しながら解決の糸口を見つけていければと思います。生意気に聞こえるかもしれませんが、私は歯科技工士という仕事を魅力あふれる職業だと思っています。この先何があるかわからないし、甘いと言われる考えかもしれませんがこれからもっと勉強して、現状をもっと知って、未来の歯科技工士の一人として解決の道を周囲と協働しながら探していけば、きっと道はできるのではないかと思います。そして、もっと技工士の魅力を知って貰えればと思います。 -- 2009-11-18 (水) 20:11:29
  • ↑↑技工学生1年生(?)さん、みな歯科で活動させていただいている中年技工士です。久しぶりに頼もしい若者の言葉を聞かせていただきこちらも力をいただきました。現在、歯科技工士がおかれている状況は本当に厳しいものがあります。特に保険分野においては過酷を極めます。その中で若い技工士が情熱を維持し技術習得をするのは強い意思と忍耐が必要です。こうした状況を少しでも改善するためにみな歯科では歯科医師・歯科技工士が協力して様々な提案や提言を各方面に発信しています。「みんながわかる技工指示書」「歯科医療 技工提言書」などです。一方、現実の問題として「仲間」は最も大切です。ともに戦い、向上し、助け合える仲間をもつことは最も大きな力となってくれます。その小さな輪が広がり融合し大きな力になれば世論を動かし制度の改善も夢ではないと思います。私は個人的にこの「みんなの歯科ネットワーク」にその夢をかけています。そしてこれを単に夢で終わらせてはならないと強く感じています。技工学生1年生(?)さんも希望をもって進んでください。何かお考えがあったらどんどん投稿してください。 -- ぽんしゅう? 2009-11-19 (木) 15:26:25
  • 久売りに -- 2010-03-22 (月) 20:00:39
  • ぽんしゅうさん、ありがとうございます!久しぶりにこのページを見たら、励みになるコメントをいただいていたことに気づき、とても嬉しく思いました。  この一年間、短い時間の中で、私は技工について様々なことを学び、知り、経験しました。それにより、ほんのわずかですが、何も知らなかった一年前の自分よりはまだ技工について理解できるようになったつもりです。 ただ、知識や技術を学べば学ぶ程、技工問題についてもより深く知るようになり、それによってこの問題が技工士だけでなく、歯科医師、患者さんのとっても身近で、より重大で深刻であることが以前に比べて強く感じるようになりました。この問題をどう切り抜けていけるか、これから技工界に入っていく私たちには何ができるか、何が求められるか、・・・知りたいことはもちろん、知らなくてはならないことがまだまだ沢山溢れていると思います。 まだ知識が十分にない私がこう述べるのも大変恐縮ですが、多くの問題を抱える現実に負けないために、そしてより良い義歯を望む患者さんのために、皆で一緒に取り組んでいくことができれば、きっと道は開いていくと思います。    私も、今はたくさんの失敗やミス(上記の「久売りに」打ち間違えたものをさらに誤ってアップしてしまいました・・・)をしながら、その度先生からの助言や仲間からの励ましを貰いながら日々勉強しています。これからもっと努力してより豊かな知識や技術を得、ぽんしゅうさんが仰って下さったように希望を持って、そして大切な仲間と一緒に協力しながら、技工士の勉強を学び続けていきたいと思います。ぽんしゅうさん、本当にありがとうございました。まだまだ未熟な学生ですが頑張ります!また投稿させていただくと思いますので、またよろしくお願い致します。 -- 2010-03-24 (水) 00:49:32
  • 書き損じたのでつけくわえますが、私は来月から技工学生2年になり、新入生も入ってくるので、技工の楽しさ・奥の深さを少しでも伝えられるような上級生でいられるよう、努力したいと思います。 -- 技工学生1年生? 2010-03-24 (水) 01:02:23
  • 私は -- りぼん? 2010-05-14 (金) 21:48:52
  • 皆さん他業種を知らないから我慢してやっていると思います。確かに作る充実感、出来たときの -- 元技工士? 2011-07-21 (木) 13:01:45
  • 私の時代にインターネットが普及していれば、絶対に歯科技工士にはならなかった。劣悪な仕事です。離職率79%、この数字が全てを物語っています。 -- 元技工士? 2012-01-10 (火) 01:43:21
  • 仕事自体は魅力的なのにね。何故こういった環境になってしまうのでしょうか。解決策はあるのでしょうか。 -- 2012-01-12 (木) 11:02:29
  • 免許取得者数が、必要な歯科技工士数に比べて、滅茶苦茶多いから、今のような状況になるのですよ。 -- sato? 2012-01-13 (金) 11:05:06
  • 他の職業も、甘いものではありません。歯科技工士だけが厳しいわけではありませんよ。倒産、首切り、、世の中は厳しいのです。医療職だからと言って、待遇が良いことはありえません。 -- 2012-01-13 (金) 15:51:44
