Top / 歯科保険制度を考える

#freeze
~
~

CENTER:&attachref(歯科保健制度を考える.jpg);~
~
~
~
-----------------------
~
CENTER:&attachref(index.jpg);~
~
~
-----------------------
~

''はじめに ''2011.8.1 UP~

  &attachref(歯科保険制度を考える(0).pdf);~
~
''1、新規導入がない歯科 ''
>1)歯科医療費が増えない訳 2011.8.8 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(1-1).pdf);~
~
2)医科医療費は増えているか 2011.8.15 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(1-2).pdf);~
~
3)薬価は下がる 2011.8.22 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(1-3).pdf);~
~
4)改定率は改定額 2011.9.5 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(1-4).pdf);~
~

''2、歯科に新規導入がない理由 ''
>1)歯科医師の反対 2011.9.21 UP~
~
  【前篇】~
  &attachref(歯科保険制度を考える(2-1-1).pdf);~
  【後篇】~
  &attachref(歯科保険制度を考える(2-1-2a).pdf);~
  &attachref(歯科保険制度を考える(2-1-2b).pdf);~
   &size(12){&color(Gray){※サイズが大きいためファイルを分割してあります。ご了承ください。};};~
~
2)悪循環の三角形 '''&color(deepskyblue){''「歯界探検 ''};&color(magenta){&size(18){''超''};};&color(deepskyblue){''番外編」''};''' ⇔歯界探検 2011.9.30 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(2-2).pdf);~
~
3)高い影響率と低い影響率 2011.10.7 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(2-3).pdf);~
  
~

''3、51年通知と自費 ''
>1)パラドクス 2011.10.17 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(3-1).pdf);~
~
2)もうひとつの罪 2011.10.21 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(3-2).pdf);~
~

''4、歯科医療の役割 ''2011.11.7 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(4).pdf);~
~
''  今年は3月21日 ''&color(White,Aqua){&size(12){'''Spin-off'''}; ''COLUMN''}; 2011.11.11 UP~
~
  &attachref(今年は3月21日.pdf);~
~

''5、疾病と予防について ''
>1)疾病の概念 2011.11.21 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(5-1).pdf);~
~
2)虫歯の予防 2011.12.1 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(5-2).pdf);~
~
3)歯周病の予防 2011.12.8 UP~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(5-3).pdf);~
~

''6、補綴の見直し ''
>1)病名の見直し &color(Red){2012.1.19 UP};~
~
  &attachref(歯科保険制度を考える(6-1).pdf);~
~

~
~
~


----------------
**コメントフォーム [#o1861042]
ご意見、ご感想、ご批判等をお聞かせください。
下に直接コメントをお書き下さい。
- そうなんですよね。ただ単に点数が低いから上げろ、保険導入しろ、というだけでは通用しないことを多くの歯科医師が分かっていません。歯科医療費を増やすためにはどうすればよいのか? 夢や希望ではなく具体的に現実的に行政を動かし、政治を動かすにはどうしたらよいか考えてきたいものですね。 --  &new{2011-08-10 (水) 17:52:38};
- [ 2-1-1 ]を拝読。私は、「初めて歯科医が、問題の本質に気付き、記した」と感じました。勿論、私見です。 ● ことの本質は「歯科医がモノを売っているかのごとく表現してきた慣習」にあると思います。歯科医療の知識を活かした技術提供という“行為”を報酬とする表現をせずに、「物質の差異」を単価の差異のように表現し収入を得てきた。 ■ 人々は、そこに少なからず香具師的要素を感じ、歯科医療と歯科医をそのように観てきたのでしょう。 ★ [ 2-1-1 ]の貴重な点は、「モノ費用の差額なのか、技術料金の差額なのか」と明示した点だと思います。 歯科医は、モノ売りを辞めて、「行為の報酬論」に進んでほしいものです。 -- [[RDT shimo]] &new{2011-09-16 (金) 10:04:51};
- ↑そんなの当たり前の考え方じゃない。 --  &new{2011-09-17 (土) 11:05:00};
- [ --  &new{2011-09-19 (月) 20:13:47};
- 「当たり前」が出来てこなかった歯科ですが、何か? --  &new{2011-09-19 (月) 20:14:27};
- 歯周疾患などの治療の流れまで素人の官僚に牛耳られているっておかしいですよね -- [[シリウス]] &new{2012-02-22 (水) 11:51:42};
- では、そのおかしな状態のどこをどう変えればいいと考えますか? -- [[sato]] &new{2012-02-24 (金) 08:50:33};
- 「素人の官僚に牛耳られているっておかしい」と思います。では、おかしくないためには、なにに基づいて歯科医療が提供されればいいのでしょうか? -- [[sato]] &new{2012-02-25 (土) 12:58:28};

#comment
~
~

    トップ 一覧 単語検索 最終更新 BACKUP リンク元   ヘルプ