Top / 歯科技工料金を考える

~
~
~
CENTER:&size(36){&color(#6699FF,#CCFFCC){☆歯科技工料金を考える☆};};~
~
~
CENTER:''&color(Blue){大分県保険医協会 講演会のご案内};''~



~
#ref(歯科技工講演会ちらし.jpg,wrap,center)
~
~
CENTER:
大分県保険医協会会員以外の方にもご案内いたします。~
ご参加いただく方の参加費は全員無料です。~
参加条件は特にはありません。~
たくさんの方のご来場をお待ちしております。~
~
~

----------------

~
~

>
歯科技工料金を考える~
〜日本の歯科技工物を守れ〜~
~
技工料金を決めるのは誰か~
〜歯科医師と技工士の溝を無くすために〜~
~
技工料金を決めているのは技工所のはずです。~
正確にはほとんどが技工士の資格を持った、技工所の経営者であるはずなのです。~
しかし、少なくない数の技工士は「保険の点数が決まってるから」「歯科医師の下げ圧力があるから」と言います。~
果たして技工料金を決めているのは「誰」なのでしょうか。~
本講演では「技工料金はなぜ下がるのか」という話を中心に現在歯科界に存在する誤解や思い込みを解きほぐし、「今何が必要なのか」を提案していきたいと考えています。~
~
講師~
NPO法人みんなの歯科ネットワーク~
副理事長・歯科医師~
''大塚勇二氏''~

>健康保険制度の中で委託~
歯科技工料の適正化とは~
~
将来の歯科医療界を考えた時、歯科医師、歯科技工士と共に、国民一人ひとりがより良い歯科治療を受けるために論議する必要があります。~
国民に良質な歯科医療を提供する為にも、一緒に考えましょう。~
~
講師~
大分県歯科技工士会会長~
''後藤久幸氏''~

~
~

-----------------------------------------------------
~
~


>~
~
''意義あること''~
~
11/23に行われた大分県保険医協会主催の&color(Black){「歯科技工料金を考える」};という講演会は~
たいへん大きな意義があったと思います。~
~
参加者がそれほど多かったわけでもないし、画期的な改善策が出されたわけでもない。~
~
でも、「歯科医師と歯科技工士が、同じ場所で、技工料金について真剣にそして遠慮なく話せた」ことは~
正に画期的と言えると思います。~
~
この大分発の非常に意義ある場が全国に広がっていくことを願って止みません。~
~
最後にこのような企画を考え、実行に移した大分保険医協会の皆様、~
そして勇気と覚悟持って臨まれた大分技工士会の後藤会長に敬意を表したいと思います。~
RIGHT:大塚 ~
~



~
~

#ref(ooita.jpg,center)

~
~

------------------------------


ご意見などお願いします。
- なんの話? --  &new{2010-11-02 (火) 21:42:51};
- 大分ですか。。聞きたいですけれど、遠すぎます。 --  &new{2010-11-04 (木) 18:49:27};
- 無事に終了いたしました。 --  &new{2010-11-24 (水) 12:22:40};
- 収穫は? --  &new{2010-11-26 (金) 08:52:33};
- 考えてみればそうですよね。歯科技工士が歯科医師の目の前で技工料金について話すことなんてこれまでなかったことでしょう。これまでとは何かが変わってきていることを感じます。 --  &new{2010-11-27 (土) 19:30:48};
- 参加させていただきました。技工士会会長の強い覚悟を感じさせられた会でした。 --  &new{2010-11-28 (日) 18:28:55};
- 話の内容を見たいですね -- [[kaiinn]] &new{2010-11-29 (月) 11:38:31};
- 後藤会長ってどんな人? --  &new{2010-11-29 (月) 15:19:24};
- 何かと忙しくコメントがおそくなりました。講演会前夜の懇親会、終了後の食事会と大分保険医協会の先生方にはたいへんお世話をおかけしました。改めて御礼申し上げます。私自身は普段大分県技の役員会や,歯科医師会の先生方にお話していることをそのまま講演会で話したつもりです。したがって、覚悟とか、勇気とかは必要としませんでした。 -- [[後藤久幸]] &new{2010-12-02 (木) 08:39:38};
- 講演会内容をかいつまんで記しますと、技工料金の値切りや値引きは業界における悪、害であると言うこと。7;3は厳然として生きている、ということ。7を上げる努力をしないと診療報酬は上がらない。以上が結論です。大塚先生とは名古屋学会からご挨拶をさせていただき非常にフレンドリーな応対をさせていただきました。この場をお借りし、お礼をもうしあげます。ありがとうございました。 -- [[後藤久幸]] &new{2010-12-02 (木) 08:50:15};
- 後藤会長ご報告ありがとうございます。私にとってとても意義のある講演会になりました。これからもよろしくお願いします。 -- [[大塚]] &new{2010-12-03 (金) 13:58:33};
-   「歯科技工士問題の改善を目指して」にぜひ目を通してくださいますようお願いいたします。 -- [[チュー]] &new{2010-12-05 (日) 20:01:59};
- 参加した歯科医師です。いやぁー、後藤会長のパワーに圧倒されました。説得力抜群です。脱帽でした。 -- [[m]] &new{2010-12-12 (日) 11:21:27};
- この場は、いろんなご意見、ご感想、主張をかわす場であればと設置しております。ご自由に書き込みしていただきたいのですが、中傷や利益誘導ととらえられる書き込みはご遠慮お願いいたします。 -- [[管理人]] &new{2014-02-27 (木) 22:45:36};
- この場は、いろんなご意見、ご感想、主張をかわす場であればと設置しております。ご自由に書き込みしていただきたいのですが、中傷や利益誘導ととらえられる書き込みはご遠慮お願いいたします。 この場にふさわしくないと判断される書き込みは削除させていただきます事、御了承ください。-- [[管理人]] &new{2014-02-27 (木) 22:45:36};

#comment

------------------------------------------
|CENTER:[[&attachref(NPO-rogo.gif,FrontPage);>http://www.minnanoshika.net/wiki/index.php?FrontPage]]|

                                   ↑みんなの歯科ネットWIKIトップページへ。

-----------------------------------------
~
~
~

    トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