  • 歯科技工士だけが厳しいわけではありませんし、倒産、首切りも世の中にはありますが、あらゆるところが厳しいわけではありません。好況のところと不況のところがあるのです。技工業界は「不況」つまり供給過多なのですよ。 -- sato? 2012-01-13 (金) 17:52:33
  • ●以下二点は歯科医師界による“戦略”だと思います。それに歯科行政が乗っている。 ◆「歯科技工士の過剰供給策」「歯科技工所の濫立策」 ★何故に二年制を続け、99%合格の試験を「県別問題・県別判定、国家免許」とした与え続けるのか。「歯科医の世界」が、政治行政へ、「差益構造」を維持する政策を求め続けている。  -- RDT shimo? 2012-01-17 (火) 19:58:04
  • ◆「歯科技工士の過剰供給策」→適正数はどれくらいであると考えられておられるのでしょうか。こういったことを歯科技工士界は検討されておられるのでしょうか。 -- 2012-01-18 (水) 08:26:53
  • 適正数 ⇒ 齲蝕が減少してきた以上は、少なくとも、「就業歯科技工士の減耗数を遥かに超える免許発行を続ける制度」は過剰であると考えます。 ■歯科技工界のこの為の改善施策として、まずは‥一試験∋闇制以上化 を求めています。・・・これに移行すると__、少なくない歯科医師会立養成校において -r 廃科を選択、-r 合格率低下に至る というのが実情だと思います。歯科医師会はこれを避けるべく、二十年以上も行政をコントロールしている__と判断出来る客観がありますよ。。 -- RDT shimo? 2012-01-18 (水) 09:05:28
  • 具体的には、歯科技工士の就業数はどれくらいが適正であるとお考えですか? -- 2012-01-18 (水) 13:27:28
  • 私は「競争による効果」を否定しないので、絶対数での妥当な数は言えません。 しかし、はっきりと言えることは過剰だということです。 ★例えば、広義の医師が投薬量を考える場合、「適正量」は未知だが、「過剰」であることは明らかという状況判断はあり得るのでしょう。この場合には、適正量を検討する前に(未知の間であっても)【削減】するはずです。==そういう判断でおります。 -- RDT shimo? 2012-01-18 (水) 13:48:26
  • 上記への加筆修正;★例えば、広義の医師が“ある処方のもとにながくある患者”への薬量を考える場合、「適正・・・ -- RDT shimo? 2012-01-18 (水) 13:50:46
  • >歯科医師会はこれを避けるべく、二十年以上も行政をコントロールしている__と判断出来る客観がありますよ ●できましたら、具体的なことを教えていただけますか。 -- sato? 2012-01-18 (水) 15:32:45
  • できません。私は、面談時に録音機器を持ち歩き、ブラインドで録るようなことはしなかったから。 -- RDT shimo? 2012-01-18 (水) 17:24:29
  • お返事ありがとうございます。http://insite.typepad.jp/shigakuinfo/2011/12/11415.html 日歯の推薦議員が、「歯科技工士の国家試験は、全国統一試験ではありません。是非とも質の高い歯科技工士の養成確保のためにも全国統一試験の実施についてお願申し上げたいと思います。これは要望でございます」といっています。また、http://www.tmd.ac.jp/faculties/shigaku/oral-health-engineering/index.html 歯科大学に、4年制の歯科技工士養成学部があります。以前はわかりませんが、今は歯科医師に歯科技工士を過剰に養成しようという「戦略」があるようにはみえませんよ。 -- sato? 2012-01-18 (水) 21:55:19
  • 逆に、歯科技工士会に「歯科技工士過剰」という認識がないように思いますよ。 -- sato? 2012-01-18 (水) 21:57:31
  • 適正数を示すことができないのに、「過剰」というのは無理があるのではないでしょうか。世間には通用しませんよ。 -- 2012-01-18 (水) 23:06:49
  • 今の就業者数は、市場原理に従った「適正数」です。ということは、20代で8割近くが歯科技工士を辞めている現状は、免許取得者数が「過剰」ですよね。 -- sato? 2012-01-18 (水) 23:20:06
  • 免許取得者数が「過剰」 ⇒ そうです。だから、それに更に過剰を加えている現在の養成数(≒学校数)と免許発行制度(県別問題・県別判定)を変更してください__と明確に十年以上主張しています。 ■日歯の推薦議員による要望はありがたいことです。そして重要なのその「真意」と「受ける行政意思」だと思います。 ●歯科技工士会に「歯科技工士過剰」という認識がない ⇒ そう見えるのですか? そうではありません。 -- RDT shimo? 2012-01-19 (木) 06:59:54
