Top / 認定歯科衛生士

認定歯科衛生士

制度発足
 日本歯周病学会は、歯周病の予防・治療を通じて国民の健康な生活を確保するため様々な活動を行ってまいりました。平成16年10月5日には歯周病専門医が厚生労働省により承認され歯周治療の新しい時代を迎えようとしております。このような時代にあって、歯周治療を普及させるためには有能な歯科衛生士の協力が必要であり、またこれらの歯科衛生士の養成が重要であるとの観点より、平成17年度より認定歯科衛生士制度を発足させました。平成18年9月30日現在、認定衛生士の数は157名に達しています。 学会員の皆様およびお知り合いの歯科衛生士の中で資格のあると思われる方は、日本歯周病学会認定歯科衛生士制度規則ならびに同施行細則をお読みの上ふるって申請をしていただき、多方面でこの制度をご活用されることを期待申し上げます。

認定歯科衛生士制度に関する日程

第5次申請期間   平成19年6月1日〜平成19年6月29日
書類審査   平成19年7月中旬
ケースプレ  平成19年8月12日(日)<予備日8月11日(土)>
秋季学術大会会場にて合格者掲示 後日郵送にて連絡

日本歯周病学会HP http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsp2/hygienist/outline-j.htm







NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-07-07 (土) 22:21:12 (3699d)