Top / 発行義務化に関する実態調査報告

医療機関の領収書の発行義務、「知らなかった」半数

YOMIURI ONLINE 読売新聞

http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20070628ik08.htm

 すべての保険医療機関で明細付き領収書の発行が義務付けられていることを「知らなかった」と回答した患者などが半数にのぼることが、日本労働組合総合会(連合)が実施した調査の中間報告でわかった。

 去年10月から、「初・再診料」「診察料」「検査料」「投薬料」など、医療費の小計ごとに明細のわかる領収書を発行することが、すべての保険医療機関と保険薬局で義務付けられている。この事実を知っているかという質問に対し、「知らなかった」という回答が50・2%を占め、「知っていた」の48・1%を上回った。

 また、受け取った領収書の種類について、「合計金額のみ(レシート程度)」「領収書をくれなかった」が合わせて18・6%にのぼり、領収書の発行が徹底されていない現状が浮き彫りになった。

 調査の中間報告は、今年1月22日から4月30日までの集計分。連合ホームページ上で、アクセス制限を設けずに実施した。回答件数は291件。

(2007年6月28日 読売新聞)


「連合」HPにアンケート調査結果が載っています。









NPO-rogo.gif

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。


添付ファイル: file発行義務化に関する実態調査報告.pdf 1726件 [詳細]

リロード   新規 編集 凍結解除 差分 添付 複製 名前変更   トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ  
Last-modified: 2007-06-30 (土) 10:34:54 (3763d)