  • 質問;•適正数を示すことができないのに、「過剰」というのは無理がある ⇒ sato先生もそうお考えですか? 上の方に記した「投薬量の喩え」における==「過剰」は明らか。だから削減策を。=という判定はあり得ませんか? -- RDT shimo? 2012-01-19 (木) 07:21:29
  • 【市場原理に従った「適正数」です】ではなくて、【市場原理に沿った「技工料金が適切」】なのだと思いますが。 -- 2012-01-19 (木) 08:15:54
  • きちんと説明するには、ここのスペースは小さいですね。。。・適正数を示すことができないのに、「過剰」というのは無理がある ←そうは思いませんが、何が「適正」で何が「過剰」かの共通認識がないと議論にならないことは確かですね。・上の方に記した「投薬量の喩え」における==「過剰」は明らか。←これも、論理としてはちょっと弱いかな。 -- sato? 2012-01-19 (木) 08:50:53
  • 免許取得者数と就業者数の比較だけでは、過剰といえません。推移も重要な判断材料です。例えば、歯科衛生士も免許取得者数に比べて、就業者数が少ないですが、歯科医院数が微増なのに対して、就業者数は年々大きく増加しています。歯科技工士の場合、総免許取得者数が増加しているにもかかわらず、就業数も歯科技工所数も微増か横ばいです。 -- sato? 2012-01-19 (木) 08:56:08
  • どうも、ながくこのサイトで繰り返される(と私は思ってきた)「無益な言葉の繰り返し」に嵌りそうな気がしています。 ★ならば、端的にお尋ねします。;歯科医師は過剰ですか? -- RDT shimo? 2012-01-19 (木) 17:42:29
  • 「端的に」は難しいです。免許取得者のほとんどが開業をするには過剰です。勤務医をするにはまだ過剰ではありません。4000万円の学費を払ってでもなるには、私立歯科大学の募集数は過剰です。 -- sato? 2012-01-19 (木) 19:26:09
  • 「適正数」への立論のないままに、私立歯科大学の募集数は過剰と言い得るのでしょうか? -- RDT shimo? 2012-01-19 (木) 20:22:32
  • 日本の歯科医師は世界的に見ると決して多いわけではありません。日本の歯科医師数はOECD 各国の平均と同程度です。ただ、ここが大きなポイントですが、歯科医療制度はかなり異なります。保険が適応される範囲も違いますし、診療報酬も異なります。適正な歯科医師数は、歯科医師にある程度の収入があり、かつ、歯科医師誘発需要を過剰に起こさなくても経営が成り立つ数を言うのではないでしょうか。その点から考えれば、今の日本の歯科医師数歯過剰と言えるのではないでしょうか。 -- 2012-01-19 (木) 20:35:45
  • 私立大学の学費も「市場価格」。定員割れして、学費が大幅に下がったってことは、需要減つまり供給過多。 -- sato? 2012-01-19 (木) 21:21:15
  • 歯科医師の適正数がどれくらいが適切かという議論は、歯科医師の収入はどれくらいが適切か。。という議論に繋がりますから、答えはないのかもしれません。ただ、その職業の収入とその業界に集まる人材の質はある程度比例しますから、そこも考える必要があります。 -- 2012-01-20 (金) 08:54:48
  • 歯科医師も歯科技工士も資格の必要な職業ですから、人材の流入・流出はフレキシブルではありません。これがもし資格が必要ない職業でしたら、人材の需給も市場に任せても良いのでしょうが、そうもいきません。アメリカなんかは歯科技工士に免許は必要ないのですね。 -- 2012-01-20 (金) 11:57:11
  • 確認します。[2012-01-20 (金) 11:57:11]のレスはどなたによるものなのでしょう? -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 13:59:29
  • [2012-01-20 (金) 11:57:11]は、匿名希望の者です。 -- 2012-01-20 (金) 14:56:38
  • アメリカなんかは歯科技工士に免許は必要ないのですね ⇒ 州ごとに様々ですね。ただし、歯科技工所の開設・管理には日本よりもはるかに高い規範が与えられていると思います。法治の方向性として、「人への資格」ではなく「事業体の管理」ですね。 ●匿名希望様へ;「歯科医行為」も、国連加盟国のなかでは免許など必要無い国家も相当数ありますよね。日本では、相当程度の歯科医院で「助手」という名の無免許者が「歯科医行為」を現に行っておりますが、この点について「実害」はあるとお考えでしょうか? -- 2012-01-20 (金) 15:09:40
  • 【「助手」という名の無免許者が「歯科医行為」を現に行っておりますが、】私としてはそのような実態は把握しておりませんが(なにやら役人の答弁みたいですなぁ・・・)、日本は法治国家ですから、、、、【「実害」】がどうのこうのという問題ではないと考えます。 -- 2012-01-20 (金) 15:45:27
  • 資格が必要であるということは、それだけ参入のハードルが高いということです。しかし、逆に言えばそういったものであるからこそ退出しにくいのですね。退出しにくいというよりもしがみついてしまうのですよ。そのために学費をかけて免許をとったのだし。だからこそ、免許取得者の削減は必要です。 -- 2012-01-20 (金) 16:43:39
  • 免許取得者の削減は必要 ⇒ 同感です。 だから私は(うえの方で)歯科技工士試験の「県別問題・県別判定・大臣免許」をまずは止めましょう__と記しております。どういう止めかたを選択するかは、別問題とし。 -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 17:04:56
  • この場所は眠っていたわけですが__、[元技工士?sannga2012-01-10 (火) 01:43:21] -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 17:07:05
  • すみません続けます。;;[元技工士?さん]が2012-01-10 (火) 01:43:21 にレスポンスしました。その意図はそこを読み返せば明らかです。 歯科技工士の供給は【過剰】ですわ。それは過剰を意図した「戦略」だと私は考えています。 -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 17:10:47
  • 歯科医師も歯科技工士も当時の需給を考えれば、増やすという選択肢しかありえなかったのではないでしょうか。「意図」にかかわらず。 -- 2012-01-20 (金) 17:14:34
  • 昭和40年代に歯科技工士を意図して増やす政策には必然があったと(私も)思います。いわゆる「愛知技工助手裁判」への日歯の鹿島専務が主導された対応(助手ではなくは歯科技工士そのものを増やせ)は、正統でもあった。★あれから三十年、この間には何度も「実質削減」の機会がありました。これを皆、歯科行政は(歯科医師会立養成校を維持するために)潰して続けてきた。このことがこうした歯科技工界の「どうしようもない概況」を成してた主因の一つであると私は考えています。 -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 17:44:38
  • インターネットを見ていると、歯科大・歯学部はいくつかつぶせとの歯科医師の意見が多いのですが、一方、歯科技工士養成学校については、最近何校か廃校・廃科になっていますが、歯科技工士の感想としては「悲しい」というものが多く、歓迎するような感想はほとんど見られません。これは歯科技工士自身も、歯科技工士免許取得者が過剰であることを認識できていないのではないかと思いますが、いかがでしょうか。 -- 2012-01-20 (金) 17:52:26
  • 歯科技工士の感想としては「悲しい」というものが多く ⇒ 全体像よりも母校愛が優先している歯科技工士の言質でしょう。 -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 18:54:00
  • 母校愛ですか、、、もちろん歯科医師にもありますよね。でも、こういった感情論に流されていては、実質的改善は期待できませんね。 -- 2012-01-20 (金) 19:43:21
  • 現状分析とそれに基づく対策。これが歯科技工士界には見えてきませんね。 -- 2012-01-20 (金) 19:44:42
  • 【「歯科技工士試験の「県別問題・県別判定・大臣免許」をまずは止めましょう」】なぜ、もっとストレートに「歯科技工士養成数を削減しましょう」と日技は主張できないのですか?日歯では歯科医師の需給問題が話題になりますが、歯科技工士の需給問題が日技で問題になったことこれまであまりありませんよね。 -- 2012-01-20 (金) 20:25:38
  • もう一つ、全国統一試験になると、合格率は下がるのでしょうか。その辺、どの情報を見ても判然としません。合格率がこれまでと同じなら、免許取得者数の減少にはつながりませんよね。 -- 2012-01-20 (金) 20:39:22
  • 匿名希望様にお願いがあります。何かハンドルネームを名乗っていただけませんでしょうか? -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 20:47:36
  • 了解しました。ハンドルネームを「orange] -- 2012-01-20 (金) 20:54:28
  • とさせていただきます。 -- orange? 2012-01-20 (金) 20:54:53
  • 今「「すべての歯科技工士の皆さまへ」を読み終えました。突っ込みが甘いですね。もっと懸案に対して日技執行分の真摯な方向性を見たかった・・・です。 -- orange? 2012-01-20 (金) 21:03:36
  • 人間、感情も大切ですが、データに基づかない感情論も、害あって一利なし。 -- 2012-01-20 (金) 21:12:40
  • 社会主義的な診療報酬制度の下の、自由主義的な自由開業性という矛盾に満ちた制度。診療報酬は公定価格であるが、需給は市場に任す。この制度下では歯科医師の需給は本来は国がある程度関与しなければ解決するはずはありません。(関与できないから今の現実を引き起こしているのです。いわば、制度の欠陥です。) -- ornage? 2012-01-20 (金) 22:00:07
  • 一方、歯科技工士に関しては、市場価格と自由開業制です。矛盾はありません。しかし。ここで問題となるのは、免許制度です。本来自由でありながら規制がある。自由でありながらハードルがある。業界の権益を求めるなら(権益だけでなく、国民利益の点でも)、ハードルを高くし、規制も強くするべきです。今の歯科技工士については、ハードルが低く(免許取得が簡単にできる)、規制も緩い(施設基準が低い)ため、今の苦境が生じています。そこに気づかれていますでしょうか。 -- ornage? 2012-01-20 (金) 22:00:08
  • 「需給は市場に任す。」訂正します。これ正確ではないですね。保険適用範囲は国が決めているのですから。 -- orange? 2012-01-20 (金) 22:12:15
  • 「すべての歯科技工士の皆さまへ」 ⇒ 私は読んでいません。関与ゼロ・・・。 -- RDT shimo? 2012-01-20 (金) 22:24:49
  • http://ameblo.jp/nichigi-blog/entry-11138312794.html -- orange? 2012-01-20 (金) 22:27:47
  • ほとんど語られることはありませんが、歯科技工士の偏在も問題ですね。人口10万人対歯科技工士数は全国で3倍の差、歯科技工士一人当たりの歯科医師数は、4倍近い差、人口10万人当たりの歯科技工所数も3倍近い差、歯科技工所一ヵ所当たりの歯科診療所数も3倍近い差があります。これを改善するだけで、幾分かは歯科技工士問題も良くなるのではないでしょうか。最後は、大規模化による集約は避けられないかもしれません。 -- orange? 2012-01-21 (土) 12:18:39
  • へへ、そうか・・・・ -- 2012-01-23 (月) 20:14:18
  • 「最後の最後に生き残る」という一点であれば、それは個人事業でしょうねえ。だって、憲法の「生存権」をあてがわれて、たとえば市町村による住宅占有立地制限さえ超えるんですよ。歯科行政がよほどの意志で【技工所規範】を設けない限り、歯科技工業界が経済的必然で集約していくとは(私には)思えませんわ。 -- RDT shimo? 2012-01-24 (火) 09:41:41
  • 現在でも、人口10万人当たりの歯科技工士が多い都道府県ほど、歯科技工所一ヵ所当たりの歯科技工士数は多くなっています。歯科技工士が多いほど集約化せざるを得ないのでしょう。 -- orange? 2012-01-24 (火) 15:27:29
  • 「歯科技工所の構造設備基準」「歯科補てつ物等の品質管理指針」「歯科医療における補てつ物等のトレーサビリティに関する指針」[ -- 2012-01-24 (火) 17:33:48
  • 「歯科技工所の解説届に関する証明書等について」「歯科技工士全国統一国家試験」どれも、就業歯科技工士数削減に繋がるものではありますね。問題は具体的にどこまで効力が発揮できるかですね。 -- orange? 2012-01-24 (火) 17:35:40
  • 「歯科技工士国家試験の全国統一化、歯科技工所の構造設備基準の省令化、歯科技工所識別の省令化、歯科技工士指示書への特定人記載の省令化、委託の定義の明確化」が日技の求めるところなのでしょうね。 -- orange? 2012-01-24 (火) 17:40:41
  • これまでも歯科技工士組織は『“就業”歯科技工士数の削減』を求めたことは無いと思います。そんなことは業界利益の誘導であって、国民歯科保健の推進に資すると私は思いません。●『“就業”◆▲数の削減』なんて、この国で可能でしょうか? -- RDT shimo? 2012-01-25 (水) 08:12:25
  • 適正数がどれくらいかは条件や考え方で異なるでしょうが、仮に適正数があったとします。国民歯科医療提供体制維持や、医療コスト増を避けたいことを考えれば、「適正数をやや上回る数」が国民にとっては良いのではないかと思います。「やや過剰」ですね。でも、これが「著しい過剰」になるとどうでしょうか。勿論こうなれば、一段と技工料金は下がって、歯科医師やまわりまわって国民にも望むところかもしれません。しかし、過当競争が起きることで今度は「不利益」が起こる危険性が出てくるでしょう。技工物の質の維持が困難になってきます。現在は、「過当競争」の状態だと思います。【これまでも歯科技工士組織は『“就業”歯科技工士数の削減』を求めたことは無いと】私も認識していますが、この問題に取り組む必要はあると思いますが。。。いかがでしょうか。 -- orange? 2012-01-25 (水) 08:29:43
  •  私は、『“就業”歯科技工士数の削減』を求めるべきではないと考えます。そもそも「適正数」は常変していますから、【過当競争による国民不利益の予防】だけ考えていれば良いのだと思います。 ●繰り返します。歯科医師界は、歯科技工士の過剰供給を戦略的に遂行し続けています。「歯科技工差益」を構造的権益として維持するには、もっとも基本的な施策でしょうから。 -- RDT shimo? 2012-01-25 (水) 13:54:25
  • 歯科技工士自身が、歯科技工士過剰問題に取り組まないと、誰が取り組むのでしょうか。【歯科医師界は、歯科技工士の過剰供給を戦略的に遂行し続けています。】と歯科医師のせいにするだけで終わりですか? -- orange? 2012-01-25 (水) 17:14:09
  • 歯科技工士界は、その組織活動を通じて「適正な競争」環境の為に【養成課程最低三年制化】を求めてきました。ずっと邪魔をし続けるのは歯科医師界ですよ。行政を通じた邪魔は「せい」そのものでしょうに。 ★そんなにおっしゃるなら、養成三年制化と統一試験に賛成してくださいな。ねえ〜。 -- RDT shimo? 2012-01-25 (水) 18:47:09
  • http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?plugin=attach&refer=%BB%F5%B2%CA%B5%BB%B9%A9%BB%CE%CC%E4%C2%EA%A4%CE%B2%FE%C1%B1%A4%F2%CC%DC%BB%D8%A4%B7%A4%C6&openfile=chapter9-1.pdf -- sato? 2012-01-25 (水) 19:33:03
  • 「ねえ〜。 」って言われても困ります(笑)。現在の長時間労働、低賃金を打破する最低条件は、全ての歯科技工士は、「今の就業歯科技工士数は過剰であること」、「歯科技工士養成学校の卒業者≒免許取得者が過剰であること」を共通認識とすることです。【養成三年制化と統一試験】私は反対していませんよ。先ほどの共通認識と、もう一つ、歯科技工料金が診療報酬にきちんと反映される仕組みができれば良いのですがね。、、、、 -- orange? 2012-01-25 (水) 20:49:09
  • 今読み返してみると大甘ですが・・・。http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?plugin=attach&refer=%BA%A3%C6%FC%A4%AB%A4%E9%BD%D0%CD%E8%A4%EB%BE%AE%A4%B5%A4%CA%B0%EC%CA%E2&openfile=%BA%A3%C6%FC%A4%AB%A4%E9%BD%D0%CD%E8%A4%EB%BE%AE%A4%B5%A4%CA%B0%EC%CA%E2.pdf歯科医療において歯科技工は大変重要なものです。ですから技工所側と歯科医院側がお互いが血を流し、 -- orange? 2012-01-25 (水) 20:57:24
  • お付き合いいただき、誠にありがとうございました。 ■ 表題「日本から歯科技工士がいなくなる? 」への締めは、歯科が歯科である限り「いなくならない」が終末回答です。もちろん元文の皆様はそんなこと百も承知でおいであり「?」を付していて、「いなくなる」は単なる警鐘の意に違いありません(と思う)。 ありがとうございました。 -- RDT shimo? 2012-01-25 (水) 21:06:13
  • 歯冠修復、歯冠補綴の減少の一方で、歯科技工のできない歯科医師の増加。歯科技工士の必要性は薄れる事はないでしょう。今後求められる役割は増していくものと思います。でも、経済的基盤も必要でしょ?歯科医師も、歯科技工士も、国民も、一定の負担を行いながらも、一定水準の歯科医療を受けることができる。これを肝においてこれからも考え、行動していきたいと思います。 -- orange? 2012-01-25 (水) 21:50:59
  • どこかの団体のように「ください、、ください、、、」では無理。 -- 2012-01-25 (水) 22:01:38
  • 歯科技工士の適正数ってどれくらいのものなのでしょうか。第5回「歯科技工士の養成の在り方等に関する検討会」議事要旨 平成13年3月27日(火)には、「作業委員会においては、歯科医師2名に対して歯科技工士1名程度が現段階では妥当との厚生科学研究の成果をもとに議論を行っている。ただし、将来の歯科保健医療サービスの推移により比率が変わってくると思われる。」とあります。しかし、このころと比べると、保険歯科技工物はおおむね2割から3割の大幅減となっています。歯科技工士の適正数は、対歯科医師数ではなくて、対歯科技工物数(額)を考えるのが適当ではないかと思います。あるデータでは、歯科技工市場は2000年(平成12年)より20%縮小し、現在約2,800億円(2009年)。でも歯科技工士数はその間、約5.1%の減少なのです。経済的な苦境は需給関係を考えれば当然なのです。 -- orange? 2012-01-25 (水) 22:26:39
  • ここまで苦境に追いやられると、歯科技工物の品質にも影響が出ても当然です。これ以上歯科技工物に悪い影響が出ないよう「免許取得者のコントロール」は是非とも必要なことではないでしょうか。 -- orange3? 2012-01-25 (水) 22:27:56
  • 競争は歓迎ですが、「過当競争」はね・・・・・・・・・ -- 2012-01-25 (水) 22:40:56
  • まぁ、努力なしに成果なしっていうこと。 -- 2012-01-27 (金) 21:21:16
  • 冷静な分析と、それに基づく提言、できてる? -- 2012-01-29 (日) 23:19:07
  • 冷静な分析と、それに基づく提言、できてる? -- 2012-01-29 (日) 23:19:09
  • 歯科技工士って、今置かれた現状を冷静に分析できてないと思う。 -- 2012-02-16 (木) 21:43:07
  • [冷静に分析]=そりゃあ、できていませんさ。それ以前に、論理的思考が出来ないから。それは歯科医も同じですよね。◎そもそも、「過剰が国民不利益か?」との議論を経て、制度関与へのロジックを歯科界で共有しなければならないはずです。歯科医は過剰か?_「馬鹿大」はサッサと閉鎖し、歯科医の社会かの眼を高め根kればならない。 -- RDT shimo? 2012-04-11 (水) 10:20:33
  • ? -- 2012-07-27 (金) 15:22:12
  • 技工士養成学校はどんどん閉鎖して、免許取得者数を減らして、免許取得者の価値を高め、結果、技工料金がUPする。これしかありえないのです、歯科技工士の経済的解決は。わかってます?需要は年々減少を続けているのです。解決方法は一つしかありません! -- 2012-08-11 (土) 16:27:27
  • 話題がズレてしまうのですが、書き込みさせていただきます。 -- 冨田? 2013-07-26 (金) 10:00:11
  • ↑ ?? -- 2013-07-26 (金) 16:56:11
  • 3Dプリンタって、イノベーションになる可能性が高いと思いますが、いかがでしょうか? -- 2013-07-30 (火) 18:01:15
  • 65歳45年冠 -- 年金技工士? 2016-02-21 (日) 21:08:55
  • 保険技工物は原材料と技術料と管理費で出来ていますが、納税者の立場から見ますと、同じ保険点数を請求されているのに、ダンピングで歯科医師の裁量で管理費を自由に利益にできている事に問題があります。外注の場合請求保険点数の合算から支払うので本来の技工物の対価になっていません。納税者から見ると本来受けられるはずの保健技工物が装着されない場合があることが問題です。歯科医師のと保険点数請求間では正当な点数受給ですが、患者と歯科医師間では底上げされた技工物にすり替えられています。税金です。司法判断以前に納税者から見ると点数の不正請求です。保険薬価は値引きも禁止されています。技工点数も制度改変となっても門前薬局のように バックマージンがあっての取引にならない様にしたいものです。本来は歯科医師自ら義歯などを作成していましたが、専門性のある技工士免許が出来て50年になります。その必要性は高齢者が増えている現在では大きいはず。歯科医院内に技工室を設けた方がより高度な診療体制が作れるはずです。独立開業して技工所を作っていかないと仕事が取れない事にも国の制度の欠陥があります。改善しなくては、日本の未来がありませんね。 -- もうこはん? 2016-04-29 (金) 10:51:44
  • 歯科技工の保険点数は国が市場調査して決めている側面があります。ダンピングすればする程上がらないですよね。30年以上技工料金が上がらず。物によっては下がってもいるから。物価上昇や金属に原材料、公務員給与などから見ると当時の1.5倍から2倍であってもいいはずです。業界内の意識改革では治りません、既に歯科医師の所得も低所得化している部分もあります。経営できていない歯科医院も多くあります。歯科医師の数も多い指摘もありますが、高齢化で実際に歯科医業が出来ていない部分も有り実態が国の方としてもつかめていないのでは無いのではありませんか。新しい技術も材料も出て来ています。点数制度と区分が実態に合っていませんね。 -- いなかおんせん? 2016-04-29 (金) 11:14:55
  • 歯科医師と歯科技工士だけの問題じゃないですね。歯科医師が管理費を取ることの正当性や、歯科技工料金は市場原理なんて自由診療 の話で、保険技工の裁判やるなら納税者が原告にならないと業界内の力関係で終わりますね。 -- 2016-04-30 (土) 20:06:40
  • 5年前にリタイヤしました。日本歯科技工士会の役員もしていました。労働環境の改善の為に奔走しましたが、組織率も上がらず政治的な力が出ませんでした。 歯科医院のピンハネ。ダンピングを防ぐ為にも直接請求の運動もしました。全ては政治力の世界でした。しかし、相手は厚労省・日歯で巨象と蟻ほどの違い。その上、組織率は上がらず日本技工士会は無視されるような現実がありました。 現在の状況を打破するには、問題が余りにも複雑化しどこから改善すればいいのか見当も付きません。(歯科医の増え過ぎ、歯科医院の経営難、技工士の過剰、国の医療費削減など) 厚労省・政治家は、事なかれ主義で過労死の頻発、歯科医療の行き詰まりなど社会問題化するまでは動いてくれないと思います。 これからは歯科業界の中でそれぞれがパイの取り合いをするのではなく、歯科業界の人間(歯科医、衛生士、技工士、助手など)が一丸となって行動を起こさなければ何も解決しないと思います。 まずは歯科業界全体にお金が入って来るような保険点数の改善が望まれます。そのような行動に向いて行けば多少改善する可能性はあると思います。 仕事自体は精密で遣り甲斐のあるものだけに勿体ない気がします。 -- raki? 2016-06-01 (水) 17:34:39
  • 国の免許詐欺です。厚生労働大臣が免許を与えるだけ与えておいて、歯科技工士で無いと日本の歯科技工物は作れないはずなのに免許の無い中国製品は歯科医師の裁量で良いなんて。一層の事歯科技工士制度をやめた方が良いのでは -- おいにいサイクウ? 2016-06-29 (水) 22:20:39
  • 歯科医師の中国技工が良いなら、技工士免許持たないでパートのおばさんに義歯を民芸品で作らせたほうが儲かりますね。厚生労働省にも自由競争認められているみたいだし。技工士学校不要です。日本にしかない免許だから。国際的には免許なくても良い資格ですよね。免許申請料で役人が利益を得ている。日本は消費税や所得税が安くても役人はしっかり設けている税収は多いはず。 -- 自由人? 2016-07-01 (金) 20:07:49
  • 日本でしか通用しない国家資格は不要です。歯科医師の判断で海外発注が判例で認められています。私は歯科技工士免許はありませんが、私の作った歯を入れたい人が世界から訪れています。 -- デザイナー? 2016-08-01 (月) 20:35:43
  • うちも技工士免許ないけど保健所も一度も来たことありません。40年やってるから歯科技工士学校でた奴らより旨いよ。ノンメタルクラスプもやっています。歯科医師から仕事貰えるから免許なんて要りません。元々国際免許ですよ。 -- 工芸屋? 2016-08-05 (金) 22:12:37
  • デザイナーさん、工芸屋さん。日本は法治国家です。あなた達の考えは長年、無免許で運転してるから運転免許証などいらないという、悪質な無免許ドライバーと同じです。違法行為です。ほとんどの歯科技工業に携わる人達は法に則って莫大な時間と高い学費をかけて歯科技工士免許証を取得してるんです。当然、責任もついてきます。あなた達に責任がとれますか?なにか問題があれば取引先の歯科医師もただではすまないでしょう?。無資格者の作ったほてつ物や入れ歯が保険請求できるはずがありませんし、患者に装着して良いという法律もありません。あなた達が勝手に拡大解釈してるだけでしょ?あなた達は歯科技工士ではありません。日本の法律では、違法行為を長年行っているただの犯罪者です。 -- 常識人? 2016-12-22 (木) 10:28:19
  • 国から保険技工物の対価として請求した保険税を製作費を削って利益に見立てる歯科医師は脱税医師です。 -- 納税者? 2017-01-21 (土) 18:46:28
  • 辞めていく技工士諸君、本来貰えるはずの歯科技工料金を税務署に請求しましょう。私は差額を勝ち取りました。 -- 歯科技工士会? 2017-01-21 (土) 19:19:43


添付ファイル: file日本から歯科技工士がいなくなる?.pdf 7873件 [詳細] filegikou.jpg 1205件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2017-01-21 (土) 19:19:43 (154d)